新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

アダンとタコくんと奄美の日_(828文字)

Makala @theseea #seeainjapan

.

昨日のグリーンヒルの朝食。

お父さんが育てた有機野菜と青魚に有精卵。

そしてヨギティー。

身体にやさしく、最高なものです。

一度宿の下まで降りていって、

軽くサーフしてからご飯をもりもりと食べるのが最上です。

グリーンヒルで偶然会ったのは鴫原くん。

カイル川添ベイビーのおじさんであり、

みずきちゃんの実弟、つまり川添くんの義理の弟。

これから一緒にサーフします。

カイル川添くんの写真はこちらに↓

宇宙の伊豆半島_お誕生日おめでとうタイラー!_WELCOME TO THE MATSUKAZE ROYAL WEDDING!!_(1098文字)

サバニに乗った日。

甘い香りの月桃。

花弁は蘭みたい。

つぼみはポケモンだろうか。

田中一村も愛したアダン。

パイナップルみたいな甘い芳香を放つ果実。

中島みゆきさんの『阿檀の木の下で』を思いだすにいたった。

南国の風景ですね。

海から見えるそのアダンの樹々と、

美しい白砂のビーチ。

奄美市龍郷町。

タコが波打ち際に上げられていて、

そこは満月による干潮の潮だまりであって、

さらには真夏日で温泉並の水温に茹だる寸前だった。

そこでGoProで撮影がてらからめて、

海に通じる深場まで行ってから逃がした。

するとその低水温に喜んだのか、

また戻ってきて手に絡みついてきたり、

しばし一緒に遊んだタコくん。

これをSeeaベイブに見せたら「かわいい〜」となり、

日本人の女の子は「おいしそう」そんなことになったが、

食料は足りているので、

タコくんは新天地(新しい岩場)で、

人生、いや蛸生の最出発を果たしたことでしょう。

上記した中島みゆきさんのアダンの歌を探したが、

オリジナルはどこにもなく、

けれどこの二胡(にこ)で弾いたカバーがあって、

その音を聴いていたら、

夢枕獏さんの人気作品『陰陽師』シリーズを思い出すに至った。

それでは今日もすてきな日に。