ゴールデンウィークの遠い記憶_ヒジキご飯とボンカレー

「こらぁ、おんめぇら△×●×◎△×●×◎△×●×◎!!」という怒号とともに

ものすごい剣幕でオバちゃんが飛び出して来た。

オバちゃんの訛りと、怒りによる早口で、言っていることのほとんどがわからない。

でも、オバちゃんが怒り狂ってるということだけはハッキリわかる。

突然の出来事に面食らって、目が点になる友人とともに、

恐る恐る「あの、僕たち何か悪いことしましたか?」と口を挟むと、

「東京もんはここの海で入るんじゃねぇ!!」という。

浮かれ気分で旅に出た俺たちに氷水をぶっかけるような、

それはそれは強烈なる一言だった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

あれは今から10年近く前になるのか。

当時大学生だった俺と周りのサーフィン仲間でゴールデンウィークにトリップの予定を立て、

ボッロボロの友人の車にボードを積み込んで東北のとある県へと旅に出た。

全国のサーフブレイクmapを片手に、未だ足を踏み入れたことのないそのエリアに

「こんな写真のいい波に当たるといいね?!」なんて胸を高鳴らせながら

夜明け前の高速道路をかっ飛ばした。

そして、県南エリアに位置する県内屈指のビーチブレイクに到着し、

堤防沿いに車を止めて波チェックすると、写真で見た美波ほどではないものの

コンパクトできれいに割れる三角波が無数に押し寄せていた。

しかも、サーファーの数も少ないと来た。

「これが夢にまで見たTの波かぁ?!」なんて友人とニヤニヤしていた矢先に、

冒頭の出来事が起こったのだった。

++++++++++++++++++++++++++++++++

「東京から来たサーファーが△×●×◎△×●×◎△×●×◎!!」

「はぁ、はい。」

「△×●×◎△×●×◎△×●×◎!」

「え?」

「だから、先週東京から来たサーファーが△×●×◎△×●×◎△×●×◎」

聞き慣れない訛りと早口に戸惑いながらも、

怒り心頭なオバちゃんの話に耳を傾けること15分。

最初はものすごい剣幕だったオバちゃんも、

しっかりとお叱りを受け止める俺たちの姿勢を見てか、

テンションが段々と落ち着き、ゆっくり話をしはじめた。

んで、じっくり話を聞いてみると、どうやら俺たちがここに来る前の週末に、

近隣のビーチでサーフィンをしていた東京のサーファーが沖に流され、

救助ヘリコプターを出動させる大騒動になったのだとか。

しかし、当該者だったサーファー達は、

「俺たちは、ヘリコプター呼んでくれなんて頼んだ覚えはねぇ」的な言葉を

救出された後に放ったそうで、地元サーファーや救出にあたった方々が

怒り心頭で熱もさめやらぬ時だったようだ。

んで、関東から来た俺たちが(習志野ナンバーで東京もんではないが 笑)

堤防脇の駐車禁止エリア(オバちゃん家の前)に車を止めたもんだから、

「こりゃ一言いわねばあかん」とオバちゃんが勇み出て来た、というワケだったようだ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

俺の顔には昔から、「皆様からのご意見はこちらまで」と書いてあるのか、

こうしてトラブルが起きるときには大抵俺がどやされる。

四国は高知にある超有名リバーマウスへ初めて行った時も、

車を止めた場所がよろしくなかったようで、Japanese WABORIを全身に纏った

超こわもてのニィさんに「オメェそこの駐車禁止の字が読めねえのかょ、おぉ!?」と

一人でしっかり洗礼を受けたこと(言葉のみで済みました)もあった。

でも、そこでめげずというか、何で怒られたのか、

彼らが言いたいことは何だったのか、それをしっかり聞き出しながら

「すみませんでした。ありがとうございます。」の姿勢で接していると、

その後の展開は悪くは進まないようで、

「今の地形は終わっちまってる。クソだよクソ。入りたければ入りなよ」と、

チューブこそ巻きはしないものの、超ロングライド可能なレフトブレイクを

5?6人で満喫させてもらったこともあった。

怒られ転じて福となす、なのか。

ともあれ、そのブレイクでサーフすることは中々簡単なことではないようで、

後から四国在住の方やそのブレイクに詳しい人に聞いて、

そこで入れたことをラッキーに思ったこともあった。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

話はそれたが、そんなこんなでオバちゃんのお叱りを真摯に受け止め、

「それはひどい話ですね、うんうん」と聞いていると、

「オメェら悪い人間じゃねぇな、ちっと掃除するから手伝え」と

半ばというかほぼ強制的にビーチクリーンを手伝わされ(笑)、

ローカルサーファーに「あいつら何やってんだ?」的な視線を浴びつつ

さわやかな朝日の中で”えせ東京もの3人組+オバちゃん”で

鳴き砂で有名なTビーチを掃除しつつ、

「おぅ、オメェらどうせ貧乏旅なんだべ? カレーでも食ってくか?」と

オバちゃんのご厚意まで頂くことになった。

んで、楽しみに待つこと10分、出て来たのは

オバちゃんお手製のヒジキ炊き込みご飯+レトルトのボンカレー。

味わい的には頭オーバーのジャンクどチョッピーの世界だったけど、

その温かい気持ちがとても美味しかった10年前の初東北旅。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

今週末からがゴールデンウィーク本番ですね。

みなさまトラブルにはくれぐれも気をつけて!

そして、いい波、そしていい人々と巡り会えますように!

関連記事

コメント

    • Me ke aloha
    • 2009.04.30

    今日のブログは頭半の面ツル☆
    チューブセクション3回です♪(^_^)
    ありがとうございました☆

    • Fg
    • 2009.04.30

    ええ話。
    これだから波乗りと旅はやめられませんね?

    • yusuke
    • 2009.05.01

    >Me ke alohaさん
    うぅ、こうした一言を頂けるのがとても嬉しいです。
    しかも3箇所ありましたか☆
    コメントありがとうございます!

    >Fgさん
    コメントありがとうございます!
    旅にはいつもドラマがありますよね?。
    この連休、BD3でいい波乗ってくださいね?!

NAKISURF千葉上総一宮

千葉県長生郡一宮町一宮9355-10
TEL:0475-36-3883

営業時間:10:00~18:30
定休日:金曜日(他、臨時休業日あり)
※平日は外出している時間帯もございますので、ご来店の際にはご連絡ください。

2021年 12月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

定休日

はぎうだ

はぎうだ

スタッフ萩生田のブログページはこちら♪

なかがわ

なかがわ

スタッフ中川のブログページはこちら♪

あすか

あすか

スタッフ高橋のブログページはこちら♪

アーカイブ

TOP