新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

今年最大の南うねりのまとめ_宮古島のサーフファミリー_映画モアナ_(1566文字)

10月の南うねり。

南半球で発達した低気圧からのもので、

今年はカリフォルニア(西海岸)にはそこまでのうねりがなかったようで、

土曜日の夜明けにその波高がピークを迎えた。

ひさしぶりに海のパワーを感じて、

そして激烈なるインプレッションを得た。

Tyler Warren’s Bonzer 6’11”

.

運がいいのか、すごい波が来た。

今までここで撮影された一番良い波だと、

ボードを生誕させたタイラーたちに教えられた。

悪い気持ちはしない。

この夏最大の波_タイラー・ウォーレンのボンザー・インプレッション_(709文字)

土曜日の正午くらいから落ち着き始め、

日曜日には半分程度となり。

昨日の月曜日には下がってオーバーヘッドとなり、

今日もセットでオーバーヘッドあった。

ただ、オーシャンサイドやその他のブレイクでは、

胸程度と下がってしまったので、

このうねりを受けるブレイクのみが、

いまだにすばらしい波となっているようだ。

チャーチ岬。

トレッスルズと著名ブレイクはものすごい混雑だったようで、

みんなそこまで波に乗れていなかったが、

このサンオノフレ岬は人も少なく、

駐車場が満車となった朝は多少混んでいたが、

正午頃となると、

ベンチュラセイジと私たちだけでサーフすることができたのだから、

マイナーブレイクの利点はありあまるほどあった。

Ventura Sage on Catch Surf x DFW 7′

(Minimal fin set-up)

.

セイジにとって、

夢にまで見たサンオノフレ岬波。

長いのは500mも乗れるとあって気合いが入っていた。

普段フィンレスでサーフしているらしく、

ナブスターx2のミニマル仕様に乗ってマンライを繰り返していた。

セイジのサーフバディのNYシゲルさんとマイちゃん。

そして希南(きな)ちゃんと航太が見えます。

お父さんがマンライして帰還したみんなのうれしさが写っていた。

Nation Champagne 6’11”

.

今回は大波というか、

中波での、

ミッドレングスのポテンシャルのすごさを感じたうねりだった。

高速パドリングやダックダイブが完璧になりつつあります。

カラーズマガジンのヨゲさんではないが、

「何歳になっても真剣に滑走」そんなフレーズを得た。

こちらでは大きな山火事が発生していて、

有料道路が閉鎖していて、

あちらに住むミラーとデイブ・ネイラーが大変な目に遭っている。

この2日間は迂回と大渋滞で

昨日は4時間かけて自宅まで帰ったとこぼしていた。

そういえば、こちらに来てから一度も雨が降っていない。

また干ばつになるのだろうか。

雨が降らないとまたどこかで山火事になってしまう。

宮古島に私のサーフ生徒がいて、

「もうすぐ家族旅行でそちらに行きます」

というメールと一緒に

彼のタイラー・ウォーレン・ボンザー写真が送られてきた。

Tyler Warren’s  Tracker 6’6” Lite green tint

.

美しいトラッカー。

つくしちゃん。

こうして海で遊んでいるのですね。

ビーターがこんなに大きく見えました。

[映画情報]

辻堂のテラスモールで

“MOANA”(邦題『モアナと伝説の海』)を観て、

その内容に大感動したが、

歌までが吹き替えだったので興ざめしたところもあった。

今回、オリジナル版を観る機会があったので、

再び観ると、初回よりもさらに感激してしまった。

なぜ自分が海が好きなのか、

なぜサーフィンをしているのか、

この映画によって解き明かされるほどすばらしい作品ですので、

ぜひ観ていただきたいと、

ここに予告編のリンクをおいておきます。

それにしてもこのマウイとベンチュラセイジがそっくりで、

ヘイヘイも誰かに似ていてびっくり。

子ども向けでありますが、

大人にこそ観ていただきたい最高な作品です。

それでは今日もすばらしい日となりますように!

Have a great day!!