新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

セールスポリシー


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/nakisurf/public_html/nakisurf/nakisurf/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/nakisurf/public_html/nakisurf/nakisurf/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

ナキサーフでは、すべての商品を正規取り扱いにて直販でお届けしています。
以下の条件はナキサーフでお客様が商品・サービスをご購入の際に適用される条件です。これらは、お客様のご購入に関する権利と義務を明確にし、ナキサーフ取り扱い商品の重要な制限や例外などを示すものです。お客様は以下の点についてご注文なさる前にご理解くださるようお願いします。

フィンに傷がありますが交換できますか?

FUTURE、FCS、LOKBOXのコンポジット、FCSのGlass Flexシリーズは完全な新品でも擦り傷、多少の欠け等が見受けられます。ナキサーフでは入荷時に酷いものは抜き取っていますが大きく割れていない限りクレーム対象にはなりません。
またメーカーから届いた状態の完全な新品にもかかわらずネジをしめた跡のあるフィンが、極稀に見受けられますがメーカーが抜き打ちテストに使用したものです。これらに関してはクレームを受け付けかねますのでご了承ください。

POLYESTER(ポリエスター)とはどんなものですか?

以前のクラークフォームに代表される、いわゆる通常のウレタンフォームをポリエスター樹脂でグラッシングするボードです。
現在の代表的なブランドとしては、キングマックフォーム社製、USブランクス社製、エスキモーフォーム、インパクトフォームなどがあり、それぞれクラークフォームでいうスーパーライト(通常ブランクス)とウルトラライト(軽量ブランクス)から選択可能。

※ストックボード用のオーダーや、カスタムオーダー時ブランクス指定がない場合は通常のスーパーライトとなります。
※特定のブランド(ブランクス)の選択は不可となります。オーダーのモデル、サイズなどによって、それぞれのシェイパーが一番合ったブランドを選択します。

主な選択可能な巻きは以下の通り。 

ショートボードの場合

超耐久性仕様 デッキ面 4オンス+6オンス
ボトム面 6オンス
耐久性仕様 デッキ面 4オンス+5オンス
ボトム面 4オンス
通常仕様 デッキ面 4オンス+4オンス
ボトム面 4オンス
※ストックボード用のオーダーや、カスタムオーダーで指定がない場合こちらの巻きになります
軽量、プロ仕様 デッキ面 4オンス+4オンス,3/4パッチ
ボトム面 4オンス
超軽量、プロ仕様 デッキ面 4オンス1層+テイルパッチ
ボトム面 4オンス

ロングボード、ミニノーズライダーの場合

耐久性仕様 デッキ面 6オンス+6オンス
ボトム面 6オンス
通常仕様 デッキ面 6オンス+4オンス
ボトム面 6オンス
※ストックボード用のオーダーや、カスタムオーダーで指定がない場合こちらの巻きになります
軽量、プロ仕様 デッキ面 5オンス+4オンス
ボトム面 4オンス
超軽量、プロ仕様 デッキ面 4オンス+4オンス
ボトム面 4オンス

EPSとはどんなものですか?

最新のエポキシ樹脂用ブランクスです。
エポキシ樹脂はレジンのおよそ8倍の強度があります。1980年 代からこのエポキシ樹脂をサーフボード製作分野で使用、研究がされていまし た が、板状のものを削るため正確なロッカーが出せずに世界的なシェイパーでも難儀していました。しかし、コンピューターシェイプの革新的な技術でそのロッカーや レイルボリューム等が正確に表現可能となり、注目を集めたのがこの素材です。
他社の新規参入はEPSフォームで現在アメリカンブランクスと マーコが群を抜いた高い性能でシェイパーとプロサーファーに人気となっています。

EPS、つまりポリスチレンフォームは、「Expanded Poly- Styrene」の頭文字の略です。ドイツで生まれた代表的な発泡プラスチック系の断熱材 がサーフボードの素材へと進化したのです。あまり関係ありませんが、製造方法を調べてきました。EPSは ポリスチレン樹脂に炭化水素、または代替フロン等の発泡剤を加え押し出して成 形します。

2006年になり、EPSの精度がずばぬけて上がりました。先日のローワーズコンテストでシェーン・ベッシェンやシエィ・ロペス、他多数のプロが使用して、折れない(とされる)強度と適度なしなり、超軽量、そして シェイプの詳細な反映が魅力です。間違いなく近い将来主流になる新素材です。

アメリカンブランクス社
米国コールが現在主に使用している。セルの密度、重量では部門トップク ラス。木製のストリンガー入り。ロッカー精度が高く、適度なしなりを持ち、超軽量で厚いガラスクロスを多く使用できるため、折れづらい(誰も折った実績はまだない)夢のサーフボードを制作できる。巻きは5ozクロスをボトム に 一層、そして4ozと5oz2層をボトムまで巻き付け、4ozテイルクロスパッチを付けても非常に軽くそして強い。加えてプロ用に5ozクロスをボトムに一層、そして4oz2層をボトムまで巻き付け、4ozテイルクロスパッチ版もある。

マーコ社 米国 製品名エポキシアーミー
メイヘムが現在主に使用しているエポキシブランクス。しなっても折れない強度、最軽量なのでクロスを多く使用できるので、折れづらい(誰も折った実績はまだない)夢のサーフボードを制作できる。巻きは5ozクロスをボトムに一層、そして4ozと5oz2層をボトムまで巻き付け、4ozテイルクロスパッチを付けてもXTRより軽く強い。加えてプロ 用に5ozクロスをボトムに一層、そして4oz2層をボトムまで巻き付け、4ozテイルクロスパッチ版もある。これはXTRで言うところの5.0です。

EPSはエポキシ樹脂のために熱には弱く、およそ60度で剥離、または膨張します。車内や真夏の直射日光は避けてください。もし車内に短時間おかれる際には、銀色、白等の反射するハードケースに入れ、ジッパーを少し開け(換気のため)車窓にタオル等をかけ、車内温度が上昇しないようにしてください。修理の際は、普通のボード用の修理キットでは補修できませんので「エポキシ樹脂用」をご使用ください。(ポリエスター樹脂がEPSフォームに触れますと溶解します)または紫外線硬化キット、AVISOボード用の修理キット(別売り) をお使いください。

EPSは素材に塗料が乗りにくいため、ブラシ使用の場合色むらが出ることがありますが、これはクレーム対象となりませんのであらかじめご了承ください。また濃いカラーのブラシはクロスの目が目立ちやすくなります。なおイラストペイントは、グラッシングが終わってからその上に描きますので関係ありません。

