千葉一ノ宮にあるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップ「NAKISURF ナキサーフ」。サーフボード入荷情報をはじめ、試乗レポート、セール・イベント情報、千葉周辺波情報などスタッフが毎日発信中!

サーフボードデザインの知識

Nakisurfスタッフブログ

COLE DBS(ダブル・バンプ・スクアッシュ)が登場!本日より正式にオーダー受付開始!!

COLE DBS(ダブル・バンプ・スクアッシュ)が登場!本日より正式にオーダー受付開始!!

COLE,DBS https://www.nakisurf.com/brand/cole/detail-dbs.html COLE NEW MODEL『DBS(ダブル・バンプ・スクアッシュ)』遂に本日発売開始!! . グ…

カリフォルニア滞在記_DAY10

カリフォルニア滞在記_DAY10

カリフォルニアDAYS〜十日目〜 すっかり波のサイズも小さくなり、 腰サイズのウネリがショアブレイクのようにブレイクしている程度。 . それほど期待はしていなかったので、 珍しく王子邸前をチェック。 閑静な住宅街からアク…

【テイル形状徹底解剖】テイルデザインの形状とその特徴とは??

【テイル形状徹底解剖】テイルデザインの形状とその特徴とは??

【テイル形状はライディング、ターンに大きな影響を与える】 パフォーマンスモデルからワイドミニボード、オルタナティブなど、 近年ではさまざまなシェイプデザインの開発に伴い、 テイル形状もバットマンテイルやムーンテイルなど、…

【マンデーブログ】端的に言えば「すごく速くて、ルース、そして反応が良い」ボードとは?

【マンデーブログ】端的に言えば「すごく速くて、ルース、そして反応が良い」ボードとは?

現在のサーフィン観には、 2つの大きな流れがあると言われています。 その2つとは、 「Shredding (シュレッディング)」と、 「Wave Sliding (ウェーブ・スライディング)」。 これはサーフィンのスタイ…

【実験くん】ボトムデザインから考えて、自分にあう乗り味を探そう!(by マンデーブログ)

【実験くん】ボトムデザインから考えて、自分にあう乗り味を探そう!(by マンデーブログ)

「自分に合う究極のサーフボードとは?」 それこそが自分にとってのマジックボード。   サーフボードの揚力や、 水面と接するボトム形状など、 前回、前々回とお伝えしてきました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー…

【実験くん】シェイパーの個性が出る!?ボトムデザインの形状とその特徴とは?(by マンデーブログ)

【実験くん】シェイパーの個性が出る!?ボトムデザインの形状とその特徴とは?(by マンデーブログ)

前回の実験ブログでは、 サーフボードの揚力には「水流」と「スピード」が重要なキーポイントになる、 ということを書きました。 サーフボードと水面の接点、 そこには「コンケイブ」の存在があります。 水流はコンケイブを通り、 …