マンデーブログ ー 1本の重み、それは輝く未来への道しるべ

未分類

srblog20130826a

異端児と呼ばれ敬遠されたこともある。

風雲児と言われ賞賛されたこともある。

ただいつも僕らの注目を引きつけて、
感動させ続けてくれることに異論を挟む余地はない。

「4000本」の意味は大きい。

しかし初めて打った1本も、記録に残る1本も、
そのすべてに途方もないドラマがあるのだろう。

その英雄は4001本目も「同じように大事な1本」だと言った。

ぼくらが次につかむ「1本」は、
はじめて乗った1本の波と同じ価値を持たせられるのだろうか?

次に出会う1本に思いを込めて・・・

ーfacebookナキサーフページよりー

https://www.facebook.com/nakisurf

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

.

srblog20130826b

波乗りを始めたばかりの頃は、

波がきたら必死にパドルをして、

もがくようにテイクオフして、

ヘトヘトになるまで遊ぶことがサーフィンだと思っていました。

しかし、

まわりにいたセンパイに聞いたり、

海で目にする上手いサーファーたちを真似て、

さらには家でサーフィンビデオ(今はDVDですね笑)を見て、

上手く波をゲットするコツや、

波の乗り方などを学ぶことになります。

「どのようにすれば今よりもっと上手く乗ることが出来るのか」

その向上心は今も自分のサーフィンの根幹にあり、

毎セッションで一喜一憂しています。

.

srblog20130826c

サーフィンが面白いなぁと思う点は、

その環境に大きく左右されるところです。

日々、通い詰めるスポットが無人だったときは、

乗り馴れた波だけに好き放題乗ることができます。

一方で、

はじめて訪れたスポットでは、

一本目を乗るのに慎重になったりします。

ましてや大波の日などは、

じっくり考え抜いて一本を手にするということも。

.

srblog20130826d

もう9年近く前ですが、

フィジーのヴィナカという未開スポットにトリップしました。

そのチョープーのような波質に恐れをなして、

一日に一本乗れるかどうかという経験と、

自分の小ささを分からされてしまいました。

そのときは弊社主宰のふなきや、

他プロサーファーと一緒だったのですが、

彼らのサーフィンをじっくり見ていても、

自分が乗るイメージを抱くことができずに、

たった一本の大きさを実感したことを思い出します。

.

srblog20130826e

サーフィンを続ければ続けるほどに、

同じ一本の波でも、

このような大きな違いがあることを、

身をもって知らされていくように感じます。

.

ichiro_yankees

冒頭の言葉は、

もちろんイチローさんの4000本安打からですが、

インタビューからは1本の重みがひしひしと伝わってきました。

「達成するまでの道のりを知らずして、4000本を語るなかれ」

言外からはそんなことを感じ取りました。

そして4001本目・・・。

その後のインタビューが、

ズバンとぼくのこころに突き刺さりました。

波乗りでもまったく同じことが言えるはずです。

「今この1本を大切にするからこそ、次の1本に輝きが生まれてくる」

その1本の重みは、

輝く未来への道しるべなのだと思います。

次に出会う一本を思い、

いつまでも夢を見ていられるサーフィン。

波乗りって本当にすばらしいですね!!

みなさんもステキな波乗りライフをお過ごしください。

(じゅん)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

NAKISURF千葉上総一宮

千葉県長生郡一宮町一宮9355-10
TEL:0475-36-3883

営業時間:10:00~18:30
定休日:金曜日(他、臨時休業日あり)
※平日は外出している時間帯もございますので、ご来店の際にはご連絡ください。

2021年 12月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

定休日

はぎうだ

はぎうだ

スタッフ萩生田のブログページはこちら♪

なかがわ

なかがわ

スタッフ中川のブログページはこちら♪

あすか

あすか

スタッフ高橋のブログページはこちら♪

アーカイブ

TOP