EPSボードは工場から仕上がってきたばかりの新品でもストリンガー付近やレイル付近、その他樹脂が厚くなる部分に黄ばみがあるものがあります。症状は様々でまだらに黄色くなるもの、ボード全体が黄ばむものなどです。これは日焼けなどではなくエポキシ樹脂の混合プロセスの問題で性能には関係がないとのことでした。このような跡になってしまうケースがありますがこれは正常ですのであらかじめご了承ください。発生の前兆などはなく、突然黄ばむこともあり、予測不可能で同じ時期に製造されたボードでもこの症状が出るものと出ないものがあります。現在のところこの問題については補償が出来かねますのであらかじめご了承ください。

EPSは水を吸いやすいのでは?というご質問が多かったため弊社で実験を行いました。面白い結果となりましたのでぜひ下記のリンクをご覧ください。

»EPSの疑問?ブランクス大実験

結論から言うとEPSは多少、吸水します。ただ以前のEPSフォームに比べると全くと言っていいほど吸水しません。実際コールによると、昔のEPSと比べ、これら2社のEPSフォームはずいぶん進化して、名前が一緒の別な素材だと言っていました。

※ストックボードはボードのシェイプによって、たとえばパフォーマンス系のモデルは軽量なもの、フィッシュ系のモデルは密度の高いものなど使い分けられており、カスタムオーダーの際は軽量仕上げや、耐久性仕上げ(へこみづらい仕上げ)などを指定すれば、それに合わせてシェイパーが選択します。
※特定のブランド(ブランクス)の選択は不可となります。オーダーのモデル、サイズなどによって、それぞれのシェイパーが一番合ったブランドを選択します。

主な選択可能な巻きは以下の通り。

耐久性仕様 デッキ面 5オンス+5オンス
ボトム面 5オンス
通常仕様 デッキ面 4オンス+5オンス
ボトム面 5オンス
※ストックボード用のオーダーや、カスタムオーダーで指定がない場合こちらの巻きになります
軽量仕様(1) デッキ面 4オンス+4オンス
ボトム面 5オンス
軽量仕様(2) デッキ面 4オンス+5オンス
ボトム面 4オンス
超軽量、プロ仕様 デッキ面 4オンス+4オンス
ボトム面 4オンス

EPS、クラークはどのように水を吸いますか

下記のページをご覧ください。
https://www.nakisurf.com/blog/staff/archives/48

日本の波のためには、そのために開発された専用のボードがいいのですか?

日本はサーフィンされている多くの日、場所では緩慢な傾斜を持った遅い波でしょう。ただ場所やうねりのコンディションによって異なることはご存じですね。ですが、やはり一般的なビーチの波なら、南カリフォルニアとほとんど変わりはありません。ただ同じ腰胸サイズで較べてみると貿易風の影響か、若干日本の波の方が弱いと思います。
トッププロは例えば千葉のビーチブレイクの小波にはシェイプA、大きくなったら少し大きめのシェイプB、リーフになったらC、リーフが大きくなったらDと平均4本から5本のボードを日本に持ち込んでいます。特に小波用Aは、各プロ達はそれぞれこだわったものを選んでいることがわかります。

結論:
プロは日本の波用に開発したボードは使わないが、小波用に調整されたものを使用している。
試しにハワイやインドネシア、または台風の大波用にシェイプされたガンや強い波に合わせてシェイプされたボードは、パワーのない日本では、ほとんど波の上にラインを合わせられないはずです。

プロ仕様のボードと、普通のボードはどこが違いますか?

プロ用のボードは、そのボードメーカーの最新のデザイン、またはそれぞれのプロが好むアウトライン、レイル形状、ロッカー全てを反映させています。最新のデザインに至ってはシェイバーがハンドシェイプで仕上げます。また技術的にも最新技術を使ったりもします。多くの場合は強度より性能を重視し、素材も吟味された最軽量ボードブランクスや樹脂、クロスなどを用いて時間をかけて仕上げてあるので、残念ながら 一般に市販されているサーフボードより多少高くなりますが、そのぶん性能は段違いです。
プロ用のボードだから難しいということはなく、逆に中級者にとっては素晴らしく強力な武器になり、軽いので浮力もあります。プロスペックのボードをF1マシンと誤解している方も多いのですが、そういう種類のボードはパイプラインやタヒチ用のスーパーウェーブ用としてはありますが、ナキサーフで扱っているプロスペックは、日本やカリフォルニア用にプロがオーダーしているものと同じです。F1マシンではなく、フェラーリやポルシェといったところで、レーサーしか運転できないということはなく、一般の人ももちろん楽しんでドライブできます。
一般品と比べると強度は少し落ちるので、へこんだりは多少しやすいですが、サーフボードは多少へこんだくらいでは性能は変わりません。バリバリ使ってください。ナキサーフで販売しているプロスペックボードは、実際にプロがオーダー、支給しているものと全く同じ仕様で製造されており、ナキサーフでしかお求めになれません。

ワイプアウト時や強い負荷がかかっても、リーシュプラグが外れたり破損することはないでしょうか?

このAVISOリーシュプラグは、外れたり破損したという報告は一度もありません。
安心してご使用ください。

ウレタン、ポリエスター製サーフボードの修理について

小さな傷の修理は、ポリエスター修理用、または紫外線硬化キットで簡単に直せます。

EPS、その他エポキシ製サーフボードの修理について

小さな傷の修理には、ホームセンター等で市販されている2液性のエポキシ樹脂を混合させ、硬化後にサンドペーパーで削りとることでリペアできます。 または、AVISOボード用の修理キットを流用してもマッチします。

大きな傷の修理について

ポリエスターはもちろん、EPS、KEAHANA、AVISOに代表されるエポキシ系ボードのリペアは、まずはナキサーフリペアサービスへお気軽にご相談ください。
<ナキサーフリペアサービス> repair@nakisurf.com

サーフィンは大自然の中で楽しむ海でのスポーツです。
フィールドでの状況判断は正確に行い、事故のないようにどうぞお気を付けください。

サイズに関して

弊社で取り扱いしているサーフボードは、1本1本がハンドシェイプで制作されていて、幅、長さ、厚み、という3つの数値だけではなく、ロッカーやコンケイブなども含めた、ボード全体でバランスをとりながら、1本のボードをそれぞれのシェイパーが完成させます。
そうして完成したボードを計測したときに、表記サイズ(オーダーサイズ)通りに100%厳密に完成するボードは、実際にはほとんど存在しません。
長さは1.5インチ(約3.8センチ)、幅は1/4インチ(約0.6センチ)、厚みは1/8インチ(約0.3センチ)、オーダーサイズと上記したサイズとの実測の違いは、許容範囲としてあらかじめご了承ください。
例外としましては、表記サイズと実寸が許容範囲を超えて仕上がってきた場合は、発送前にお客さまへ事前にご報告して、ご確認させていただいています。

