千葉一ノ宮にあるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップ「NAKISURF ナキサーフ」。サーフボード入荷情報をはじめ、試乗レポート、セール・イベント情報、千葉周辺波情報などスタッフが毎日発信中!

Nakisurfスタッフブログ

【CATCH SURF】実はPLANK7’6″BARRY MCGEE Proモデルだけシェイプが違うんです!

こんにちは。

 

みなさん、

実は、、、、、

 

PLANK7’6″ BARRY MCGEE Proモデルは通常のLOG・PLANKとシェイプが違うんです!!

知ってましたか???

左:PLANK 7’6″ BARRY MCGEE Proモデル 右:LOG 7’0″ JOB Proモデル

 

知ってるわけないだろ!!っとお思いの方もたくさんいらっしゃると思います。笑

そこで今回は双方のシェイプの違いについて簡単に説明したいと思いますので、

ぜひぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

【違いその① レングス】

LOG・PLANKは6’0″~9’0″まで幅広いチョイスが可能なのに対し、

BARRY MCGEE Proモデルのみ7’6″のオリジナルサイズを採用。

 

【違いその②シェイプ】

・テイルシェイプの違い

▽BARRY MCGEE Pro▽

 

▽通常のLOG▽

写真ですとちょっと分かりにくいですが、

BARRY MCGEE Proモデルはフィンボックスやや上あたりからシャープになり始め、

通常モデルよりかなりスッキリと細身の仕上げになっています。

これにより操作性が更に向上し回転性も格段にアップしています。

※テイル幅はほぼ同等です。

 

・ロッカーの違い

▽BARRY MCGEE Pro▽

 

▽通常のLOG▽

通常シェイプは緩斜面にもバッチリ吸い付く優しいロッカーに対し、

BARRY MCGEE Proはロッカーの始まりも早くややキツめなロッカー。

これならある程度掘れた波にも安心してチャージが可能です!

 

【まとめ】

どちらのモデルも抜群の安定感と浮力があり、

ショートボードではテイクオフすらままならない極小波からマンライ続出なボードです。

なので一概には言えませんが、

 

テイクオフ・安定感重視なら=通常のLOG・PLANKモデル
回転性・操作性重視なら=BARRY MCGEE Proモデル

 

っと言った感じでしょうか?!

もちろんデザイン重視で選ぶのもいいと思います!!笑

はい。

 

NAKI on PLANK 7’6″ BARRY MCGEE Proモデル

 

しかも今なら即納可能なストックボードのご用意もございますので、

オンラインストアをぜひチェックしてくださいね♪

 

▽オンラインストアはこちら▽

https://www.nakisurfshop.com/SHOP/30254/list.html

 

更に今年はCATCH SURF全ボードが全国送料無料でお届けが可能でございます!!

※その他特典山盛り・店頭ピックアップの方にはリーシュをプレゼント。

 

▷キャンペーンについて詳しくは◁

 

波乗りの楽しさを追求するCATCH SURF ワールド。

そこには本来波乗りがもっている自由さや楽しさが詰まっています。

他のソフトボードとは性能がまるで違うキャッチサーフのボード。

世界中のトップサーファーのライディングで立証された性能は、

カリフォルニアや日本だけでなくパイプラインでも大活躍!!

さらにやわらかく安全なので、

家族で楽しめるという使い勝手120%のボードなのです♪

 

ご不明な点やご質問などのご相談ごいざいましたら、

下記までお気軽にお問い合わせくださいませ!

 

【NAKISURF千葉】

〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮9355-10

0475-36-3883

shop@nakisurf.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。