新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

エックスで上陸すると悟れる!?_焚き火詩 『ウナクネ信徒への手紙二 』_BlueとNALU発売!!_(1034)文字

Catch Surf Skipper Fish 6′ Knubster fin (Minimal)

@X

.

「そら燃えるかな?」

「タキビシがいないと燃えないんじゃないですか?」

「そんなわけないですよ〜」

「本当なんだから」

「でもいないけど、燃えはじめてますよ」

「どこかにいるのでは?」

「でも燃えませんね。本当だ」

そんな会話をしていた昨日の夕方。

ウナクネ聖地巡礼_タキビ詩2編_エックスの鯖 大海を知らず_ウナクネ動画『引込返』_(1296文字)

昨日はというか、昨日もエックスデイ。

小波だったからさらに超小波なので、

干潮時は無人マンライ続出だった。

杉本さん夫妻が来ていて、

それから夕方になって、

シギーくん、河合さん、マーちゃんが順で登場して、

サバリバXセッションとなった。

(サバリバ=人の集まるところ。ハワイ語で言うHonolulu)

「タキビシは、

上陸のことを『無上の悟りを開くこと』と定義しているけど、

本当にそんな気持ちになってしまうんだよな」

「そうなんですか。上陸だなんて気にもしていなかったです」

「波の最後はむずかしい。特にここのインサイドは浅いから難易度Sだね」

「そのSはサバのエスですか?」

「その通り!(サバーのポーズ)浅いと、うねりの速度が弱まるから遅くなる」

「遅くなると?」

「乗ってくるのがむずかしくなる」

「そうなんですね」

「バランスと直感力が試されるよ」

「やってみます」

「タキビシはこの上陸について詩なんかは書いていませんよね」

「それがあるんだよ」

「え!」

「これこれ、読もうか」

「はいぜひ!!」

.

焚き火詩

『ウナクネ信徒への手紙二 』

.

上陸はジョウリクと読んでもいい

それは「さとり」(証、悟、覚)と同じ意味

その字義は「陸に到着すること」

その字義は「乗り上げた状態」

すなわち波乗りが終了すること

サバリバ・タキビーサバー

サバリバ・タキビーサバー

サバリバ・タキビーサバー

その意味で、寂静と名を変えてもよろし

ワタクシの本能から起こるこころの迷い

明滅するこころの動悸

全てがジョウリクで霧散する

全てがジョウリクで霧散する

アウグスティヌスか涅槃寂静かはウナクネに委ねる

アウグスティヌスか涅槃寂静かはウナクネに委ねる

.

閑話休題。

うおー!

本屋さんに行くと、

発売日(10日)前なのになんと!

BLUEとNALUが揃って発売されていました。

両誌ともに連載コラムを書いております。

よろしければご覧になってください。

エックスでパワースライド。

20歳のときに練習していたことが今役に立つとはと、

感慨深いし、世の中不思議です。