エアブラシとペイントに関して

ボードを華やかににぎやかに彩るエアブラシやペイント。
サーフボードに施された個性的なカラーリングは、まさに芸術的なアート作品として、そのボードにより一層の輝きをあたえます。
シェイパーが職人であるならば、ブラシやペイントを施すペインターも、立派なアーティストといえるでしょう。
オーダーいただいたコダワリデザインが、サーフボードと融合して完成するのは、どんな高級な絵画を所有するよりも、大きなヨロコビを波の上でもたらしてくれます。
そんな芸術作品は、アーティストの感性と融合してこそ、さらにその輝きを増していきます。
見本となる写真やイラストをいただいて、ペインターに「このとおりに仕上げてほしい」と依頼しても、ペインターの感性がトッピングされるでしょう。
カラーの色味加減についても同様だとご理解ください。

たとえば、
濃紺でオーダーしたけど普通の青で仕上がった、
濃紺でオーダーしたけど濃い紫で仕上がった、
山吹色でオーダーしたけど普通の黄色で仕上がった、
臙脂(えんじ)色でオーダーしたけど普通の赤で仕上がった、
このような色のズレはどうしても発生してしまいます。
過去のオーダーを例にしても、決して少なくない割合で見受けられました。
今後も同様に仕上がってくるでしょう。
エアブラシやペイントに関しては、イメージ通りに仕上がってこなかったとしても、クレームや保証などの対象にはならないとナキサーフでは考えています。
キャンセルや値引きにも応じかねます。
これらのケースは基本的に保証等の対象外となります。
しかしながら、完成の際にはオーダーシートとボードを検品し、オーダー内容と大きく違っていると判断される場合は、完成写真をお客さまにご確認いただいて、発送前にご相談させていただいています。

その他の項目とも通じるところですが、アメリカではエアブラシやペイントは「実用品としてのサーフボードの性能の本質とは関係ない」と認識されているため、「オーダー通りに仕上げる」という部分からはどうしても軽視される傾向にあります。
イラストやブラシを原画通りの仕上がりを希望される場合は、地元のショップさんなどで、実際にブラシやペイントを施工する方とお話をしながら、オーダーをされるのがいいかもしれません。
こういったところをあらかじめご理解いただいて、ナキサーフでオーダーをいただければ、『よりすてきな一本』が完成するとわたしたちは考えています。

シェイパーサインに関して

COLE、Surf Prescriptions (DOC)、CANVAS、NATIONなど、シェイパーがシェイプするボードには、ユーザーネームのサインや、ボードサイズやレイル記号等の表記サインなど、基本的にすべてのボードに、シェイパー本人のハンドサインが記入されます。
しかしながら、ときどきユーザーネームのスペルが違っていたり、サイズ表記が違っていたり、また極まれにサインを書き忘れて仕上がってくるボードもあります。
そういったとき、特にカスタムオーダーの場合は(お客さまの想い入れを思うと大変申し訳ないのですが)、「実用性能に影響がない」という観点から、保証等の対象外とさせていただいています。
また、ブラシやペイントを入れた場合に、ボードに記載されたサインが読みづらくなることもあります。これらの状態が完成時の検品で確認された場合は、事前にご報告して、ご確認していただいてから、発送させていただいています。

グラッシングに関して

サーフボードブランドでの検品をクリアして、完成したものが基準となります。
通常オーダーの場合は、お届けするボードに細かなピンホール、デッキ、ボトム面の起伏、小さな引っかきキズなどが見受けられる場合がございます。
フォームに達しておらず、浸水の可能性がない、見た目上のバブル、ピットのようなものに関しては、ナキサーフでは修理をしておりません。
オーバーサンディングなどにより、クロス目が見える場合も稀にありますが、浸水の可能性が無い場合は、基本的に保証対象外となります。
その他にも、ブランクスのスクラッチ、樹脂内部に見える浸水の可能性のないキズなどは、基本的に保証対象外となりますので、あらかじめご了承ください。
通常オーダーを選択された場合は、弊社千葉倉庫での検品時に、フォームに達するようなピンホールや、爪が引っかかるようなキズが見つかった場合は、修理してからお客さまへ発送させていただきます。
いずれにしましても、上記したような細かなピンホールやキズについては、ボードの性能に影響を及ぼすものではありませんので、シェイパーが削ったすばらしいサーフボードで、心からサーフィンを楽しんでもらいたいと思っています。
弊社が取扱うサーフボードは量産品ではなく、すべてハンドシェイプの一本となります。
そのため、フォームの特性上シェイプ時に小さなキズや凹みの付く可能性があり、そこへ樹脂が極少量流れ込む「樹脂溜まり」があることがございますが、こちらはボード性能の本質に一切の影響がございませんので、どうぞご安心ください。

ラミネートとステッカーに関して

各サーフボードブランドのサーフボードには、ブランドロゴやモデルロゴ、素材などの、ラミネート(ロゴ)が封入されます。
それらラミネート等に関して、封入の有無やデザインやカラーの違い、位置が違っていたり、イメージと違う、また、ラミネートが反転して入っているものや、一部が折れてしまっているもの、入らずに完成してくるボードなども、まれにですがございます。
これらは完成後のクレームや保証等は対象外とさせていただきます。
その理由としましては、「実用品としてのサーフボードの性能の本質とは関係ない」ということ、また、カリフォルニアでのサーフボード制作の過程で、「ラミネート(ロゴ)そのものが重要視されていない」という理由などによるものです。
オーダーする側の日本人の価値観としては、「どうして?」「オーダー通りに仕上げてほしい」という気持ちも正直にあるのですが、10本のうち2~3本はそういった状態で仕上がってくる、という現実部分での判断基準というところで、あらかじめご理解いただけるとうれしいです。
ただし、発送前に事前にご報告させていただきます。

ストリンガーに関して

ブランドでの検品をクリアして、完成したものが基準となります。
ストリンガーがボードの中心から微妙にズレている固体がありますが、これはブランド(シェイパー)での検品で、ボード性能への影響はないと判断されて完成しています。
また、ストリンガーに小さな亀裂が入っていたり、ノーズ部分やテイル部分で小さく折れていたり、フォームとの間に隙間があるものもときどき見受けられます。
通常オーダーでの千葉倉庫での検品時に、それらの状態が確認された場合は、発送前に事前連絡させていただくこともございます。
ただし、その場合も強度や性能には影響がありませんので、クレームや保証等の対象にはなりませんので、あらかじめご了承ください。

