Surf Prescriptions サーフ・プリスクリプションズ(DOC ドクサーフボード)の新品・中古ストックボード販売、カスタムオーダー。適正体重、サイズなどお気軽にお問合わせ下さい。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

Surf Prescriptions - Fourdoors

  • 小波に強いボード
  • サーフィン入門者にオススメのボード
  • ロングからショートへの転向にぴったりなボード
  • 女性サーファーにオススメのボード
  • 35歳以上の方にオススメのモデル
  • パドルの衰えをカバーしてくれるショートボード
  • とにかくエンジョイできるニコリンボード
アイコンの説明を見る
  • 小波に強いボード小波に強い
  • サーフィン入門者にオススメのボードサーフィン入門者にオススメ
  • ロングからショートへの転向にぴったりなボードロングからショートへの転向にぴったり
  • 女性サーファーにオススメのボード女性サーファーにオススメ
  • 海外トリップに最適なボード海外トリップに最適
  • 初級からのステップアップに最適なボード初級からのステップアップに最適
  • 中級からのステップアップに最適なボード中級からのステップアップに最適
  • 35歳以上の方にオススメのモデル35歳以上の方にオススメ
  • パドルの衰えをカバーしてくれるショートボードパドルの衰えをカバーしてくれる
  • ハイパフォーマンス、コンペ向きボードハイパフォーマンス、コンペ向き
  • とにかくエンジョイできるニコリンボードとにかくエンジョイできるニコリンボード

Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/nakisurf/public_html/nakisurf/nakisurf/wp-content/themes/nakisurf/single-surfprescriptions.php on line 95

概要

Fourdoorsの概要

こんな方にオススメ!

  • パドリングの快適性
  • 最新鋭のクラシックフィッシュ
  • ロング波で軽快にサーフしたい
  • 歴史的ボードを現代アレンジメントで乗りたい
  • 時代とデザインのクロスオーバーモデルをお捜しの方
  • ロングとショートの架け橋的なサイズを欲する方
  • ミッドレングスの短いバージョン

こんな波にオススメ!

  • ポイントブレイクのような長い波
  • 厚い波
  • 乗ってくるのが難しい波
  • チョッピー
  • ビーチブレイク
  • ロングボードでしか乗れない波
  • 膝波、くるぶし波

キーワード

クラシック、トレンド、幅広、ツイン、フィッシュ、ムーンテイル

 

“ロング波でもかしこくサーフ”
最大浮力と操作性の両立
磨き抜かれた快適性
フィッシュ系統のクルーザー級

1960年代後半。ワイキキのウオールでは、リノ・アベリラとジェフ・チンがボディボードの原型であるパイポボードに魅せられていた。そして1965年。ジェフがサンディエゴの大学に入学し、ニーボーダーのスティーブ・リズと出会った。その短く、浮力を圧縮したようなニーボードと、自身のお気に入りのパイポを融合させたボードが1967年に誕生した。これがサンディエゴ・フィッシュ、つまりクラシックフィッシュの第一号とされている。ハンティントンの巨匠Doc(ドック、ドッキー)は、そのクラシックフィッシュのアウトラインをロングボードサイズ(22インチ=およそ56cm)まで拡げ、波のパワーを受けやすくし、最新鋭ショートボードの基調であるシングルスロットコンケイブを入れ、さらには弱いVee内の各所にコントロールを高めるダブルコンケイブを配置するという詳細さを持たせた。極限まで拡げた幅、それにマッチさせた全長が誇る大きな体積。クラシックフィッシュの系譜から引き継ぐフラットロッカー。ソフトレイルから後ろ足のアクセル部分にはハードエッジを利かせたフルコース・シェイプが特徴である。

その昔、サーフボードは波に乗るためのものだった。1990年代に登場した競技ショートボードがデザインを細く、薄く、ささやかなものにしてしまった。だが競技ボードは浮力が少なく
沈めやすいので、クイックになって操作性が高いと感じがちだが、実際には波に乗ることが困難だという両刃の剣であった。その反動からか、オルタネティブボードと呼ばれる多様なるデザインが数年前より登場し、さらには1950年代のシモンズデザインまでもが主流となってきたのは喜ばしいと言えるムーブメントだろう。シモンズデザインが誇るのは最大幅。クラシックフィッシュの幅を最大まで拡げ、テイルを絞り、ピボットポイントを発生させたムーンテイルのかしこいクルージングフィッシュがこのフォードアーズ。

サンオノフレのB級ブレイク『フォードアーズ』の特徴である緩慢でか弱い波の、ささやかな押し出しのうねりを確実に捕らえ、さらに、あらゆる状況でのスポーティなグライドを実現するためにDocが導き出した最新デザイン。クラシックフィッシュの位置でレイアウトされたツインフィンは、常に駆動力を伝える一方で、ノーズからボードの3/4位置まで長く設置したソフトレイルは、常に的確な角度でボードを操作させます。たとえば、緩斜面でのスケーティングでは、ソフトレイルが余分な抵抗を抑え、ひとたび波のポケットが硬く切り立つと、テイル部分のハードエッジがボードの余計な挙動を抑え、速度となるトルクを発生させます。レイルの切り返しには、ムーンテイルというスワロウから派生した魚の尾びれのようなダブルピークの沈めやすいテイルが力の弱い、またはステップバックしないでも容易にターンのきっかけを作るので、初心者や女の子にも楽々操作が可能な特盛りボードなんです。

