NakisurfユーザーによるCANVAS、Tyler Warren、NATION、Surf Prescriptions、Catch Surfなどのインプレッション

ユーザーボイス

【COLE】 BATFISH 5’5"x19-1/4"x2-1/8"(by naki)

BATFISH

波乗りの
コール寄りそひて
イナリーズに
浮き世のうさを
知るよしもなし

これは「コールボードと俺がイナリーズで波乗りしていると、この世のつらさも全く感じない」という意味の五句体(31モーラ)つまり和歌。
この和歌は、817年前に他界された西行先生からインスピレーションを得ました。

バットフィッシュ 5’5"x19-1/4×2-1/8 インプレッションです。

BATFISH

先週、ニューポートビーチでの膝腰進水式を終えて、そのバランスとスムースさに感激して、コールのロゴがまた輝いた。

BATFISH

このバットフィッシュを受け取るまでには紆余曲折(うよきょくせつ)であった。メイヘムがコールのクアッドをコピーし、その前にはコールがメイヘムのラウンドノーズフィッシュをコピーしていたのだからそれはしょうがない。そこで俺はメイヘムのクアッド・ラウンドノーズフィッシュ(Q-RNF)と、このバットマン、じゃなかったバットフィッシュを対決させようと同時にオーダーしたのだけど、その後すぐに「コールショック」が起きてしまった。
以前ここでも書いたが、Q-RNFは「Qちゃん」としていくつもの伝説が誕生した。

コールに、「俺が行くカリフォルニア前にはシェイプしておいて、そっちで乗るから」、と一月も前から電話で言っておいたのだが、俺の到着初日にようやくプレシェイプが仕上がってきたという状況…。その後超急ぎでシェイプしてもらい、グラスショップ(巻き屋)で夜なべし、24時間で仕上げてもらったのがこのバットフィッシュ。よって受け取りも日程最終日、しかも早朝5時と異例の時間だった。デフォルトでついてくるFUTUREフィンを4枚取り付けていくと、まだ硬化完了していないのか、樹脂が柔らかく感じた。

そういえば、最近のこのクアッドフィンにはコールロゴが入っていないんだなあ。しかもデッキのロゴが逆さま(反転)です。(笑) そんなことはどうでもいいや。

BATFISH

さてさて、このバットフィッシュはラウンドノーズ系でコールブランドではブレットフィッシュモデルに属する。これはその亜種になるのだろうか。
サーフボード製作工業界の達人でもあり、妖術を使うとされるコールが開発設計した新4フィンモデルだ。4フィンなのにクアッドの文字はひとつもなく、「バットフィッシュ」という単語だけで全てを表現しているのにも、ネオクアッドの創始者コールならではの自信を感じた。

軽く、密度が細かく、強く、安定していて樹脂が染みこみづらい(重くならない)というUSA製のJUSTFOAMを使用したそうだ。今回の私のオーダーは準ブラックレーベル(BLACK LABEL)なので、フィン以外はBL仕様となる。デッキ側にはWARPとD-SIZEクロスの4オンスを各1層づつ、ボトムには4オンスWARP1層。プロボード製作を20年近く担当している名職人ジェフ・ウエルズが余分な樹脂を巻き付けないように、樹脂を取りすぎて強度を落とさないように完璧にラミネートしてくれた。

改めて詳しくボードを見ると、女性の体のように曲線、つまりカーブだけで形成されたアウトラインと気づく。スムースな乗り味を実現させるミディアム(ロー・ボキシー)レイルが削り出されていた。テイル付近からコールが言うところのコントロールエッジが効いている。貫禄のレイルタッチにうっとりとして、何度も触れてしまった。いわば禁断のレイルなのだろうか….。

エントリーロッカーを極限まで抑え、テイルキックを少しリフトアップさせています。これによってスピード、そしてコントロールという相反するアーニングポテンシャル(earning potential=所得潜在力)をポジティブ側に導いたのですね。

さて、ボードを裏返し、詳細微細のチェックをする。

ボトムコントゥアー(形状)は、ノーズ側からフラット、シングルドーム、その中にダブルバレルコンケイブをフロントフィン(後ろ足部)まで延ばし、テイルエンドでごくわずかのVEEをセットしてある。このシステムは、コールの考えるところのターンのトラブルの原因となる「歪流」を取り除いた傑作で、現在カリフォルニアのシェイパーはほとんどこのスタイルである。

BATFISH

そして他のシェイパーがこぞって真似をしたバットテイル。ルーツはダイアモンドテイルから組み替えられたコンセプトスタイルで、テイルアウトラインをばっさり1インチ短くできる。結果、ライダーはオートマチックに約2.5cmテイル側を踏むこととなり、より激しいパフォーマンスとなってしまう。本当によく考えられていて、そして理にかなっている。
ケリー・スレーターがサーフィングの天才ならば、コールはボードデザインのそれに違いない。コール印の魔法をあますところなく使い、短く、丸いアウトラインのサーフボードが持つ特有の「不正確な浮き上がり」を排除し、直感的な、つまり意志のおもむくまま操れる性能を実現しました。

BATFISH

そのバットフィッシュを持ち、イナリーズへ行くと艶のある頭半の波がブレイクしていました。
上等の舞台と、至高、つまりこの上なく高く優れているボードを抱え、俺は踊るように砂浜を走り、海に飛び込んだのです。

何本か至福のターンを経験すると、冒頭に書いた和歌が頭に浮かんだのでした。

 

5’5"BATFISHで、ダブル半の大波との対峙を記録した叙事詩は、コチラへ!