千葉一ノ宮にあるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップ「NAKISURF千葉ショールーム & オフィス(ニコリン寨)」。サーフボード入荷情報をはじめ、試乗レポート、セール・イベント情報、千葉周辺波情報などスタッフが毎日発信中!

Nakisurfスタッフブログ

真冬の波に踊れ!Z1 SURFSUITS【TORNADO】オーダーフェア開催します!_最短2週間でお届け!!

z1_tornado_banner01

こんばんは!

真冬の良波に乗っていますか?

NAKISURFでは真冬に頑張っているサーファーを応援すべく、

弊社オリジナル「Z1 SURFSUITS」工場の協力のもと、

今からでもこの冬に間に合う即納(2週間で完成)を実現しました!

☆詳しい内容はこちら↓

wetsuits2016fair_tornado01

※今回のフェアは「トルネード」のみ対象モデルとなります。

カスタムオーダーチャージと特別フェア割引を合わせると、

最大10,000円以上もお得なこの機会にぜひぜひご検討ください。

何と言っても2週間の納期が最大の魅力ですよ〜♪

☆Z1 SURFSUITS 「TORNADO」の詳細ページ☆

z1tornado01

オーダー例:TORNADO 4mm/3mm スーパーファーベストマグマ(標準仕様)

通常価格:81,054円 → フェア特別価格:69,984円(税込、送料込)

まだネックエントリーを経験されてないサーファーから、

「真冬でもジャージで大丈夫ですか?」

というご質問を良く聞きます。

結果から言いますと、「大丈夫なんです!!!」

ネックエントリーはなぜ浸水が少ないのか。

それは単純にネック部分のパネルが少なく、

首、手首、足首さえしっかり押さえておけば、

他に水が入ってくる箇所が無いからです。

ネックの装着の仕方をご覧ください。

srblog20140204i

ウェットスーツを着用して、

専用のネックカバーをかぶります。

srblog20140204j

前後のボタンをパチンととめます。

srblog20140204k

エントリー開口部を内側に折り返します。

srblog20140204l

これでバッチリ!

ダックダイブ(ドルフィンスルー)をするくらいではまず入りません。

ただし、ドライスーツでは無いため、

全く浸水しないということではありません。

派手なワイプアウトの際などは少し入ることもあります。

ただ、本当に浸水が少ないので体温を逃がさず、

真冬でもジャージでいけちゃう仕組みなのです!!

そして、ネックエントリー最大(というか唯一)のデメリットと言われる脱着。

これも慣れてしまえば本当に簡単なものですので、安心してオーダーください。

コツやわからないことはスタッフまでお気軽にぜひ!

片腕を先に抜く方法もあります。

初めての方はどちらがご自身に合ってるかを試してみてください。

脱着さえ慣れてしまえば、

もう分厚くて硬いセミドライには戻れないですよ〜♪

=====================================

Z1 SURFSUITS【TORNADO】オーダーフェア

期間:1月29日(金)〜2月14日(日)
○カスタムオーダーチャージ(5,250円)無料
○基本価格から5,000円OFF
○納期:受注から2週間

=====================================

srblog20140206aa

Best winter suits ever!!!

Happy Surf♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。