NakisurfユーザーによるCANVAS、Tyler Warren、NATION、Surf Prescriptions、Catch Surfなどのインプレッション

ユーザーボイス

Z1 Anorak 5/3ミリ モキハナジップ_柔らかさからくる動きのよさと暖かさ。レギュラーに毎週末使いたい状況です

昨晩(2月15日)、無事に届きました。
というか、別便で届けていただける予定のデッキパッドが届いていると思っていたところ、箱をあけるとアノラックでした。1週間で届いてびっくりです。

で、早速試着しました。
正直、柔らかさは「ホチャホチャ」してますね。コラーゲンたっぷりって感じで、伸びるというより(ちゃんと伸びますが)「ぷにゅぷにゅ」の方がより近い感じです。
当方の地元では、冬になるとゲンゲと呼ばれる深海魚が店頭に並ぶのですが、コラーゲンの塊の魚で、まさにそんな感じです。
普段はゴム臭いと言い近づかない4歳の娘が、その気持ちいいプニュプニュな感触にやたらと触りたがられ、びっくりしました。
家で裸できた感触は、だぶついてる(胸囲と腹回り)部分とつっぱる(股)部分とがあり、正直、しっくり来ないなぁという印象で、ある程度柔らかいのは新品だからという感じで可も無く不可もなく、が率直な印象です。

で、今朝(2月16日)時折吹雪く中入水しました。ただ、インナーは着ました。だぶつきにより中の空気の動きが動く事で、巻かれた時に水が入ると思ったからです。(一応寒さからきたわけじゃないです)
着用したのは、まさにナキ殿が着ていたようなショートジョン系の綿のような中空繊維のインナーです。
そうすると、気密という意味合いではちょうど良くなりました。あと、首まわりも気になったので、ネックウォーマーを装着しました。

新品なので寒くないのは当然と思ってはおりますが、3時間の入水は平気でしたし、風抜けはなかったです。まずは合格って感じです。
コンディション的に2時間をすぎてから風が出てきまして、風が出るまでは暑かったくらいです。キャップをかぶっていたのですが、耳がぽぉっとほてってました。

海での動きも夏場にはかないませんが、それなりに体が動きました。何本かは、かなり調子良く体が動きまして着こんでいるわりに、いい感じで久しぶりに夏場のようなアグレッシブなキレを実感させていただきました。好印象で雄たけびをあげちゃいました。

ちょっと感動したのは、海から上がってからでした。自分の経験では、寒い冬は風が体感温度を下げるので、海の中よりも上がってからの方が寒くなります。(ウェットは脱がない状態で、浜辺を車まで歩いている時など)
ところが、アノラックは脱ぐまで全然寒くなかったです。幾ら初入水だといっても、ちょっと例外的に風が抜けなかったです。

そしてもう一つが、すっごく脱ぎ易いです。これはホントびっくりしました。
ノンジップなので、両肩を出すまでは少々もたつきます。が、ひじまで脱いだらバンザイするだけで手首が抜けましたし、ヒザまで脱いだら足を少し上げるだけでぬるんと足首も抜けちゃいました。
なんだか、乾いている時よりも柔らかい印象です。後は1シーズンこのレベルを維持できるくらいの耐久性があれば 本当に合格だと思います。
でも、この脱ぎ心地で一気に気に入りました。モキハナジッパーも最初はもたつき腕がつりましたが、一度、カチンとはめ込むと慣らされるのか、ホント片手で勘合し開け閉めできちゃいます。

価格もビックリで、当方が今までメーカ最高峰12万円のセミを2シーズン保たせ、2シーズン目は劣化だらけでホント毎回修理補修しながら寒さに耐えて使っておりました。冬場の装備はケチってはダメというのが持論です。それが、一気に解決します。
アノラックを1シーズン毎に購入すれば2年ではコストが一緒になりますが、毎年劣化無しの新品で快適な冬になります。ましてや、アノラックが2シーズン目にほとんど性能劣化がなかったら・・・。一気に節約というか、ほしい板にまわせます。

今回は、シーズン半ばでのセミ購入となってしまいましたので、このアノラックは夏眠させて、なんとか来期も使いたいと思ってます。ホント、耐久性に期待したいです。

 
そして後日―――

昨日(2月17日)は、時折横殴りのあられ模様。
キャップ無しのチャレンジャーは、ドルフィン2発で猛烈に襲われる頭痛に耐え切れず、ゲットを諦めるようなコンディションでしたが、やっぱり風を通さないので、そこまで冷えずに楽に3時間入れました。

あの柔らかさからくる動きのよさと暖かさ。着替えに手間取らないから、吹雪いていてもぶるぶる震えずに着替えれますし。片足が引っかかって抜けず、寒さにぶるぶる震えながら大苦戦する脱着とサヨナラは至福です。

大変気に入って、レギュラーに毎週末使いたい状況です。
古いのがもう着れないです。 (2008.02.22)