フィンの浮き、沈みについて

カリフォルニアから完成してくるボードの中には、フィンを取り付けて、ネジを締め込んだとしても、フィンのベース部分がボードに完全に密着しなかったり、わずかに浮いたり沈み込んだりしているボードも含まれています。
3mmまでのフィンの浮きや、2mmまでの沈みは性能には影響がありませんので、ご安心してご使用ください。
それらがそうしても気になる場合は、紙ヤスリなどでフィンのベース部分やフィンカップを削ることで、完全にフィットするようになります。
お受け取りになったボードでどうしても気になる場合は、弊社でもメンテナンスが可能ですので、カスタマーサービスまでお気軽にご連絡ください。

ボードの凹みや割れ、ひっかき傷について

ブランドでの検品をクリアして、完成したものが基準となりますが、下記に関しては使用に問題がないため保証対象外となります。

  • 浸水の可能性がない凹み
  • 浸水の可能性がない割れ(内部の割れ)
  • ボード表面のひっかき傷

ただし、通常オーダー時の千葉倉庫での検品時に、浸水の可能性があるものはメンテナンスをする場合があります。
また、検品基準を超えると思われるキズや、使用上問題があると思われる症状が確認された場合は、発送前に事前にご報告とご相談をさせていただきます。

フォーム(ブランクス)のしみ、割れについて

ブランドでの検品をクリアして、完成したものが基準となります。
フォームのシミや割れ等については、強度や性能に影響がないため保証対象外となります。

エポキシ系ボードの仕上がりについて

EPSなど、エポキシ樹脂で仕上げるボードでカラー入りのオーダーは、通常ポリエスター製のものよりも、サンディング跡(クロスの目)が目立ち、オーバーサンディングのように見える場合があります。
また、エポキシ系のボードはフォームのセル(粒子)が大きいため、特に黒や紺などの濃い色については、色のフォームへの乗り具合が薄く完成してくる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

エポキシ系ボードのグロス&ポリッシュ仕上げについて

EPSなど、エポキシ樹脂で仕上げるボードは、グロス&ポリッシュ仕上げは不可となります。

サーフボードの重量について

サーフボードはそれぞれ工程が手作業で完成されるため、仮に同じ素材、同じモデル、同じサイズでも、仕上がりの重量についてはバラつきがあります。
ブランクスにも樹脂の吸い方には個体差があり、またグラッシング、サンディングの程度によっても、それぞれ違いがあるためです。
仮に「軽量仕様」や「プロ仕様」でオーダーされても、「何キロ以下で仕上がります」という明確な基準などはありませんので、あらかじめご了承ください。

FCSフィンプラグについて

現在、FCSフィンプラグは、フュージョンプラグと旧プラグが混在している状況です。
新プラグ、旧プラグをリクエストいただくことも可能ですが、ボードのシェイプ(ボトムのコンケイブの形状)や素材などによって、シェイパー側の判断で変更されることがありますので、あらかじめご理解ください。

グロスフィニッシュについて

グロスフィニッシュのボードは、擦り傷などが目立ちやすくなっています。
あまりにも目立つものに関しては、事前にご報告をさせていただきます。
軽度の擦り傷に関しては、その性質上のためご容赦ください。

ハイドロフレックスの仕上げについて

ハイドロフレックスは素材の特性上、表面に気泡が発生しやすく、極小さな多くの気泡が入っていますが、これは正常ですのでご安心下さい。

サーフボードデザインのアップデートについて

シェイパーは常に新しいシェイプを模索しています。
ノーズ、テイル、レイル、コンケイブ、ロッカーなど、モデルデザインには常に新しいアイデアを取り入れています。
同じモデルをオーダーされた場合でも、時期によっては細かなディテールが異なってくる可能性がございます。
ロッカーの具合やノーズの丸さ、スワローテイルの切れ込み具合などの調整は、モデルの特徴や性能をより引き上げるためのアップデートとなりますのでご安心ください。
サーフボード各モデル紹介ページの写真は、あくまでも撮影時点での仕様デザインとなります。

フットマークについて

フットマークのつきやすさ、つきづらさは、素材の違いやブランクスの個体差にもよりますが、主にクロスと樹脂層の厚みに大きく依存します。
COLEのボードはモデルの特徴とパフォーマンスを追及してサンディングをしているので、他ブランドのボードと比べてフットマークは付きやすい傾向にあります。
それゆえの『滑走の真髄』と呼ばれるそのハンドシェイプの比類なきボード性能をぜひご体感ください。

サーフボードの左右対称について

ハンドシェイプで造られるサーフボードは、手作りの芸術作品でもあります。
完全に左右対称で完成するボードはほとんどありません。
細かくみると左右非対称箇所は必ずあります。
そして、サーフィンは横乗りスポーツで、真っ直ぐ進むだけのスポーツではありませんので、そもそも左右対称である必要性もありません。

より詳しく説明いたします。
ブランクスを製作する段階で、ブランクスには不均衡な応力が生じています。
それを削るとと溜め込まれていた応力が歪みとなって表面に現れてきます。
プレシェイプから本シェイプに移行するまでの間、しばらく時間をおくことによって歪みを出し、その後本シェイプで調整をするのですが、その後も湿度や温度によっても歪みが生じることもあります。
また、グラッシング工程でも多少の歪みが生じます。
サーフボードに使用するレジンは、硬化すると数パーセント縮むことがその原因です。
もちろん、高精度で左右対称にすることは可能ですが、それによりボードの性能が格段に上がるかと言えば決してそうではなく、かかるコストも相当な物になります。
上記の理由に、より実用品としてのサーフボードには左右対称性は必要ないと判断し、製作を進めていることをご了承ください。
また、ハンドシェイプボードを3Dスキャンして製作するAVISOやFLEXLITE等のモールドボードに関しても、ハンドシェイプのボードが元になるため、左右非対称もそのまま再現されることとなります。
ボードの性能や滑走への影響はありませんので、どうか気にされず波乗りを純粋に楽しんでください。

サーフボードのモデルごとの違いと特徴について

ナキサーフで扱っているボードはシェイパーによってデザイン特性がまったく異なります。
ホームページに掲載されている情報以外に、より詳しい情報をご確認されたい場合は、ぜひカスタマーサービスまでお問合せください。
取扱いモデルに精通したスタッフが、丁寧にわかりやすくご説明させていただきます。
オンラインショッピングでは、アクセサリー類も含めて実物を見ないで買うわけですから、気になるご質問などはカスタマーサービスへお気軽にお問合せくださいね、

