プロサーファー池田潤 x NAKISURFのブログ。CANVASサーフボードやCATCH SURFなどの情報満載!

【お知らせ】
2011/3/30を持ちましてこちらのブログは終了となりました。過去のアーカイブ記事をお楽しみください。

ロングボードベーシックス/脳からの指令で体は動きます

アロハ

フロム

南房総

某所です。

今日は、

CANVASサーフボードClassic Noserider (The Purchace Classic)を、

使用したロングボードベーシックムーブ解説です。

以外と知られていない、体の基本的な使い方と、

ボードの動きについて解説してみます。

ロングボードベーシックスその1。

まずは、サーフボードの上に、体を伸ばして立ちます。

このような状態になると、つま先に強く加重されるので、

レールが入り、ラインは、波のトップ方向にあがります。

ソウルアーチはこの動きの応用で、強くつま先に加重するために、

非常に機能的な体の使い方となります。

ロングボードベーシックスその1は、

「体を伸ばすことで、つま先加重となり、ラインは上がる」です。

ロングボードベーシックその2

膝を曲げて、重心を低く保ちます。

重心を低くすると、踵に加重されて、

レールは波から抜けて、ラインは下がります。

この状態がダウンザラインです。

ロングボードベーシックその2は、

「重心を下げると、ラインも下がる」です。

ロングボードベーシックその3。

クロスステップウォーキングは、障害物競争の、

平均台渡りのイメージで、骨盤を進行方向に向けて歩きます。

片足のいずれかの足が、必ずサーフボードの上に残るので、

レールをコントロールしながら、長いロングボードの上を移動するために、

欠かせない技の一つがクロスステップです。

2足歩行で、前に移動するためには、

骨盤を進行方向に真っすぐに向ける必要があります。

ロングボードベーシックその3は、

「クロスステップウォーキングでは、骨盤を進行方向に向けて歩く」

です。

ロングボードベーシックその4

ハングファイブのハングは掛けると言う意味。

しっかりと、5本の指をノーズに掛けましょう。

超小波でも良いポジショニングをキープすれば、

ノーズライドも楽しめます。

ロングボードベーシックその4

「ハング5は、ノーズに足の指をしっかりと掛けることを意識しましょう」

以上、

ロングボードベーシックでした。

ご愛読ありがとうございます。

おまけは、ロングボードベーシック良くない例です。

良く格好つけたロングボーダーがみせる悪い癖です。

砂浜でボードを引きずっています。

これは、悪い例なので、まねしないでください。

確実にボードに傷つきます。

関係者の皆様、失礼いたしました。

以後注意します。

以上、ロングボードベーシック5点でした。

ご参考にして頂ければ幸いです。

久々の、揚げ物番長/南房総編

以前にも紹介したことのある、

「まるよ」の特製天丼を、久々に頂きました。

プローンサイズの大型エビの天婦羅2本と子柱かき揚げの強烈パンチある一品です。

場所は鴨川有料道路から、海に向かっていくと左側にあります。

ケーズ電気の2軒隣なのですぐに発見できるはずです。

海上がりにお薦めです。

サーフィン前に食べると、2時間ぐらいは、サーフィン不可能なほどの、

パンチを持ったボリュームです。

天丼好きにお薦めの一品でした。

今週末は、全体的に小波のポイントが多いようです。

最高なロングボードウィークエンドです。

南房総は水温も上がっているようなので、

裸足でも全く問題ありませんでした。

やっぱりクラッシックロングボードはブーツより素足のほうが調子も良いです。

それでは、皆様よい週末をお過ごしください。

それでは、また明日。