NakisurfユーザーによるCANVAS、Tyler Warren、NATION、Surf Prescriptions、Catch Surfなどのインプレッション

ユーザーボイス

【Tyler Warren Shapes】DREAM FISH 5’5″x19-1/4″x2-1/4″_速さが技を凌駕するフィッシュの滑走力(byスタッフ)

srblog20150803_blacks

日本でもフィッシュボードが一般的になって、

10年近くが経つと思いますが、

カリフォルニアでの歴史は古く、

1960年代後期から脈々と進化を続けるデザインなんだそうです。

1970年代には黄金期を迎えたものの、

その後はコンテストに向いた細身のトライフィンが主流になり、

サーフィンもコンテストに有効な「技」のみに注目される時代が到来。

そんな時代へのカウンターカルチャーとして、

一部のシェイパーやフィッシュ愛好家は、

フィッシュ系デザインに速さと機能を求めてきたようです。

 

srblog20150803h

今のモダンフィッシュは、

レトロボードとは相反するデザイン性があると思います。

むしろプログレッシブでパフォーマンス性が高いもの。

 

srblog20150803

サーフボードの進化には何が求められるのでしょうか?

たとえば川面を高速で飛ぶ虫の形や、

水中を速く泳ぐ魚たちの形状、

それらは自然界に適応して生きていく上で、

その環境に合わせて進化してきたカタチなのだと思います。

フィッシュデザインの機能は「スピード」と「カービング」にあると言われます。

ということは、フィッシュに求められた進化がそれに当たるのでしょう。

 

srblog20150803a srblog20150803b srblog20150803c srblog20150803d srblog20150803e srblog20150803f

Tyler Warren Shapes『DREAM FISH』5’5″x19-1/4″x2-1/4″

この『ドリームフィッシュ』はモダンフィッシュの中でも、

よりパフォーマンス性が高いのが特徴です。

速さだけでなく、優れたコントロール性をもつモダンフィッシュ。

この『ドリームフィッシュ』に乗り始めてから、

わたしは波乗りがさらに楽しくなりました。

『ドリームフィッシュ』の驚くほどスムーズな加速に、

今まで「技を試みようとして速度を殺していた」ことに気づかされたのです。

波のインパクトゾーンに近ければ、

サーフボードは波のパワーを最大限に活かすことができます。

そこから離れるほどに滑走速度は落ちていきます。

その滑走速度をキープしやすいフィッシュデザイン。

わたしは、この感覚にドハマリしてるワケであります。

 

srblog20150803g

もはや余力的なパワーしかないインサイドブレイクでも、

押し出されるように加速してカービングスポットに誘われます。

なるほどこれが”マジックボード”というものか。

 

srblog20150803j srblog20150803i

流体力学を感じるフィッシュ系ボードのカタチは、

まるで”海中を泳ぐ魚”の進化に生まれたデザインではないか?

そんな説得力を持ってわたしに迫ってくる『ドリームフィッシュ』。

見てもよし♪ 乗ってもよし♪

食べてもよし…とまではいきませんが、

速さが技を凌駕するドリームフィッシュの世界。

波乗りのまだ知らぬ楽しさを開眼させてくれるマジックボードです!!

▽Tyler Warren Shapes『DREAM FISH』

https://www.nakisurf.com/brand/tylerwarren/dream-fish/