【マンデーブログ】端的に言えば「すごく速くて、ルース、そして反応が良い」ボードとは?

未分類

現在のサーフィン観には、

2つの大きな流れがあると言われています。

その2つとは、

「Shredding (シュレッディング)」と、

「Wave Sliding (ウェーブ・スライディング)」。

これはサーフィンのスタイルにも通じる、

大きな2つの流れとなっています。

 

hps-robo17

まず「シュレッディング」というのは、

いわゆるハイパフォーマンス系サーフィンのことで、

パワースナップなどの派手なリップアクション、

長きに渡り主流となっていた攻撃的マニューバーを表しています。

※サーフラインでの「Shredding」の定義

http://www.surfline.com/surfing-a-to-z/shredding-definition_69650/

 

MiniNoserider08

一方で「ウェーブ・スライディング」とは、

ジョエル・チューダーを筆頭にカリフォルニアで再興した、

クラシックログ、フィッシュといったトランジションボードなど、

オルタナティブボードでのサーフィンを表しています。

「ウェーブ・スライディング」のもともとは、

行き過ぎたハイパフォーマンス系デザインへの、

対抗として生まれたアプローチだったようですが、

今ではニュースタンダードとなりつつあります。

(オルタナティブ・・・伝統・主流からはずれた)

みんなが同じような尖ったボードに乗り、

サーフスタイルという個性を失った世代への、

対抗的アプローチデザインだったのですね。

 

flying-turtle06

このライディング観の違いは、

ボードの見た目やマニューバーの違いだけでなく、

サーフィンに対するメンタル面の違いもある気がします。

「シュレッディング」なサーフィンでは、

スラスター(トライフィン)ボードが好まれます。

タイトでクイックな反応、

バーティカル(縦への動き)なマニューバー、

イージーな回転性を求めるデザインが主流です。

一方で、

「ウェーブ・スライディング」のサーフスタイルは、

シングルフィン、ツイン、クアッドなど、

フィンの数(に合わせたデザイン)も多種多様です。

ファット気味で浮力のあるボード、

テイクオフからグライドまで加速性を感じる、

レイルサーフィンを基本とするルースな乗り味など、

多様なマニューバーが魅力となっています。

 

srblog_SanO_Tyler_0498

名手タイラー・ウォーレンは、

オルタナティブボードの特徴をこう表現します。

「速くて、フリー。

オルタナティブなサーフボードに乗るときは、

スラスターとはまったく違う考え方をしなければならない。

まずメンタリティが違うんだ。

自分が何に乗っているかということを理解すること。

(オルタナティブボードと)スラスターとの大きな違いは、

レイルをしっかり使うこと。

もちろんテイル加重も大切だけど、テイルのみに偏らずに、

ぼくの場合、両足のつま先やかかとへの加重で微調整しているんだ」

タイラー・ウォーレンの代表作「Bar of Soap」など、

彼がボードをシェイプする際に意識することは、

「すごく速くて、ルース、そして反応が良い」

という、この3点を挙げています。

これはオルタナティブボードの魅力を、

ひいてはサーフィンの楽しさを端的に表しています。

▽タイラー・ウォーレンのサーフボードストック

https://www.nakisurfshop.com/SHOP/101712/list.html

 

srblog20140630a

もともとが自由を愛するサーフィンの気風において、

この「2つの大きな流れ」に境界線は存在しません。

もちろんショートとロングの垣根さえ、

本来なら存在するはずのないコトなのだと思います。

大きな海を行き交う潮流のごとく、

互いの流れが行き来し、

ときにはまじり合いながら、

それぞれの良さを高めていくカンケイ。

サーファーであるぼくらを主眼とすると、

多種多様なサーフボードがある今、

それはもっともシアワセな時代なのかも知れません。

「それぞれのボードを知ることで見える世界を楽しむ」

そこに本来の自由と個性があるのだと思います。

ハイパフォーマンスボードとオルタナティブボード、

それぞれ一本ずつをクルマに詰め込んで、

「今日の波はどんなコンディションだろうか?」

「その波をどっちのボードで楽しもうか?」

と、ワクワクしながら海に向かう朝。

サーフボードを選ぶ些細な時間も、

ぼくの人生には「かけがえのない欠片」になっています。

どうぞみなさまもスバラシイ波乗り時間をお過ごしください!!

(じゅん)

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

NAKISURF千葉上総一宮

千葉県長生郡一宮町一宮9355-10
TEL:0475-36-3883

営業時間:10:00~18:30
定休日:金曜日(他、臨時休業日あり)
※平日は外出している時間帯もございますので、ご来店の際にはご連絡ください。

2021年 9月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

定休日

はぎうだ

はぎうだ

スタッフ萩生田のブログページはこちら♪

なかがわ

なかがわ

スタッフ中川のブログページはこちら♪

あすか

あすか

スタッフ高橋のブログページはこちら♪

アーカイブ

TOP