新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

機内での夏目漱石X鳥巣さん_NALU、BLUE_パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊_機内での最適な眠り方_(1980文字)

カリフォルニア到着。

California Street, Ventura

.

機内では名作3点をつまみ読む。

さらにこのカバーはウナクネ鳥巣さんが撮られたもの。

夏目漱石さん作品表紙とは、さすが鳥巣さん的なことです。

彼女はピュアであり続けることで、

これら作品の透明感を表現しているのだと感じいった。

すばらしい。

さらに出発前に寺内編集長からいただいたNALU誌を読んでいくと、

勝浦リーフやエックスでよく会った高貫佑麻くんが、

サーフライダー・ファンデーションの広告となっていて、

さらには小川徹也さんの『男の水平線』には、

「スポンジボードやフィンレスについてどう思いますか?」

そんなわけのわからない質問があり、

「どうも思わん!お好きにどうぞ」

小川徹也さんのそんなハナマル解答に北方謙三さんを感じ、

水滸伝を再読したくなった。

寺内さんにもありがとう。

フィンレスとかキャッチサーフは新しいものだから、

(じつは最古のものがフィンレスなんだけど)

慣れないと受け入れない人もいる。

サーフィンは個人で楽しむものだからそれでもいいのだけど、

人と違うことをするとそのことで不快感を示す人がいる。

小学校のとき、

赤い傘を使っただけでいじめられた友人がいたが、

それは「男子なのに変」ということらしいので、

翌日、

ボクは妹のピンクのキャラクター傘を持っていくと、

やはりボクもいじめられるはめとなった。

でもこの外し方が、

自分にとってのカウンターカルチャーの原型だったようで、

むしろ快感に感じたことをこれを書いていて思いだした。

ウナクネ源流師範抱井さんと、

私の連載コラムもこのように掲載されております。

もう一冊はブルー誌。

目を入れて読むと、

アーティスト二人が行った奄美大島があり、

あの常夏の島がとっても寂しそうに感じるのは、

前出の鳥巣さんではないが、

撮影家の心象風景が影響しているのではないかという推察に至った。

自分にも心する。

ソルトクリークで例年開催されているコスミッククリークの記事。

タイちゃんとカラちゃんが大コマを割かれていたことに興味を持った。

表記だけど、

このブログの読者ならタイとかカラで意味がわかるのだろうけど、

最近読者のなられた人たちもいるでしょうから、

ここに記すると、

タイラー・ウォーレンとカラニ・ロブのことです。

私は天才を超えて天鯖(仮名称)になると、

ちゃん付けをする癖があり、

これはその例に漏れない典型であります。

サバちゃん、カルちゃん等々。

ふたりともそれぞれサンファン・キャピストラノと、

サンクレメンテに住んでいるので後日ここに登場するでしょう。

表紙ロゴの右側には聖式カルちゃんもいて、

彼もフィンレス人でありました。

このBSCページ、好きなんです。

よりぬきサザエさんではないが、

『よりぬきBSC』の単行本を希望します。

以前にも一度書きましたが、

このBlueの巻頭ページには私コラムが掲載されています。

機内スクリーンで、

『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』を観た。

感動のラストシーンを終え、

さらにエンドロールを見ると、

ディヴィ・ジョーンズのような人影が現れた。

さらにはフライング・ダッチメン号のことを示唆するフジツボ。

海の呪いが解けたことで、

死んだはずのディヴィ・ジョーンズも復活したようだ。

(わからない人は読み飛ばしてください)

ということでカリビアンシリーズはまだまだ続くということ。

これから楽しみがひとつ増えた。

各地で4Dムービーの上映が始まっているので、

この手の娯楽作品は、

視覚だけではなく、

感覚もあるとより楽しいものになるので、

6はより普及した4D館で観ることができるでしょうね。

映画バンザイ!

最近機内で映画を観るようになったが、

今までは寝ることを娯楽としていた。

シートベルトをし、

両膝をスカーフでゆるく縛り、

まっすぐ固定して腰から下までブランケット。

席はリクライニングさせずにヘッドレストをほぼ垂直に立て、

頭もまっすぐ固定。

ヘッドフォンをし、音楽をかけ、

アイマスクを付けて睡ると、

たいていは着陸時のショックで起きることとなる。

シートリクライニングをしていないので眠りながら着陸態勢に入れるというのが、

その大きな理由であるが、

窓の外を見ながら少し混乱しつつ目覚めていく中で、

「すでに目的空港に到着している」

というワープ感はなかなかのものがあります。

この方法だと、かなり長時間眠ることができて、

かつ首が痛くならない方法です。

欠点は腰と背中に来ることだけど、

そこまで気にはならない。

(時間切れです。明日に続きます〜)

あ、それと台風にお気をつけて。

Kota, Kina, Sage Ventura @California Street, Ventura

.