新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

COLE SURFBOARDS(コールサーフボード)について

Cole-in-shaperoom
 
巨体を揺するようにしてシェイピングベイに立ち、芸妓が舞うようにふわりさらりと、ブランクスが色気のあるサーフボードの形になっていく。奥義を極めた匠、これこそが文化財なのだろうと直感した。シェイプが終わったボード。シェイプダストが粉雪のように散っていた。そのボードを持つと、波上で高速滑走している自分が想像できた。

「波の上でダンスを踊るのだぞ」

とは、全米チャンピオンだったハービー・フレッチャーの名セリフだが、その彼は後で登場するネイザンの実父というつながりがある。

コールボードに乗った人はみな口を揃えて、「これこそがマジックボード」と言う。かくいう私も1996年に彼のボードと出会い、あまりの調子良さに驚き、それから現在に至るまでコールシェイプに感動し、彼の大きくやさしい人柄にも魅了されている一人でもあります。

カリフォルニア州、サンクレメンテ。ここはコットンズ、アッパーズ、ローワーズ、チャーチという有名な4つのポイントブレイクを擁するトレッスルズの領土であり、さらにはサーファーマガジンがここで創刊し、その頃(1960)からサーフィン業界の首都として機能している小さな王国、いや街です。ここからジョン・シーバーソン、そしてスティーブ・ペズマンやアート・ブルーワーと、サーフメディアの祖を創り上げた人たちが連なるという、特異なるパワースポットがこのサンクレメンテでもあります。

そのサンクレメンテ出身のシェイパー、コール・シムラー。マット・アーチボルドやディノ・アンディーノと同世代、しかも彼らのライバルとして、存在していたコールの少年時代。世界選手権で、コールはアメリカチームの代表にも選ばれたことがあるということはあまり知られていない。巨漢と呼べる体を揺すってインディグラブ・エアやスラッシュを次々と決めていくコールを見ていると、波乗りは体型でなくウデなのだと実感できる。

コールは2005年までは『ハンドシェイプのみ』という趣味的な製作、生産スタイルだった。しかし、重なるオーダー、身一つ、という状況からこの方式だと、半年はかかる納期だった。

サーフボードエージェントをしているので、この究極に近いコールシェイプにずっと目をつけてきたのだが、この生産数がネックでコールを大々的に扱うことは踏み切れないでいた。NAKISURFが創業して、限定数だけでシェイプしていただいていたが、やはり生産数が追いつかないことを改めて知り、2006年度よりコンピュータのプレシェイプ(最後の1時間はコールが削る)を導入して、ようやく生産ペースが上がったという経緯があるのです。

先ほどトッププロと書いたが、コールシェイプを愛するプロサーファーは粒ぞろい。顧客(ライダーではない)故アンディ・アイアンズ、ブルース・アイアンズ、クリス・ワード、マット・アーチボルドにネイザン・フレッチャー。最近ではジョディ・スミスにネイト・イヨマンズ、ライアン・カールソン、そしてコロヘ・アンディーノ。

コロヘに到っては、彼のファーストボードからコールが削ってきたので、彼の活躍にコールも目を細める。(資金的な面でスポンサードはしなかったが)

これはもうかなり昔の話となるが、ネオクアッドを誕生させたのがこのコールだ。それは遡ること15年前で、当時のチームライダーであるネイザン・フレッチャーがローワーズやビーチブレイクはもちろん、10フィート、北西うねりのパイプラインをこのネオクアッド・ガン(ピストルの前身)で攻め続け、当時”クアッドフィン”という概念がなかった私たちを仰天させたことを思い出した。

現在は3Dエア師範のライアン・カールソンがそのコール&ネイザン・フレッチャー伝説のライダー系譜を引き継いでいる。カールソンはサーフィンの滑走表現に縦回り、つまり波の斜面に対して90°角の空中技を取り入れたサーファーで、エアをしてヒネリを加えながらスピンし、さらには波の前方に回りながらメイクするというのを生で見ると、サーフィング界のシルク・ドゥ・ソレイユ?とドキリとさせられてしまう天才サーファーなのであります。

