千葉一ノ宮にあるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップ「NAKISURF ナキサーフ」。サーフボード入荷情報をはじめ、試乗レポート、セール・イベント情報、千葉周辺波情報などスタッフが毎日発信中!

Nakisurfスタッフブログ

【NAKISURF 週刊ニュース】冬の寒さ到来!防寒と動きやすさを兼ねた秋冬用ウェットスーツを徹底比較!!

秋のウェットスーツオーダーフェア 2017

期間:2017年9月1日(金)〜 10月31日(火)まで

□ 全対象モデル 定価から「5,000円」割引

□ ウェットスーツカスタムオーダー料 無料

対象モデル:ロングスプリング、シーガル、フルスーツ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/92102

 

【オススメのネックエントリー/2モデル】

今日はZ1のネックエントリーモデルから、

オススメの2モデルを徹底比較したいと思います。

まずは、それぞれの特徴を比較。

 

Z1 SURFSUITS『BLACK & WHITE』

https://www.nakisurf.com/wetsuits/z1surfsuits/black-and-white-ssr/

◆主な仕様

上半身:SSRラバーフォーム
伸び率100%の画期的ラバーフォーム
※腕部カラージャージ部分のみEXYを使用

下半身:EXY(イクシー)ジャージ
高伸縮性でかつ耐久性にも優れ、ソフトでしなやかな風合いをもつハイランクジャージです。

◆選択可能ジップシステム

ネックエントリー(専用ネックリング付き)

◆こんな方にオススメ
  • 春、秋〜冬にかけて快適なサーフィンを求める方
  • 運動性能と保温性を高次元で叶えるウェットスーツをお求めの方
  • ウェットを着ていてもストレスを感じないサーフィンがしたい
  • 動きやすさ、着心地の良さを重視される方

Black & White最新バージョンは最強の運動性能を誇るアクションスーツ。

「SSRラバーフォーム × EXY(イクシー)ジャージ」という、

スーパーストレッチ素材の組み合わせで、かつてない運動領域へ!

上半身には伸び率700%スーパーストレッチ素材SSR、

下半身は高伸縮素材EXYジャージを組み合わせた、

スーパーストレッチ生地使用のネックエントリースーツ。

膝エリアには運動力学を考えたテーピング3Dカットを採用し、

今までにないフィット感としなやかな伸縮性をもつウェットスーツです。

柔らかく包むようなフィット感、

サーフィンのアクションを重視した動きやすさ、

さらにネックエントリーの保温性を兼ね備えた最新理論のウェットスーツです。

 

 

Z1 SURFSUITS『TORNADE』

https://www.nakisurf.com/wetsuits/z1surfsuits/tornado/

◆主な仕様

表生地:エクスタジャージ
高伸縮性でかつ耐久性にも優れ、高いストレッチ性のあるジャージ素材

裏生地: スーパーファーベストマグマ
他メーカーでは扱えない特殊マテリアル。
遠赤外線パワーによる保温維持効果と優れた速乾性も併せ持つ高級素材。

◆選択可能ジップシステム

・ ネックエントリー

◆こんな方におすすめ
  • 最大限の運動性能と温かさの絶妙なバランスを狙う方
  • 冬~極寒期にかけても温かく快適なサーフィンを求める方
  • 冬場、一日に何度もセッションを重ねるため着脱の良さを考慮する方
  • 外側には伸縮性に優れたジャージ素材、内側には保温維持効果と優れた速乾性も併せ持つ高級素材ハイブリッドスーツ

至福の暖かさを誇るハイエンドのネックエントリーモデル『TORNADE(トルネード)』。

ステッチ部を極力排除することで、冷たい海水の侵入をブロック。

ウェット内に適度な空間を確保し、より温かく、より動きやすくを極限まで追求した最高峰モデル。

軽量エクスタジャージを全面に使用することで、

通常のラバー5 x3 mmフルスーツと比べてとても動きやすく、

肩周りも軽いのでパドリングが驚くほど快適。

また縫製部を極力減らし、

ネック部分や手足首の開口部を密閉することで浸水をカット。

内側の生地には「スーパーファーベストマグマ」を採用。

運動によって体から放射された熱を閉じ込めてしっかり保温。

波待ち中に寒くなってもパドリングすればすぐにホカホカしてきます。

 

【Black & White vs TORNADO】

Black & White

・スーパーストレッチ生地で運動性に優れている

・ネックエントリーのダボダボ感がなく適度なフィット感

・3Dカットで見た目のカッコよさやデザインに優れている

・腕や足の部分とステッチはカラーが選べる(ファッション性)

・真冬や寒冷地用に極暖仕様モデルが用意されている

→ 冬のシーズンを湘南エリアより西でサーフィンされる方

→ そこまで寒がりではなく、動きやアクションを重視される方

→ カラーやデザインを選びたい方

→ ネックエントリーの着脱にある程度は慣れていて苦手ではない方

 

TORNADO

・継ぎ目を極力抑えた構造で保温性が高い。

・浸水の可能性のある縫製部などがカバーされて防寒性が高い

・真冬用ウェットスーツなのに驚くほど軽量で動きやすい

・ジャージ素材のため無駄な締め付けがなく高い運動性を維持

・縫い目が少ないのでウェットスーツの耐久性が高い

→ 冬のシーズンを千葉エリアより以北でサーフィンされる方

→ 寒がりだけどラバーフルスーツの重さが苦手な方

→ カリフォルニア流オールブラック仕様(生地のカラーは黒限定)

→ ネックエントリーを初めてオーダーする方(着脱しやすい)

 

以上、2つのネックエントリーモデルを比較してみました。

今年の秋冬ウェットスーツをお考えの方は、

ぜひウェットスーツオーダーフェア期間中にどうぞ。

期間中、お早めのオーダーでしたら納期も早まりますので、

この機会にぜひいかがでしょうか!!

オーダーはこちらからどうぞ → オーダーフォームへ

.

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。