NakisurfユーザーによるCANVAS、Tyler Warren、NATION、Surf Prescriptions、Catch Surfなどのインプレッション

ユーザーボイス

【CANVAS】Mini Noserider6’12″_面ツル(グラッシー)の小波にばっちりハマります! (byスタッフ)

srblog20141030a

CANVAS『ミニノーズライダー 6’12″』

6’12″(7’0″)x 22″ x 2-3/4″

https://www.nakisurf.com/brand/canvas/detail-mini-noserider612.html

CANVASが誇る最高に楽しいミニロング、

幅のあるアウトラインでイージーな乗り心地、

浮力もたっぷりでグングン加速するスゴいボードです。

7フィートという絶妙なサイジングは、

ノーズライド用ログボードの豪快さを残しつつ、

車載の長さもお手頃で、かつ軽量な取り回しを楽しめます。

srblog20141030c

「無風のグラッシーコンディションでも、

波が小さくてショートボードではイマイチ楽しめない」

そういったコンディションがミニノーズライダーの出番。

浮力のないショートでは速度をつけにくいコンディションでも、

ロング並のテイクオフから始まり、

軽快なグライドとフラつかない安定感で、

回りのサーファーが羨むほどのロングライド。

こんな日はショートに乗る友人に貸すのですが、

驚くほど波をゲットできちゃうので、

「ちょっと乗らせて〜」と、

なかなか自分の元に返って来ないことになります(笑)

もちろんターンは重量感が出ますので、

パワーゾーンに戻るカットバックはしっかりテイルを踏み、

徐々に回転させていくというターンになります。

srblog20141030b

シングルフィン7inchのセッティング。

ほとんどの波に対応できる基本のフィンセッティング。

滑走中も適度なホールド感があり、

フィンの抜けも良いのでターンもしやすいです。

もちろんノーズライドでも抜群の安定感を感じられます。

またボックスフィン仕様なので、

豊富なロングボード用シングルフィンを楽しむことが出来ます。

特にサーフィンを始めたばかりで、

まだなかなか波に乗ることが出来ない方。

テイクオフは出来るけど、

安定して立っていられず転けてしまう方。

そういった方にもオススメできるボードなのです。

「なによりもまずは長く乗ること」

これがサーフィンを楽しむヒケツであり、

「たくさんの波に乗ること」

これが上手くなるヒケツだと思います。

 

srblog20141030d

フィンのバラエティ。

フィンのサイズで乗り味が大きく変わるので、

波のコンディションに合わせて選ぶ面白さがあります。

上記画像、

中央はクリスチャンワックがデザインしたガチャリフィン。

「6インチ」でより軽量感のあるルースな動きになります。

モモ〜コシサイズの波にオススメで、

「スライド・グライド・ハッピーライド」という言葉が出るほど、

脱力系サーフィンに向いていてとても楽しいです。

▽RATIO”クリスチャン・ワック”コラボレーションフィン[6インチ]

https://www.nakisurfshop.com/SHOP/3344.html

 

左側はパーチェス用のフィン。

本格派のロングボード用なので「10インチ」もあります。

7フィートのミニノーズライダーではオーバーサイズですが、

そのぶん直進性はかなり安定感があります。

細かい ターンを考えずにダウンザラインを楽しむ。

またマシンウェーブでビシッとノーズライドを決めたい時は良いと思います。

 

これからやって来る季節に合わせ、

グラッシーな冬の小波を存分に楽しむなら、

『ミニノーズライダー』は最高のボードになりますよ。

 

(じゅん)