なお、一部携帯電話、一部プロバイダーから稀にshop@nakisurf.comへのメール送信ができないことがありますので、エラーとなった場合は、shop.nakisurf@gmail.comに送信してください。

初心者の方もサーフィンを楽しめるボードをご紹介します

ようこそサーフィンの世界へ!
NAKISURFを訪れていただきありがとうございます。
興味を持たれたブランドやモデルについての特徴、ご自身に適したモデル選びやサイズ設定など、わかりづらいこともいろいろあると思います。
モデル選びで悩んだ時はカスタマーサービスへお気軽にご連絡ください。

お電話: 0475-47-2619(受付時間:10~19時 月曜定休)
メール: shop@nakisurf.com

一年を通してほぼ毎日サーフィンしている弊社スタッフが内容をお聞かせいただいて、ていねいにディスカッションを重ねて、一人ひとりのお客さまにふさわしい“最高のマジックボード”を手に入れるお手伝いをしっかりとさせていただきます。
ぜひぜひお気軽にお問合せくださいね。

イラストやラミネート(ロゴ)の細かな指定について

イラストは描くアーティストの感性が活きるアートでもありますので、ボードに描かれたアートを完成度の基準とさせていただきます。
ラミネートの種類や位置指定に関しては、カスタムオーダーの場合も含めて指定どおりに仕上がらない場合がございます。
波乗りの本質に影響がないため、これらはクレームなどの対象にはなりませんので、あらかじめご理解ください。

納期について

サイト内でお知らせしている納期や、ご購入の際にお伝えする納期、そして制作過程でのお問合せに回答する納期はあくまで目安になります。
同時期にオーダーしたボードの完成時期が前後する場合もあります。
固体に適したブランクスの確保やグラスショップの進行工程など、それらの理由は多岐に渡ります。
納期を理由にしたキャンセルやご変更は基本的にご対応できませんので、あらかじめご了承ください。
納期を理由にしたキャンセルや変更等はキャンセル手数料が必要となります。
少しでも早くボードを手に取りたい場合は、ストックボードからのご購入がオススメです。

ボード完成の連絡にご返答がいただけない場合

カスタムオーダー及びオーダー中ストック用ボードをご注文のお客さまへは、ボード完成時にメールでご連絡いたします。
ボード完成のお知らせから1ヶ月間のHOLD期間がありますが、その間にメールおよび電話で連絡が取れなかった場合は、キャンセル対応等をさせていただきますのであらかじめご理解ください。

オーダーしたサーフボードのステータス(工程)について

オーダーいただいたサーフボードの制作状況ががどんな工程にあるのか、やっぱり楽しみに気になるものです。
ご注文いただいたカスタムオーダーボードおよびストック用オーダー中ボードのステータス(工程)を確認したい場合は、カスタマーサービスまでオーダーNo.を添えてお問合せください。
お問合せいただければ、その時点でのステータスをカリフォルニアに確認してお知らせさせていただきます。

下取りについて

置き場所に困ったサーフボードや自宅で眠っているボードなどありませんか?
ナキサーフではサーフボード購入の資金調達や買い替えにご利用していただくため2014年4月より下取りサービスを開始いたしました。
»下取り、委託販売の詳細をみる

フィン、DVD、時計、ボードケース、その他アクセサリー類の保証

到着した商品に初期不良の疑いが確認された場合は、必ず商品到着後3日以内にカスタマーサービスまでご連絡ください。
初期不良症状の詳細をご説明していただいて、製造メーカーへ確認を取り初期不良の判断をさせていただきます。
初期不良と判断された場合は、交換または無償修理にてご対応させていただきます。

サーフボードの保証、初期不良に関して

初期不良の疑いが確認された場合は、カスタマーサービスまで必ずご連絡ください。
初期不良症状の詳細をご説明していただき、製造メーカーへも確認を取り判断をさせていただきます。
初期不良だと判断された場合は、交換または無償修理させていただきます。
初期不良保証期間はお届け日より1ヶ月とさせていただきます。
それ以降は初期不良の可能性があるボードに関しても、保証ができかねますのでご注意ください。
なお、初期不良による値引要求などは一切お受けができません。

価格と返金を含む販売条件

弊社はオリジナル製品、特定の特別価格商品、アウトレット商品、サードパーティ製品を適正な価格にてご提供しております。
お客さまのご注文総額には発送時の製品価格、適用される消費税および送料が含まれます。
弊社は、ナキサーフで掲示されている製品価格を、特に誤った価格の表示があった場合、いつでも変更することができます。
NAKISURF.COMが発送から14日以内に発送済み製品の販売価格をキャンペーンなどで減額する場合、お客さまはカスタマーサービスにご連絡いただくことで、お客さまが請求された価格と現在の販売価格との差額を、ご購入いただいたお支払い方法で返金処理を請求することができます。
ただし、商品の発送から14日以内に弊社カスタマーサービスに連絡することが必要です。
また、弊社やメーカーの諸事情などにより販売価格を増額した場合、変更日の時点で該当商品について弊社と商談中のお客さまは、改定前の価格にてご購入いただくことができます。

購入したサーフボードを取り替え、または返品する場合

サーフボードに接着されましたデッキパッド、ステッカー、またはカラーリングやアクセサリー等の返金・交換は弊社では致しかねますので、あらかじめご了承ください。

Seeaの返品・交換・不良品について

商品が到着したら

Seeaの商品は発送前に検品をしていますが、商品が到着したら「不良箇所がないか」「ご注文内容に誤りがないか」を必ずご確認ください。

返品・交換について

Seeaは衛生商品ですので、基本的には返品や交換はお受け付けしていません。 ただし、サイズなどが著しく合わないなどの理由で返品や交換をご希望される場合は、NAKISURFカスタマーサービスまでご連絡ください。
以下の場合は返品・交換をお受けできませんので、予めご了承下さい。

  • 到着から10日以上経過した商品
  • 使用済みのもの、お直しをしたもの、洗濯やクリーニングされた商品
  • 商品タグ・ラベルが切り離された商品
  • お客さまのところで臭いが付着したり、汚れ、キズがついた商品
  • 商品(付属品も含む)を弊社へご返送いただいた時の状態が、お届け時と大きく異なっていた場合
  • Seeaのボトムの内側に貼ってある未使用の証明となる紙が剥がれている商品

不良品について

不良品がお手元に届いた場合は、すぐに交換対応をさせていただきますので、NAKISURFカスタマーサービスまでご連絡ください。返送にかかる送料は弊社で負担させていただきます。

