千葉一ノ宮にあるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップ「NAKISURF ナキサーフ」。サーフボード入荷情報をはじめ、試乗レポート、セール・イベント情報、千葉周辺波情報などスタッフが毎日発信中!

Nakisurfスタッフブログ

TYLER WARREN(タイラー・ウォーレン)_FUNCTION HULL(ファンクションハル)_小波でグライド!

こんにちは。

こちら一宮では連日小波コンディションが続いています。

ヒザ〜コシ、ごくたま〜〜〜にハラサイズのセットに乗れればラッキー!ぐらいな感じです。

そんな状況もあり、久しぶりに6`8のミッドレングスを持ち出してみました!

(みました!と言ってもスタッフ萩のなんですが 笑)

TYLER WARREN ” FUNCTION HULL “

6`8×20-1/2×2-1/2

 

Tyler Warren Function Hull

こんな方にオススメ!

  • アップス&ダウンズ滑走の決定版モデル
  • ロングボードから短いボードに移行する方
  • ショートボードからミッドレングスへの入口に
  • ダウン ザライン愛好家
  • 細かい技を繰り返すよりも真の高速グライドを体感したい

こんな波にオススメ!

  • 面のきれいな小波
  • サイズのあるオープンフェイス波
  • ポイントブレイク(マッシーからバレルまで)
  • ロングウォールのセットアップ

キーワード

ハルボトム、高速滑走、ドライブ感、無心ソアリング、ダウンザライン、アップス&ダウンズ、波上での悟り、ロングライド、無論グライド

 

“上昇気流に乗るようなソアリングの高性能ハル”

もしジョエル・チューダーが、そしてウエイン・リンチがタイラーシェイプから選ぶのはこのボードだろう。前足部にコントロールの中枢を備え、グライドさせながらソアリング(滑翔)させるというコンセプト。上昇気流に乗るようなライディングができる燦めき。パラレルスタンサーにも必携。タイラーの思想と、歴史を秘めたベリーボトム→パネルVEE→スパイラルVEEというストーリーがあるボトムコントゥアーを支える芸術的なモダンレイル。機能を宿した現代版ハルデザイン。見えない翼のカットバック。深遠な降下角、波のトップに閃く軸線、ボトムターンの舞、フラットセクション、小波、パーフェクト、オープンフェイスに身をゆだねる本流の体感。

 

タイラー・ウォーレンからの究極のアドバイス

ボードのセンター、つまり前足部分に操作デザインを集中しました。前足でふわりと乗る、または平行スタンスででグライドして、美しいソアリングで波を飛翔してください。それと、ぼくのモデルからジョエル・チューダーが選ぶとしたらこのモデルです。そのくらいジョエルを意識しています。

Tyler Warren

 

 

” 小波でもフワリと高速グライド “

今回の波で乗った感想の第一声は、この言葉につきます。

1〜2枚目の画像の通り、ピークが厚めで非常にワイドなコンディション。

ショルダーから乗ると小さいし、出来ればピークから繋げたい波ですよね。

ショートボードだとガチャガチャ動いて、やっとの思いでショルダーに出られるような波ですが、

ファンクションハルならば問題なしです!

波側に入れたレイルをフワリと波の上部へ、そこからは一気に脱力系高速ダウンザライン。

意識の一歩先まで抜けられます。

タイラーの言う通り、狭いスタンスでの前足加重や平行スタンスがとてもマッチする “ハマル” ボードです。

このようなファーストアクションが余裕を持って行えるのも、

ファンクションハルの持つ、安定した早い位置でのテイクオフがあってこそ。

今回は面の良い小波コンディションでのテストでしたが、

次回は大きな波、アタマ〜アタマ半程度の波でもテストしてみますね。

驚異的な高速グライドでカッ飛べる事間違いなしです!!!

 

そして私は今、

前回テストした、NATIONのDISPLACEMENT HULL

今回テストした、TYLERのFUNCTION HULL

 

どちらをオーダーするかで頭がいっぱいなんです。

助けてほしいです。

 

最終的に両方って言う手段を選ぶんじゃないだろうな!?

って自分で自分に問いかける日々です。

 

オーダーしたらまたこちらで書きますね♪

 

 

明日、11/9(木)NAKISURFは店休日をいただいております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

【NAKISURF千葉】

〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮9355-10

0475-36-3883

shop@nakisurf.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。