新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

虎鮫だなんて…_【特別企画】ドノヴァンのGLOW日本ツアー日程&詳細_Donavon Liveの各会場ステージ参加&無料入場券(合計10枚)naki’s blog独占開催コンテスト!!_(3008文字、短編です)

おはようございます。

手を怪我していて波乗りができないので、

原稿、写真編集、

そしてデザインをしていると、

あっという間に時間が過ぎてしまった。

元気なフレちゃんは波を求め、

おひとりさまでソフトサンドリーフに向かった。

到着し、

例によって無人で腰くらいの波があったので入ろうとしたら、

「大きな(3m以上)タイガーシャークが岸に徘徊しているぞ」

と止められたという。

(タイガーシャーク=イタチザメは全長7m以上、

体重800kg以上にもなる海の猛者で、

どう猛なため、人食い鮫として知られている)

フレちゃんが詳しく聞くと、

その虎鮫は、

俺が怪我した直後に現れたのだそうで、

もしかすると、

あの日は怪我したおかげで撤退したが、

もしかすると、傷は虎鮫から逃れるためだったのかも、

とひとりごちている。

なんだかとっても不思議ですね。

フレちゃんはそのまま南側に戻ってきてビーチハウスを見に行くと、

セットで膝の高さもなく、

「本日はノーサーフじゃよ」

と三度目の電話があった。

電話が鳴ると、

次々にと他の人からの電話が鳴る。

これをチェーン・リアクションと言うのだが、

みなさんも経験したことありますよね。

そういうことって何の意味があるのだろうか。

「はいはーい」

と受けると

「フナキさん、お元気デスカ??」

とドノヴァンで、

今はニューヨークにいると言う。

それにしてもあいかわらず元気でハッピーだ。

彼が言うには、

全米を廻った”GLOW TOUR 2010″も残り3ショウとなっていて、

明日がニューヨーク、

そしてボストン、バーモント州バーリントンで、

アメリカツアーは一度終わるのだそう。

本来なら俺もどこかの会場に行こうと思っていたけど、

この時期(ホリデーシーズン)に東海岸まで飛ぶ時間もなくなってしまった。

こうなってくると、

大晦日パーティのアナハイムか、

日本のクアトロGLOWライブシリーズがあるので、

そちらに全会場同行するね、

と言って電話を置いた。

その日本では年明けの

1月6日(水)から渋谷でスタートし、

翌日7日も渋谷クアトロで。

一日休んで富山(9日)、

名古屋(10日)、

心斎橋(11日)と会場が移っていきます。

各会場の前売りチケットは、

このスマッシュサイトでお求めになれます。

http://smash-jpn.com/band/2011/01_donavon/index.php

NAKISURFからもドノヴァンコラボ・ステッカーなどを作って、

会場に来られた方にお配りしますのでお楽しみに!

なんといっても彼は、

NAKISURFのニコリン・プロライダーなんですよ。

これはあまり知られていない事実なのであります。

またドノヴァンから電話があった、

「すごいことを思いついた。

このヒラメキはロックンロールだぜ!」

とあって、詳しく聞くと、

『Donavon Live各ステージ参加&無料入場券コンテスト』

を開催しようと言っている。

しかもこれはnaki’s blog独占開催で、

ということなので、

ウレシクここに報告いたします。

【naki’s blog特別企画】

日本でのGLOWツアーで、

ドノヴァンと一緒にステージに上がって、

歌う人(1曲程度)を選出します。

各ライブで1名(同行1名も)。

もちろん無料で。

「ドノヴァン関係者として入場」

というプレゼントです。

審査員はドノヴァン。

日本語補佐は俺がやります。

応募方法は下のいずれかをお選びください。

—————————————————————————-

1)ご自身の歌かギターなどを録音したものをYOU TUBEにアップし、

そのリンクをメールで送る。

2)自分がドノヴァンのGLOWステージに立つ意気込みを文章か絵、

または写真にしてメールで送る。

(絵や写真はJPEG圧縮し、900K以下に抑えてください。大きすぎると失格です)

*補足ですが、ドノヴァンの曲を歌う、

または演奏するわけですから彼のカヴァー曲が当選に近くなると思います。

—————————————————————————-

上記の条件を満たしたものを

題名を「ドノヴァンGLOW」として、

ご希望される会場、

当選した際に連絡が取れる電話番号を明記の上、

shop@nakisurf.com

までメールでお送りください。

(応募作品は返却しませんのでご注意ください)

締め切りは12月24日まで有効です。

映像、画像などはnaki’s blog内で公開する場合もございます。

発表は大晦日までにこのブログ内でいたします。

当日の入場手配などは、

船木が会場におりますのでご安心ください。

ドノヴァンの新しいアルバム”GLOW”が発売されています。

みなさんのすてきな日を彩る音になるでしょう。

このアルバムから新しいプロデューサーを迎えて音を一新しました。

ドノヴァンサウンドそのままに明るく、

ハッピーでキレの良い楽曲になっていて、

それはそれはとってもいいのです!

それでは各会場でお会いしましょう。

毎日のブログをお楽しみに?。

波乗りができなくてもイメージサーフィングはできる。

そこで最近の写真を引っぱり出してきて、

眺めてはため息をついている。

ソフトサンドリーフは、

こうして浅いリーフが手前にあるので、

セット波を連続で喰らったり、引きずられたりすると厄介だ。

正確なダックダイブが要求されるので、

否が応でもしっかりと深く沈めて、

足先で波裏に目がけてテイルを蹴り出しているんです。

ここにタイガーシャークが遊んでいるのなら、

この日にもいたんだろうな。

クワバラクワバラ。

これはツルツルのいい波の日でした。

またこんな波でサーフしたいなあ。

人間元気が一番ですから。

これはBD3で、

後の黒い影は鮫ではなくリーフなのでご安心を。

南側に波があるときのノア・シークエンスが出てきた。

この切り出しというか、

当て方ならエアリアル完成までは近いと感じている。

ニコリンランディングは大切ですね。

ロス・アンジェルスに戻っていったシェーン・ガラース。

帰る前にみっちりと、

カイラにギターの個人レッスンをしてくださった。

「これがCメジャー。ファーストポジションコードさ。

別名キャンプファイヤーコードと言われているんだよ。

E弦を弾かないようにね」

と次々に教えていった。

見ていると、とっても簡単そうで、

俺にも弾けそうになったが、

そんな甘い世界でないのはよーく知っているので、

見ているだけで手も口も出さずにいた。

シェーンによると、

この教えた6つのコードだけで曲を書くことも可能なんだそうで、

となれば最近流行の作詞にも力が入るな、

とちらり思った。(笑)

シェーンは教えるのも上手な人なんですね。

龍みたいな夕陽雲を見て、

明日にはもっと治っているように小さくお祈りしています。

そうだ、

クリスちゃんがもうすぐCANVASムービーの撮影にやってくる。

俺のノーズライドも撮ってくれるのだそうで、

なんとしてでも治さないと。

美しい彼のサーフスタイルを見るのが楽しみであります。

ピュアで爽快。

それでは今日もすばらしい日になりますように!

Have a ALOHA DAY!!