裁判管轄権

ナキサーフサイトの販売における一切の事項は、法の抵触の原則にかかわらず米国カリフォルニア州法に準拠し、同法に従って解釈・執行されるものとします。

請求の制限

お客さまのナキサーフに対する請求訴訟は、請求が最初に発生した日から8ヶ月以内に起こされなければなりません。 この期限内に起こされない場合は放棄されたものとみなされます。

通信内容の公開

お客さまと弊社との間で交わされたメールや、その他の通信記録を第三者に公開することは基本的にありません。
また、お客さまが弊社の許可なく弊社からのメールを公開する行為はお控えください。

情報について

弊社はサイト内の情報の誤植には責任を負いません。
ただし、お客さまがご注文をされたときに、価格あるいは商品の供給可能性ついて誤植があった場合、お客さまがなされたご注文をキャンセルする権利を留保します。
弊社は販売する商品やサービス、それら商品やサービスに適用される価格をいつでも事前の告知なく変更できるものとします。
商品やサービスに関して提供される情報は古くなる場合があり、ナキサーフはそのような商品とサービスについて提供される情報を随時更新することをお約束いたしません。
また、ブログ掲載記事に関しては、掲載情報は古くなる場合があり、ナキサーフはそのような商品とサービスについての情報を随時更新することをお約束いたしません。
ナキサーフサイトおよびナキサーフは情報の正確性を期していますが、正確性や完全性の保証などを含め、ナキサーフサイトおよび情報についていかなる保証もしません。
誤植、および、その他の不正確な点や誤りが存在する可能性があります。
これらの規約は第三者の権利や救済を授与するものとして解釈及び構成はされません。

契約について

契約はこちらのリンク先をよく読み納得してからご購入ください。

お支払いをいただいた時点でこれらリンク先の免責事項等に同意いただいたものとします。
なお、これらに記載された事柄に関してクレームされた場合は、同意をしないで契約を行ったものと判断し、契約を無効とする場合がございます。
その場合および損害が発生した場合の返金額は、ナキサーフの諸費用等を引いた額となります。
商品お届け後において契約の同意が得られていないと判断された場合は、契約を無効とさせていただきます。
商品代金を返金いたしますが、お客さまに送料元払いで商品を返送していただきます。
返金額はそれまでのナキサーフ諸費用を引いた額となります。
ナキサーフは、お客さまの行動が明らかな営業妨害行為や明らかな違法行為がある場合、または第三者への誹謗中傷、名誉毀損が発覚、もしくはおこなわれた場合、ナキサーフスタッフへの暴言や暴力、脅迫が行われた場合、ナキサーフで対応できかねる要求を強要された場合など、必要に応じてお取引の中止やキャンペーン適用など各種サービスの中止を行う場合があります。
また、ナキサーフは、次の場合には契約を一方的に破棄、またはお断りをすることがあり、これらの判断はナキサーフ側でおこなうものとします。

  1. 申込時に虚偽の事項を通知した事が判明した場合
  2. お取引を続行することで将来的に業務に著しい支障きたすと判断された場合
  3. 支払い方法の不正利用時

ご返金について

ご返金の必要が生じた場合は、クレジットカードご利用のお客さまはクレジットカードへのご返金、銀行振込の場合は銀行振込でのご返金となります。
サーフボードや小物類のキャンセル、後日のキャンペーン適用や、同梱発送による送料の割引にて発生した余剰金によるご返金の場合は、ご返金手数料2,500円が必要となりますのでご注意ください。
クレジットカードへのご返金がお客様の銀行口座に反映されるまで、ご利用のカード会社、銀行、契約形態にもよりますが、2~6週間ほどお時間をいただく場合がございます。

ナキサーフに対する根拠なき中傷、事実と異なる情報を発見した場合

ナキサーフおよびナキサーフスタッフに対する誹謗中傷、事実と異なる情報発信、事実の一部のみを用いた印象操作は固くお断りいたします。
もしそれらを発見した場合、損害の発生が認められるようであれば、事の大小に関わらず最適な解決手段をとらせていただきます。

お取引中の事故等

ナキサーフは、お客さまとのお取引中に下記に定める事象によって生じた損害について、いかなる責任も負わないものとします。

  1. 天災地変、戦乱、政変、暴動、テロリズムとそれらの影響による損害
  2. 運送会社、空港、税関等の事故もしくは火災
  3. 官公庁の指示
  4. メーカー側に商品がある状態での盗難、火災等による紛失や破損
  5. 運送機関の遅延、不通、事故による納品の遅れ

規約改正について

ナキサーフは、お客さまの了承を得ることなく規約を変更することがあります。
この場合サービスの利用条件は変更後の規約に基づくものとします。

お客様同士もしくはお客様と第三者との間で生じた紛議

ナキサーフサイトの利用によるお客さま同士、もしくはお客さまと第三者との間で生じた紛議には、ナキサーフは一切責任を負わないものとします。

ナキサーフウェブサイト内の写真及び文章の使用について

ナキサーフウェブサイト内及びブログ内の文章・写真の無断転載や改変をしての転載を一切禁じます。
すべての内容は著作権法並びに国際条約により保護されています。
ご利用をご希望の場合はナキサーフカスタマーサービスまでお問い合わせください。

なお一部携帯電話、一部プロバイダーから送信される場合、shop@nakisurf.comへのメール送信ががエラーとなる場合があります。 その場合は、shop.nakisurf@gmail.comに送信をお願いします。

(契約条項の)統合性と分離性

いかなる免責事項等が違法、無効、もしくは何らかの理由で履行不能とみなされた場合、その事項は全事項から分離され、残存規約の効力や強制力に影響を及ぼすものではありません。

友人との同梱発送をお願いしたいのですが。

はい、可能です。
その場合はどなたかに代表者になって頂き、その方を経由してお問い合わせやご注文、ご質問をお願いします。納期のご質問や追加のご注文等もすべてを代表者を通してお願いします。
ボード代金や送料を各人のクレジットカードで分けて決済することも、もちろん可能ですのでご安心下さい。
複数人からのお問い合わせやご注文受付は、ご注文のやりとりに時間がかかってしまい決済や発送が遅れますので、避けてください。

オーダー中ストック用ボードの仕様は変更可能ですか?

ストック用オーダー中ボードの仕様変更は納期遅延、製作ミスの原因となる場合がありますので、変更内容に関わらず基本的にお断りをさせていただいています。

オーダーしようとしてたボードが売切れてしまいました

基本的にストックボードのご購入はお問合せをいただいた順になりますが、お支払いに関する情報をいただかない限りオーダー確定とはなりません。 3日間までのHOLDは可能ですのでご希望の場合はカスタマーサービスまでその旨をお伝えください。

ローン、分割払い、ボーナス払いは使えますか?

