新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

一宮ジェフリーズの極上レフトと、ライト400m波の詳細_(1584文字)

台風5号、

「ノルの波に乗る。一宮ジェフリーズでノルに乗る」

と韻を踏んでいたら、

井上陽水さんの歌詞みたいになった。

台風6号もあったけど、

こちらは低気圧と更正するようで、

けれど、このノルは最大瞬間風速50m/秒(100kt)と、

不良魂バリバリで、周囲の海面を蹴散らしてうねりを創り出している。

この不良ノルがやってくる(上陸)と怖いけど、

こうして遠方の東にいてくれると、

波だけが届くので、

サーファーにとっては輝く不良に見える。

さて、昨日。

一昨日と同じ一宮ジェフリーズに行くと、

波サイズは半分、もしかしたら2/5程度に下がっていた。

けれど、レフトの地形がかなり良く、

サーフボード博士の前田くんに電話し、

「ジェフリーズで一緒にぜひ」と誘うと、

なんと銚子の秀悟さんたちも一緒にサーフすることになった。

早速ウネクネS2のセンターフィンを外して、

カラーズマガジンのヨゲさん流とした。

UNK-S II 7′ Minimal Fin Set-up

.

フルレイルにして、

ポケットに留まる愉快は、

今までの波乗りになかったのと、

そのGは一級品で、

おかげで体がやたらと締まってきた。

Yucci作猪鹿蝶アートのEPSに乗る前田博士。

シェイパーにとって、

自分のボードを試す良波。

ウナクネ式に巻き込まれた前田博士については、

こちらのポストをご覧ください↓

【特集】UNK式ボード_SX詳細_台風5号波_(3014文字)

レフトはパーフェクト。

ジェフリーズライトはサイズが足りないのか、

うねりが東に向いたのかはわからないけど、

月曜日はセクションが8連続とあったが、

昨日はせいぜい2連続のものたりないものだった。

けれど、

荒れた波面でもフルボトムターンができるように、

グラブレイルでリフトさせつつ押しつけてみた。

ノルの波は最高であります。

これで3日目。

このままずっとノルが沖にいてもらえるようにお茶も出して、

食事も布団も、お酒も、

アメリカ式ならばパーティしてお引き留めしたくなった。

What if

もしもノルがこのまま夏の間中、

例えば5週間ここにいてくれたら、

波がずっと一昨日から今日くらいはあることになる。

すると、

全国のサーファーたちの体力倍増、

気力、筋力、集中力、胆力、活力を増してくれる。

そんなことを沖で考えていた。

それにしてもこのジェフリーズレフトの波質が良く、

それは横にあるテトラポッドや堤防が影響しているようで、

うねりはそれらにぶつかると、

元というか基の波に合わさるように重なる。

すると、上の写真のように寄ってインに入るという、

パーフェクトなボウルになったり、

こうしてバレル風になったりと、

それはすばらしい波質であります。

自分のUNKボードにも大満足したセッションでありました。

さて、

友人たちから実際にどのくらいの距離に乗れたの?

そう聞かれまくった月曜日夕方の波。

現在まででは、

台風ノルからやってきた最大波だと思います。

グーグルマップの航空写真で、

「テトラはこう見えていた、そしてこれくらい離れていた」

そう波待ちしていた場所と、

乗り終えた場所をとやって、

右下にある距離定規(この縮尺だと200m)を置いてみると、

なんと400m強あって、

一宮ジェフリーズの名の由来となった大きな理由がこの距離。

もしも南うねりがさらに強く、

堤防もなかったとしたら、

倍の800mは軽く乗れる地形でもあります。

堤防の向こうは誰も知らないブレイクがある。

夏の混雑はここで避けられることも知った。

名前はまだないし、まだサーフしたことすらないので、

これから発見というか調査精査していこうかと思っております。

最後に台風情報をここに。

気象庁発表による台風ノル(ノルーと表記されている)の進路。

明後日には勢力を変えずに小笠原近海まで行くそうで、

そうなると波はどうなるのだろうか?

安全に楽しく波に乗ってくださいね!

また明日ここで!

Surf Happy!!