ドナルド・タカヤマ と ジョエル・チューダー

未分類

11月16日は、ドナルド・タカヤマさん(1943年〜2012年)の
73回目の誕生日でした。

ハワイで生まれ、ワイキキでサーフィンを始めて
子どもの頃から自分のサーフボードのシェイプを始めたタカヤマさん。
最初のボードはレッドウッドを削ったもので、しかし重すぎて持ち運びができず
海岸の砂浜に埋めてサーフィンする時に掘り起こす、
を繰り返していたとか。
今の時代なら、考えられないお話です。

そのボードを見た人から、カリフォルニアに来ないか、と誘われ
わずかなお金を手にロサンゼルスに降り立ったのはなんと
ドナルド・タカヤマさんがまだ、13歳の時!
そこからメキメキとシェイピングの腕を磨き上げ、
レジェンドとしての歴史を刻んできたのですね。
本当にすごい方です。

donald
@surfboardsbydonaldtakayama
上段左端がタカヤマ氏

シェイパーとしてのみならず、サーファーとしても有能だった彼は
Surf Crazy(1959年)や、Barefoot Adventure(1960年)などのフィルム作品で
まだ10代でありながら、美しいハワイアンスタイルのサーフィングを披露。
僕は作品を拝見したことがありませんが、
タカヤマさんの15歳の時の映像を見つけたので、下にリンクを貼りますね。

そして、後に運命的に出会うのが
天才カリスマ、ジョエル・チューダーさんです。
先日来日もされていて、お会いになられた方もいらっしゃるかもしれません。

dandj
@joeljitsu

14歳の頃から既にプロに転向し、15歳では優勝、
22歳でワールドチャンピオンに輝いたジョエルさんは
タカヤマさんと出会って、歴史とスタイルも習得してきました。

ロングボードに主眼を置かれているように思われがちのジョエルさんですが
実は昔から、長さに関係なく
波に合わせてのボード選びでサーフィングをされているようです。
ロングならばスタイル、という考え方をされているだけで
決して、ロングボードしか乗りません!という事ではないんですね。
そのような柔軟性は どの世界においても、
自身を大きく飛躍させる要素のひとつであるように、僕は感じます。

今日の動画では、そんなジョエルさんの
ボードコレクションが ずらりと並びます!
きっとマニアにはたまらない逸品も・・?
ひとつひとつ、丁寧に説明してくださるジョエルさんを見ていると
そのボードに対する想い入れが伝わってくるようです。

まずは、ジョエルさんの映像と
下には若き日のドナルド・タカヤマさんのサーフ風景をご用意しました。

ぜひ、ご覧になってみてくださいね!

*  *  *  *  *

ジョエル・チューダーさんのサーフボードコレクション、すごいです!

ドナルド・タカヤマ氏 なんと、15歳!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

NAKISURF千葉上総一宮

千葉県長生郡一宮町一宮9355-10
TEL:0475-36-3883

営業時間:10:00~18:30
定休日:金曜日(他、臨時休業日あり)
※平日は外出している時間帯もございますので、ご来店の際にはご連絡ください。

2022年 7月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

定休日

はぎうだ

はぎうだ

スタッフ萩生田のブログページはこちら♪

なかがわ

なかがわ

スタッフ中川のブログページはこちら♪

あすか

あすか

スタッフ高橋のブログページはこちら♪

アーカイブ

TOP