はい、ご利用可能です。詳しくはご利用のクレジットカード会社にご相談ください。

オーダーのキャンセルや、ボードの途中変更について

お支払いをいただいた後のキャンセルにつきましては、以下のキャンセル料がかかります。

  • ロングボードの場合(AVISOを含む):25,000円
  • ショートボードカスタムとAVISOショートボード(受注製作)の場合:15,000円
  • ストックボード(オーダー中ストック用ボード、オーダー中ストック用AVISO)の場合:8,000円
    (特殊サイズ、オプション仕様、ペイントの入ったボード、受注製作AVISOの場合、上記金額にプラスされることがあります)

アクセサリー類のキャンセルの場合は、商品価格が10,000円未満の場合はキャンセル料がかかりませんが、10,000円以上の商品の場合は商品代金の10%がキャンセル料となります。
お客さまのご都合によるキャンセルなどで一部返金の必要が生じた場合、上記金額に加え一回のご返金につき返金手数料が必要となります。
また、お知らせさせていただいた予定発送日まで48時間を切った状態、また発送後のキャンセルは受け付けることができませんのであらかじめご了承ください。

お支払いをいただいた後のボード変更(仕様変更ではなくボード自体の変更)の場合は、以下の変更手数料が必要となります。

  • ロングボードの場合(AVISOを含む):12,500円
  • ショートボードカスタムとAVISOショートボード(受注製作)の場合:8,000円
  • ストックボード(オーダー中ストック用ボード、オーダー中ストック用AVISO)の場合:3,000円
    (特殊サイズ、オプション仕様、ペイントの入ったボード、受注製作AVISOの場合、上記金額にプラスされることがあります)

お客さまのご都合によるキャンセルなどで一部返金の必要が生じた場合、上記金額に加え一回のご返金につき返金手数料2,500円が必要となります。
また、お知らせさせていただいた予定発送日まで48時間を切った状態、また発送後のキャンセルは受け付けることが出来ませんのであらかじめご了承ください。

送料はいくらですか?また代引き発送はできますか?

送料に関しては下記をご覧ください。

»送料一覧表を見る

代引きに関しましては、サーフボード、受注製作商品(写真、アパレルなど)以外の小物アイテムは対応可能です。

値引きできますか?

値引き交渉は一切をお断りをしています。

デッキパッドをボードに貼って送ってくれませんか?

運送中に歪んだり剥がれてしまう可能性があります。また貼った位置がお客様の好みに合わない場合などもありますので、基本的にはお断りさせていただいています。

日本に着いたときにボードが破損していたらどうなりますか?

・ご自宅までの配送の場合

厳重に包装してお送りいたしますが、破損の可能性はゼロではありません。運送途中で破損が見つかった場合は、保険を適用し修理をさせていただきます。
お客様のお手元に到着した際に破損が見つかった場合は、ナキサーフが連絡窓口として対応することも可能ですが、基本的にお客様と宅急便会社との交渉になります。運送中のトラブルでの破損によるナキサーフからのディスカウント、一部ご返金、賠償等は不可能であくまで運送会社からの保険のみとなります。
ボードが到着しましたら、すぐに開封されてチェックをしてください。破損が発見されましたら、必ず商品到着後24時間以内に「ナキサーフと運送会社両方」にご連絡ください。その際、必ず「配達伝票を保管の上、梱包材等をお取り置きし、商品を未使用のまま」にしてください。また、破損個所の鮮明な写真撮影も必ず撮影していただきます。使用された形跡があった場合はいかなる症状でも保険は使えません。到着後24時間の期限を過ぎました商品に関しましては、保険を適用できませんのでご注意ください。
保険適用の例ですが、ヘコミ、小さなヒビ程度では適用は不可能です。大きな割れ、もしくはノーズの折れ(5センチほどのもの)ですと保険修理となります。全額保障、代替品との交換はボードがまっぷたつに折れている程度でないと出来ません。なお返品は受け付けることが出来ません。これらをあらかじめご理解ください。

・各所ピックアップの場合

お受け取りの際に必ずキズ等のチェックをお願いします。一旦お受け取りになられたボードに関しては一切のクレームをお受けすることができません。
ナキサーフではカリフォルニアオフィスからの発送前に検品を行っています。傷があった場合などはその都度必ずご連絡をいたします。

買ったものがイメージと違ったので返品したい

ご注文後のお客様の気が変わった等のキャンセル・返品・交換等は可能ですが、キャンセル料がかかります。また、お客様カスタムオーダーのエアブラシやペイントがお客様のイメージと異なる場合がございますが、この際のクレームは一切受け付けられません。グラッシングの仕上げは工場から渡されたものを基準としますのでノークレームにてお願い致します。

予想納期をオーバーしたら?

カスタムオーダー及びオーダー中ストック用ボードをご購入の場合にお知らせする納期は一切の保証が出来ません。あくまで目安とお考えください。また、予想納期をオーバーした場合も一切の保証は行いませんのであらかじめご了承ください。納期の遅れを理由とした値引き交渉やキャンセルはお受けすることは出来ません。
アメリカのサーフボード業界はプレシェイプ、シェイプ、ペイント、グラス処理がすべて別の工場で行われています。またボードナンバー順やオーダー日順に作業を進めるということもないため、進行が非常に把握し辛いものとなっています。納期の前後も珍しいことではありません。もしお急ぎの場合はストックボードからのご購入を強くおすすめします。これらの事情を理解し納得した上でご購入ください。

掲示板に書き込んだものが消されているのですが?

個人情報や公序良俗に反する書き込み、他サイトの宣伝、事実と異なる書き込み、ナキサーフおよび他社への誹謗中傷、ナキサーフへのクレームなどはナキサーフ側の判断で削除いたします。営業上の損害が出た場合は法的措置を行いますのであらかじめご了承ください。

注文メールを出したのですが返事がきません

届いたメールは土日、祝日に頂いたもの以外は、ほぼ全て24時間以内にご返答いたしております。
メール送信後48時間が経過しても返信が無い場合、メールが届いていない可能性がありますのでその場合はもう一度ご連絡をおねがいします。
なお一部携帯電話、一部プロバイダーから稀にshop@nakisurf.comへのメール送信が出来ないことがあります。その場合は下記のメールアドレスまでご連絡ください。
shop.nakisurf@gmail.com

ボードにフィンは付属しますか?