ただ、トム・カレンに代表されるカービングサーフィングが大好きなコール。その旗艦チームライダーに空中戦の達人!?と少し疑問に思い、それをコールに尋ねると、「カービングは俺もできるし、昔からそういうボードを作ってきた。けど、エアリアルというのはある意味特殊で、小さな斜面を使って最速にしなくてはならないし、ノーズからテイルまでボードを使用するから、(サーフ)ボードシェイプのテストパイロットとしては最適なんだよね」

と、納得の回答を得た。

ライアン以外のトッププロは通常ボードメーカーからサーフボードを支給され、なおかつ給料までもらっている。しかしこのコールボードに関しては、トッププロたちでさえ自腹でコールからサーフボードを購入している事実。コールはトッププロからのフィードバックで、サーフボードを極限までチューニングしている理想の形態を持った技術者なのです。

これはずいぶんと前の話になるが、記憶の彼方にいかないようにここに留めておきたい。

ブルース・アイアンズがパイプラインのコンテストと、ローワー・トレッスルズのエクスプレッション・セッションでコールボードを使って優勝した際には、コールに、「無給でいいからサーフボードを常時供給して欲しい」と電話をかけてきた。ブルースは、波乗り一代、宮本武蔵クラスの剣豪であるサーファーなのでコールはかなり迷ったが、彼にボードを供給するとなると年間30~40本となるだろう。ボード材料だけで年間200~260万円の費用がかかってしまう。しかも他のボードにかける時間も少なくなってしまうということで、お互い涙を飲んだ。

コールは今年に生涯シェイプ本数20,000本を達成、今なおシェイプにこだわり、自身の許したマスターピースのみをAVISOに供給し、ケアハナ製の弾力にも目をつけて、新技術も視界に入れるという深さを見せた。

コールがシェイプするのはやはり制限があり、例えば元世界チャンピオンのアンディ(故人)が7本オーダーしてきても2本のみ手渡していたという少数完璧主義者を貫いているのも誇らしい事実なのであります。

特筆すべきことは、冒頭にも書いたが、コール・サーフボードにおけるマジックボードの割合が異常に高く、通常は100本に1本、トップシェイパーで10本に1本混在するとされる個体が彼の場合はほぼ全体にも達している。そのずば抜けたマジックボード高含有率は、トッププロの誰もが認めるところだが、これは彼が優れたサーファー/クラフトマンによるところは大きいのだろう。私が表現するときは、「名匠、天才」

というトップワードだけとしているが、それは心の声なのであります。

コールと話をしてみると、レイルやロッカー、ボトムコントゥアーには超一流のみが知りうるデリケートなタッチを展開している。制作してサインをする全てのボードにコール風味を削りこみ、愛をこめた妥協のない姿勢で今日もシェイピングベイに向かっています。

サーフボード業界の超名匠、ポリエスター時代の達人は、新時代へのアジャストメントへも成功し、”波を滑る電流”と呼ばれるコール伝統のハイパフォーマンスの頂点HPSシリーズをはじめ、現在はグラスホッパープレイングマンティスに代表される昆虫シリーズ、ボールシリーズ、BDシリーズと後世に受け継がれる美術館展示品級のデザインも完成させ、さらには日本の小波も知りました。「千葉北のビーチブレイクは、サンオノフレ30%、カラフィア30%、ノースビーチ40%だね」という発言をして、その波質でのハイパフォーマンス、そしてミニボードの切り詰めたフォルム、さらにはステップバックを最小に抑えられるテイルデザインこそが、サーフボードの究極なのだと思います。NAKISURFはコール・サーフボードの唯一の独占的な取扱店となります。独占という言葉は好きではないのですが、お客さまに安心していただけるように使わせていただきました。彼の「世界最速」「滑走の真髄」、そして「マジック」と呼ばれる乗り味をどうぞお試しください。

(船木、2013/04)

 

COLE SURFBOARDS (2009年以後のモデル)

COLE CLASSIC SURFBOARDS (2008年以前のモデル)

コール・サーフボードに隠された奥深い世界 レイル編

COLE独占インタビュー