»レインボー・フォードアーズ見参

»ドッキー師匠のストイシズム・デザイン “フォードアーズ”@フォードアーズ

»初乗りはクリークでした

»フォードアーズからのアイディア『フォードアーズ』始動しました

 

 

誕生ストーリー・シェイパーのコメント

ロングボードの聖地サンオノフレ。ここのメインブレイクのインサイドにあるフォードアーズ。
この美しい波でフィッシュを滑らせたいと考え、さらには軽快でエレガントな乗り味を求めて、巨匠シェイパーDocに相談すると、こんなクルーザーフィッシュが完成しました。

 

特徴・機能性

特徴・機能性

全体的なアウトライン

クラシックフィッシュを踏襲し、ロングボード幅の最大アウトライン

ノーズ


クラシックフィッシュ

テイル


ムーンテイル

・オススメテイル形状
ムーンテイル、またはスワロウテイル

レイル

ソフトーハードタックエッジ

ロッカー

クラシック・フラット

ボトム形状

シングルスロット
表情のあるダブルコンケイブ

 

※下記のグラフ、チャートはあくまでも平均的なサイズバランスの場合です。
波質、波サイズへの対応性は、長さ、幅、厚みのボードサイズを変えることによっても変化します

シェイプデザインの特徴

シェイプデザインの特徴
レイルボリューム(フルテーパー 0 --- フルボキシー 10)
エントリー(ノーズ)ロッカー(弱 0 --- 強 10)
テイルロッカー(弱 0 --- 強 10)
ノーズ幅(幅狭 0 --- 幅広 10)
テイル幅(幅狭 0 --- 幅広 10)
ノーズボリューム(ボリュームなし 0 --- ボリュームあり 10)
テイルボリューム(ボリュームなし 0 --- ボリュームあり 10)

 

動きの評価

アクション性(リップやトップアクションの鋭さ)
ドライブ or ルース (ルース 0 --- ホールド&ドライブ感あり 10)
回転性(小さな半径での回転性)
機敏性(動きのクイックさ、反応の良さ)
加速性(テイクオフからのスピードのつけやすさ)
トップスピード(最高速度)
パドル&テイクオフ(0 --- 有利 10)

 

波質への対応性

波質への対応性

(対応しづらい 0 ------ 対応しやすい 10)

 

波サイズへの対応性

波サイズへの対応性

(対応しづらい 0 ------ 対応しやすい 10)

 

オススメサイズ・適正体重

ビギナー・初級レベル ・テイクオフ練習中
・テイクオフは可能だが、まっすぐに進むだけ
初級を脱出して中級を狙うレベル ・テイクオフして横に滑れる程度、現在アップス&ダウンの確実性をアップ中
中級レベル ・テイクオフは問題なく、波が良ければアップスしてしっかりと加速できる
・アップスは問題なし、カットバック、リッピングを練習中だが、キレはイマイチ
中級を脱出して上級を狙うレベル ・波が良ければ、ひととおりのワザは可能だが、その精度とキレをアップさせる途上
上級、プロレベル ・さまざまなコンディションで、キレのあるカットバックやリッピングを駆使して乗りこなせる
・プロレベル

適正体重の許容範囲がとても広いので、レベルを問わず以下を目安に楽しめます。

45~75kg(船木サイズ) 5'10" x 22"x 2-3/8"
55~90kg 6'0" x 22-1/4"x 2-1/2" 

動画

動画、準備中です。

 

拡大画像

 

ユーザーボイス

ユーザーボイスを見る

 

ユーザーボイス募集中!
»ユーザーズボイス投稿特典について

 

価格

ポリエスター 117,000円(税抜き)

※グラスオンフィンをご希望の場合は、追加でグラスオンフィンチャージ15,000円がかかります。
※ツインセッティングが標準仕様となります。

※カスタムオーダーの場合は、追加で2,000円がかかります。
※表示価格はボード本体価格+国際送料となります。上記に加えて別途、国内送料がかかります。»送料について見る
»サーフボードの素材別の仕様について見る

 

【全モデル共通】主な追加料金一覧(税抜き)

※モデルによっては、オーダーいただけないオプションもございます。オーダーの際にご確認ください。

エアブラシ 6,000円~
レイルブラシ 6,600円
全面単色ブラシ 片面 8,000円 / 両面 10,000円
フェイドブラシ 片面 7,500円 / 両面 9,500円
ピンライン 1本 2,700円
カスタムグラフィックアート 10,000円~ ※応相談
スピンアート 片面 8,000円 / 両面 15,000円

ティントカラー単色 片面 12,000円 / 両面 17,000円
ティントカラー2色 片面 14,000円 / 両面 19,000円
ティントカラー3色以上 20,000円~ ※応相談
グロス&ポリッシュ 15,000円

ボランクロス(1フィート) 1,000円
6'6"~6'10"(ブランクスチャージ) 4,000円
5フィン 6,000円
FCS Ⅱ(3フィン 3,000円 / 5フィン 5,000円
»FCS Ⅱフィンについて
グラスオンフィン 15,000円
ボンザーボトム 8,500円
ディープ6チャンネル 20,000円
テイルカーボンパッチ 6,500円
ボトムカーボンパッチ 6,500円

特急オーダー 8,500円
(カスタムオーダーボードが1ヶ月~1ヶ月半程早く完成いたします。時期によっては特急オーダーを受け付けられない場合もございますので、ご希望の場合には事前にお問い合わせください。)