ナキサーフカリフォルニアスタッフがCOLE(コール)、AVISO、CANVAS(キャンバス)、DOCなどの最新情報をお届けします

【お知らせ】
2012/2/1よりカリフォルニアスタッフブログは、ショールームブログと統合されました。
»新生スタッフブログはこちらからどうぞ。

EPSの疑問?ブランクス大実験

アジア諸国で大量生産されるサーフテック、サンタクルズなどのEPSフォームは
ボードを傷つけてしまうとすさまじく吸水するというのが定説です。
が、最近になりマーコ、アメリカンブランクスという新世代のEPSフォームが登場してきました。
今まで非常にもろく、ハンドシェイプが難しかったものとは違い、ロストのメイヘム、
コールなどカリフォルニアのシェイパーが相次いで導入を決定しました。
先日のローワーズコンテストではシェーン・ベッシェンやシエィ・ロペス、他多数の
プロが使用して非常に高い評価を得ています。

サーフボードに必要なしなりが十分あり、フォーム自体が非常に軽いので、今までのブ
ランクスよりもはるかに巻きを強くでき、比較にならないほど強度的が上がっています。
XTRよりも軽いという夢のようなボード、唯一の不安はもしボードを傷つけてしまったら
そこから大量に水を吸ってしまうのでは?という噂がありました。
それを確かめるためクラーク、XTR、マルコ(EPS)、アメリカンブランクス(EPS)、
サーフテック (旧EPS)で吸水の実験をしてみました。

それぞれのフォームを1センチ角に切り、重りをして10分間放置、そして重りを外すとどうなるのかという実験です。
 こんな感じで重りをのせて10分


C、クラーク
約1/3が浸水。これを基準としてみます。


S、昔のEPS
柔らかく、目が粗いのでかなりの勢いで浸水しています。約3/4が浸水。


X、XTR
少し浸水。さすがに重りをのせただけあって少し沈んでいます。


M、マーコ
約1/3が浸水。クラークとほぼ同じです。


A、アメリカンブランクス
約1/3が浸水。マルコ、アメリカンブランクスは非常に似ています。

※結果
EPSは多少、吸水します。
ただ以前のEPSフォームに比べると全くと言っていいほど吸水しません。
実際コールによると、昔のEPSと比べ、これら2社のEPSフォームはずいぶん進化して、名前が一緒の別な素材だと言っていました。

もしボードを深く、つまりフォームまで達するほど傷つけてしまったらその時は修理が必要です。
ですが、実際にはクロス量が倍程度、そしてエポキシの強度と相まって、よほどのことがない限りフォームまで届く傷は負わない、ということも付け加えておきますね。


8 thoughts on “EPSの疑問?ブランクス大実験

  1. ふなき

    EPSという昔からの表記を変えれば誤解されないのに…。
    村上龍と村上春樹くらい違いますね。

    または安西水丸と沢野ひとし画伯。

    よけいわからないですね。(笑)

  2. ふなき

    これ、カテゴリーを未選択から「素材テスト」みたいなのに変えてください。

    このページを探すのに20分…。
    お願いします。

  3. copiil

    EPSはフォームの強度よりラミネートで持たせているんだな~と実感。ラミネートが厚くなれば変色しますよね(ラジコンで得た知識ですが)エポキシ樹脂の弱点。

  4. ボンザ

    EPSのフォームは通常のフォームと比べて高価なものなのでしょうか。

  5. 柳瀬 / ナキサーフ

    ボンザさん

    はい、EPSブランクスは通常のポリウレタンブランクスに比べて少し価格は上がりますね。

    どうぞよろしくお願いします。

  6. moto.

    lostのRNF(サイズ5’9 20.15 2.5),Markoフォームの板を浸水させてしまったようです・・・デッキパッド,フィン込みで3.8kg.これってかなり重いですよね?回復させる方法は無いでしょうか??

  7. 柳瀬 / ナキサーフ

    moto.さん、こんにちは。

    うーん、少し水が入ってしまったようですね。
    ただ、キズの部分を下にして、風通しの良い日陰で数日保管すればある程度は水を抜くことができるはずです。

    EPSに関わらず、どの素材も新品同様にすることは、難しいですが、ぜひお試しください。

    どうぞよろしくお願いします。