新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

EC SURFBOARDS

【2018年11月1日(木)~2018年12月31日(月)】
2018冬のボーナスキャンペーン開催中!

■ サーフボード本体価格より10,000円OFF!
■ 13周年を記念して、11/1~11/30 → 『早割プライス 5,000円OFF』

※各ブランドの新規カスタムオーダーボード、新品ストックサーフボードすべて対象
※アウトレットボード、中古ボード、コンサイメントボード、キャッチサーフは除く

詳しく見る

EC SURFBOARDSのサーフボードデザイン、シェイパーを務める、ECことエリック・クリステンソン。
カリフォルニア・コスタメサに住まい、サンタアナにシェイプベイを構える。
ここにはブライアン・ミラーもよく訪れ、エリックとサーフボード談議をすることで知られている。

— エリック、あなたが考える究極のサーフボードというのを教えてください。

速く、より速く。それだけでなく、速くなれば、操作性が損なわれるのが常だが、速く、そして操作しやすい。それが私のサーフボードの究極です。
私と兄(クリス・クリステンソン)は同様なアプローチをしているんだ。
それはスキップ・フライの後継だと常に感じている。
なので全てのボード、そして私が好きだったショートボードをラインナップに据えているんだ。
私のサーフ人生で1番感銘を受けたのが、『ザ・サーチ(The Search)』というムービー内で、トム・カレンがスキップのフィッシュでJベイを滑ったラインなんだ。
あれは衝撃と言ってもいい。
当時はVHSテープだったので、そのシーンを少なくとも1000回は見ました。
VHSテープのその箇所がすり減って切れてしまって、もう1本買ったほどなんだよ。
あのまろやかで速いライン、さらにクラシックというのは、当時のサーファーの理想だったんだ。
ナットヤングが、ジョージ・グリーノウのフィンでターンの概念を覆したように、トム・カレンがスキップのフィッシュでサーフィン界に新時代の扉を開けたんだよ。
温故知新というように伝統的なマニューバーを磨き上げるように。
それで、私と兄はたまらなくなって、スキップのところまで行き、そのトム・カレン・フィッシュをオーダーしたのさ。
なぜなら、当時兄(クリス・クリステンソン)は、サンディエゴのシーワールドドライブにサーフボード工場があり、スキップのシェイプベイとは近く、先に兄のフィッシュが完成し、その後で私のボードだというので、
スキップにお願いして、シェイプの一部始終を見せてもらったんだ。
当時の私はまだ駆け出しのシェイパーで、兄のシェイプを見続けて、自分流で、しかも兄を越えようと努力していたときだから当然のことだよ。
スキップは、サーフボードに対して真剣に向きあって、さらにはそのラインを出すのに、ゆっくりと、そして一回一回の動作をゆっくりとやっていたんだ。
これが自分にとって欲しかった答えで、それからは、時間をかけてシェイプすることに歓びすら感じられるようになったんだよ。
それまでは、兄や他の有名シェイパーのように1日に何本も削り、それをプロダクションにしないと、ビジネスは成立しないと信じこんでいた。
けれど、スキップのように自分のペースで、サーフボードに真摯に向きあえばいいのだと、確認したんだ。
自分でもスキップのコピーを作ってみたり、そんなことから私のフィッシュに対しては、より深い思い入れがあるのかもしれないね。
魂を持ってサーフボードに向きあうことをしっかり学ばせていただいたよ。

— NAKISURF、日本のファンに伝えたいことはありますか?

私が真剣に20年間向きあってきたサーフボード。
(エリックは1977年生まれ)
ただ販売するだけではなく、思想はもちろんのこと、サーファーのレベルや要求を受けてシェイプできる事に歓びを感じているよ。
それまでは、乗り手が見えない中での手探りだったけど、NAKISURFチームの考えるサーフボード。
重さや強度、浮力、回転性、フィンのセットアップにいたるまで、細かく設定して、サーファーの体型やレベル、そして要求を汲み取り、そこに向けて究極のサーフボードを完成させることができるのが、本当にうれしいことさ。

“NAKI×ECのインタビューより抜粋”
インタビューの全容はこちらから↓

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/91268

下記に掲載のないECシェイプのモデルも随時オーダー可能です!
EC Surfboardsのウェブサイトをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

http://www.ecsurfboards.com/

 

Cosmic Fonzer

The Ultimate Glider(究極の滑走板)

価格:123,000円~(税抜き)

◆こんな波にオススメ!

  • ある程度掘れた硬い波質
  • ポイントブレイク(マッシーからバレルまで)
  • 胸〜頭オーバーサイズのパワフルブレイク

さらに詳しく見る

ecDoseIt

最先端のショートボード / フィッシュ

価格:123,000円~(税抜き)

◆こんな波にオススメ!

  • サイズのあるオープンフェイス波
  • ポイントブレイク(マッシーからバレルまで)
  • 小波~頭オーバーサイズまでカバー

さらに詳しく見る

Evil Twin

ECのサンディエゴフィッシュ

価格:123,000円~(税抜き)

◆こんな波にオススメ!

  • サイズのあるオープンフェイス波
  • ポイントブレイク(マッシーからバレルまで)
  • 小波~頭オーバーサイズまでカバー
  • 波を選ばない汎用性が頼もしいモデル

さらに詳しく見る

ecImmons

衝撃的な滑走と操縦安定性。本格ミニシモンズ

価格:123,000円~(税抜き)

◆こんな波にオススメ!

  • 小波~頭サイズ、たるい波から面の張った波まで。
  • 掘れた波では速さを活かした滑走で疾駆!!
  • 特にショルダーの張った波でのカットバックはクセになります。
  • 波を選ばない汎用性が頼もしいモデル

さらに詳しく見る

Freeride Fonzer

ボンザーの決定版

価格:123,000円~(税抜き)

◆こんな波にオススメ!

  • サイズのあるオープンフェイス波
  • ポイントブレイク(マッシーからバレルまで)
  • 小波~頭オーバーサイズまでカバー

さらに詳しく見る

 

Instagram @ecsurfboards

  • 97x22 1
  • I really l
  • A dreamer
  • I never me
  • 55x21x2
  • 80x22 3
  • 74x22x2
  • 56 ecduz
  • 76x22 1
  • 80x22 1
  • 58 EvilT
  • 66x22x3