新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【naki’sコラム】vol.45 森羅 Shin-ra

”彼はいつも海のことを「ラ・マル」と思っていた。それは人々が愛をこめて呼ぶときのスペイン語だ。ときには海を愛するものでも海を悪しきざまに言うこともあるが、いつでも海は女であるかのように語るのである. . . . 。老人はいつも海を女性と考え、また大きな恵みを与えたり与えなかったりするものと考えていた。たとえ荒れ狂ったり、禍いをもたらしたりしても、それは海にはどうしようもないことなのだ。月が人間の女を支配しているように、海も月が支配しているのだと思った。”— ヘミングウエイ、老人と海(1952/9/1)

暑。
陽が傾き、視界全てに色づく、穏やかで柔らかき暖色。
それはやがて陰り、大きな、薄い橙色を染みこませた満月が左手から登ってきた。
「ズバン!!」という音を発するショアブレイクの炸裂。
まるで砂浜は波に怯えているように震えている。
蒼くなった海が、そらと混ざり、同化し始めた。
生命が詰まった空間、インスピレーション(霊性)の訪れ。
次々とやってくる霊性に、意識は天地創造まで遡(さかのぼ)ろうとする。
遥か遠き昔。
宇宙の拡がりは過去だという。
数万光年離れている星の瞬きは、その距離と同じ遠い過去の光にしか過ぎない。
星間の闇、深さが怖い。
それは「死」と関係しているのだろうか?と暗さを畏(おそ)れ、あるであろう終着点に悟り、迷い、覚悟する。

 

波は寄せ、返し、海は蒸発し、雨雲となり、地に水分を落とし、生命を育む。雨は集まって河となり、海に注ぎ込む。
永遠回帰の繰り返しの中で、私たちは微かな息をしている。
生はときに優しく、ときに厳しい無数に起きる様々なドラマ。

 

森羅万象。
この世に存在する全てのことを理解してみたい。
波、海を通して知ったことは数多くある。
その邂逅(かいこう)に感謝し、眉を開く。
すると、さらなる新世界に足を運び入れる。
永劫(えいごう)に続く千古不易(せんこふえき)なメッセージとは何だろう?
そのメッセージはきっと何億、何兆もある、不変の解答か。

 

陽は昇り、雲と水平線を浮かび上がらせた。
鳥群が山陰から現れて、砂浜の上を飛んでいる。
サーフボードを抱え、波と交わる。
波に滑り込む瞬間に俺は何を感じるのだろう、何を感じられるのだろうか?
海を愛する、その意味を知りたい。

(了、8/14/03)

»Naki’sコラム一覧へ戻る