サーフボードにはフィンは付属されておりません。
フィンの付属が必要な場合には、フィンオプションよりご希望のオプションをご選択の上、商品をカートに入れてください。
ロングボードとシングルフィンボード、その他一部ボードのセンターフィン(ボックスフィン)に関しても同様に付属されておりませんのでフィンオプションよりご希望のオプションをご選択ください。
なお、付属フィンはサーフボードと同時購入されますとお得な設定となっていますので、ぜひこの機会にご検討ください。

4フィン、5フィンのボードの付属フィン

4フィン、5フィンボード付属のバックフィンですが、シングルフォイルの場合もダブルフォイルの場合もあります。どちらの場合もボードは正常に機能しますのでご安心ください。
なお、ご指定も可能となっています。その場合は発送48時間前までにご連絡をお願いします。

フィンがはまりません

特にFUTUREの場合、加工精度が低くフィンがはまらないことが稀にあり、その場合はやすりでフィンを削っていただく必要があります。
ボードに付属させていただくフィンに関しては事前にこちらで事前に挿し込みチェックを行っていますので大丈夫ですが、締め付けテストは傷がつく恐れがあるため同梱予定のフィンでは行っておりません。単品でご購入、追加でご購入されましたフィンについては挿し込みチェックを行っていません。このような作業が必要となる可能性があることをあらかじめご了承ください。
FUTURE、FCSともに奥までしっかり入らず少し浮く場合もありますが締め付けてしまえば問題ありません。

FCSとFUTUREはどちらがオススメですか?また、オンフィンはどうですか?

特にこだわりが無いようでしたら、全体的に軽く仕上がるFCSがオススメです。
オンフィンは取り外しが出来ませんが、フィンカップ等が無い分さらに軽く仕上がります。
またFUTUREはフィンベースの素材が柔らかくネジ山がほんの少しの力ですぐにネジが空転してしまいます。細心の注意のうえお取り付けください。ただその状態でも固定は可能です。(ご使用前に手で引っ張りテストを行ってください)

すでに売れてしまっているプロ仕様ボードと同じものを購入できるのでしょうか?

各プロライダーの詳細なディメンションデータを管理しておりますので、そのデータに基づきカスタムオーダーとして受け付けます。ただしプロ専用に供給されるラミネートなどは付きません。

入荷予定が未定だった商品を待っていましたが、いつの間にかブログに掲載されて売り切れになっていました。予約したり、入荷したらメールで知らせて頂くことは出来ないのでしょうか?

基本的に入荷が未定のアイテムに関しては、正式なご予約は受け付けておりません。
ただ、その時点でお支払いが発生しない「仮予約」として、リクエストいただくことは可能です。
「仮予約」いただいた商品に関しては、入荷があり次第、メールでご連絡させていただきます。
(ただ、あくまで入荷が未定のため、納期はお約束できませんので、ご了承ください)

プレシェイプとなっているオーダー中(製作中)ストックボードを注文した際、カラーやロゴの位置などの確認も可能でしょうか?

現在オーダー中のボードについては、カラーやロゴ位置は基本的にシェイパー、ファクトリーにお任せとなっているため、完成前に指定や確認はできません。

カスタムオーダーの流れを教えてください。

正式にカスタムオーダーしていただく場合は、カスタムオーダー専用フォームに情報を入力後、ご送信ください。

一般的なご質問の回答や免責事項も下記のページに書かれておりますので、オーダーされる前に必ずお読みになり、納得された上でご注文ください。

・お買い物について
・ボードや素材などについて
・セールスポリシー

ボードの仕様の途中変更に関しては、進行状況によっては可能ではあるものの製作ミスや納期遅延の原因となる可能性がございます。また変更手続きが通らない場合、変更手続きが完了しても完成時に適用されてこない場合もございますので慎重にオーダーフォームのご記入をお願いします。

»カスタムオーダーフォームはこちらです。

納期はどれくらいかかりますか?

サイズが特殊なものやファンボードなどの特殊オーダーに関してはばらつきがあります。
なお現在弊社側からお客さまに各工程の移動を連絡する等のご対応は行っていませんが、メールでお問い合わせいただければ状況をお調べしてお知らせしますので、お気軽にご連絡ください。

TYLER WARREN

ポリエスター 4~6ヶ月

EC SURFBOARDS

ポリエスター 2ヶ月半

NATION

ポリエスター 3ヶ月半

CANVAS

ポリエスター 6ヶ月

Surf Prescriptions(DOC)

ポリエスター 2ヶ月~2ヶ月半

※ 以上の予想納期は一番シンプルな形であるクリアーボードでのオーダー時の目安です。
ブラシ入り、ペイント入りの場合はそれぞれ+4週間、グロス&ポリッシュ仕上げの場合は+3週間ほどかかります。また特殊サイズ、特殊オプションのボードに関しても同様に上記の限りではありません。

以上の納期はあくまで目安であり、確実に保証をするものではありません。
全体の25パーセントほどのボードがこの納期をオーバーしているのが現状です。サーフボードの納期は非常に把握がしづらく、また予想納期をオーバーしても基本的に補償等は出来かねますのであらかじめご了承ください。

カスタムオーダーの際、マーク(ディケール)の位置、種類は自由に指示できますか?

簡単なラミネートの位置や種類の指定なら可能です。ラミネートの位置などが分かる写真、説明等を添付していただければご希望に添ってオーダーいたします。
ただし、アメリカではディケールはボードの性能に関係が無いため軽視されがちで、ご希望通りに仕上がらない可能性があります。また、デザインの違い、間違い(ラミネートの大きさ、位置、イメージとの相違等)を理由とするキャンセルやクレームはクレーム対象となりません。あらかじめご理解ください。これらの事情をご理解のうえオーダーをお願いします。

自分の名前やエアーブラシ、アートを入れたいのですが?

オーダーの際にリクエストして下さい。見本の写真やイラストをオーダーフォームに添付していただくのが一番確実です。ただし、細かい指定はアメリカでは軽視されがちです。なぜなら「サーフボード性能の本質とは関係ない」からです。
仕上がったものがお客様のイメージと違ってもキャンセルや値引きには応じかねます。カラーやブラシについて非常に細かな指定がおありの方は、日本国内でされることを強くお勧めします。またペイントはご使用や発送後の擦れにより剥がれる事がありますが、弊社ではペイントに関し一切の補償を行いませんのでご理解ください。またサインの記入ミス、サインが入ってこないで仕上がって来るボードも相当数ございますがサインに関しては保証対象外となっておりますことをあらかじめご了承ください。
また、ブラシやアートを入れる事でボードに記載されたスペックが読めなくなることもありますがこれは必然ですのであらかじめご了承ください。

お問合わせ・ご注文

カスタムオーダーはこちら

NAKISURFオンラインストア