千葉一ノ宮にあるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップ「NAKISURF ナキサーフ」。サーフボード入荷情報をはじめ、試乗レポート、セール・イベント情報、千葉周辺波情報などスタッフが毎日発信中!

Nakisurfスタッフブログ

タイラー・ウオーレンのサーフボード愛、ライディングも必見です!

2016年もあと半月となりました。
みなさま、どのような波に乗り、どのような1年となりましたか?

私はこの春に、初めてカリフォルニアに行ってきました。
そしてそこでは 幾つかの出逢いがありました。

フェイスブックやインスタグラムなど、SNSが発達した現代では
何万kmと海を隔てた遠い国の人々とも
一瞬で繋がることが可能なのですから、すごい世の中です。
余計な情報によるストレスも多い そんな社会となりましたけれど
上手に使いこなすこともできます。

例えば今も、カリフォルニアで知り合った方と 
メッセージの交換や、コメントをしあったり出来ることはうれしいこと。

そのひとりが、この方。
「今日はサーフボードがないから、貸してくれない?」
そう言ってオディシーを受け取ると、にこりと沖へパドルアウト。
・・うまいなあ!
彼のサーフィンの上手さに眼が釘づけになり、海から上がるまで追いかけていたほどでした。

そのあとの、クーラーボックスから出したビールの美味しかったこと。
サンオノフレの波を眺めながら語り合った時間は、今でも大切な想い出なんです。
写真家で映像作家、多才でやさしい、サム。


@samschafer

絶対に行きたい、
私がそう思っていた場所には ほとんど行かせてはもらえない、という
残念なCA旅でしたけれど、その中でこういう出逢いって宝物ですね。
次の旅の予定では、彼の作品を訪ねることも計画中です。

そんなサムが撮ったタイラー・ウオーレンさんの写真を
数日前のインスタグラムで見つけました。
タイラーさん、美しいライディングですね・・!


tyler warren by ©samschafer

今日の動画は、数週間前にアップされたばかりの
タイラーさんの映像をピックアップします。

サーフィンを、そして サーフボードを心から愛し
ご自身で常に研究し、精力的に制作を続けるタイラーさん。
サーフボードのプライベートコレクションもすごいんですよ!

この映像では、そんなタイラーさんのご自宅を訪問し
彼自身がコレクションボードを紹介してくださいます。
実際に各ボードのライディング風景もあるのですから、必見です!!!

9歳か10歳の誕生日に初めてプレゼントされたという、
推定70年代後半のツインフィンのボード。
これはその後の
タイラーさんの製作へのインスピレーションにも、大きな影響があったようです。
次々と想い入れのあるボードを取り出しては
熱心に説明をしてくださるその姿から、
ああ本当にサーフボードが大好きなんだなあと、愛を感じます。

世の中には色々なサーフボードがあって、それぞれ乗り味が違う。
フィンのセッティングや、どんなフィンを装着しているのかによっても
全く変わってくる。
その様々な感覚がおもしろいと言う、タイラーさん。

自分はショート、とか ロング、とか そんな風に決めつけることなく
私たちも波に合わせて 色々なサーフボードを選択できたら
きっともっと、サーフィンが楽しくなるのでしょうね!

サーフボードによるライディングの違いも、観ていておもしろいですよー。
ぜひ、ご覧になってみてくだいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。