冬波でのサーフィングを、楽しみにするために??

お知らせ

冬になると、海にサーファーの姿が少なくなるのは
いくつかの理由があると思います。
夏はサーフィン、冬はスノボ!
というスタイルや
冬の装備を持っていないから出来ない、ということ
寒いから海に入りたくない、ということもあるでしょう。

では、冬でもサーフィンを続ける方々は・・?
低気圧通過後の良い波に出逢える、
海の水がハンパなくきれいだから、
透明感のある空や景色が美しすぎて、
とにかく空く事がうれしい、
海から上がった後のお風呂が、最高!
などなど・・

つい先日の事ですが、
急に冷えて来たある日の、千葉の海でのことです。
海に到着して、びっくり!それは
夏ならば混雑必至のあるブレイクに
肩サイズくらいのきれいな波が割れていているのに、
誰もいなかったからなのです。

冬は、そういう事もあるのですよね。
しかしだからと言って
ヤッター!とすぐに海に飛び込めないのは
やはり、水や外気の冷たさのためでしょうか。

そこで、私は考えました。
「今日は10本乗ってあがろう」と。
そして、1本1本、数えながら波に乗りました。
5本くらい乗ったときに
「もう、7、8本は乗ったよね?」
と、思いましたが・・それは気のせい。
しっかり数えて、
数人でシェアのほぼ貸し切り連続波を厳選して
「ワイプアウトは絶対しない」
「砂浜まで行って乗り上げる」
事を条件に、10本を乗ってあがりました。

その時に気づいた事は・・
目標や制限を設ける大切さ、です。
特に冬の時期には、有効に感じます。

どんなに温かなスーツを着用していても
何時間も海に入っていれば、
知らず知らずに冷えて来ます。
そして、身体の部分部分が硬直して足がつったり
思うように動かなくなり、怪我の原因にもなります。

自ら波数や時間制限を設ける事で、
とても集中出来る事に気がついたんです!

集中出来る=ひと波ひと波がとても大切。

波を見極める眼や、波を待つ位置の感覚が養え
パドルも深く、丁寧にしっかりと
ワイプアウトは絶対にしないぞ!と
不格好ながらでも、波を乗り継ぐ事ができます。

そうして達成した、わずか10本ですが
不思議な事に
今までの充実感とは、全く違う事に気がついたんです。
そうか!って。

もし、冬のサーフィンを経験したことの無い方がいらしたら
ぜひ、試してみて下さい!
その時には
長く入る事は全く必要なくて、
本数や時間で決めたり、自分なりの目標を持つ事がおすすめです。
集中できる事で得られることの大きさ・・
次の、春や真夏のサーフィンに確実に繋がるはずです。

おまけとしては、
海上がりのお楽しみを決めておくのが最高なんです。
日帰り温泉に入る、
美味しいラーメンをはふはふ食べる、
丁寧に入れられた熱いコーヒーを飲む、または
帰宅後に、熱燗で一杯?
どれも、たまりませんね!

今日の動画は、
なんとアイスランドでの極寒サーフィング風景です。

「美しい風景と対話し、感じる事が出来るのは
今までの自分の枠に捕われず、沖へ出て、波に乗ること。
身を任せること。」

世界のどこかには、やはり
人のいない、良い波がブレイクしているんですね。
ぜひ、ご覧下さい!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

NAKISURF千葉上総一宮

千葉県長生郡一宮町一宮9355-10
TEL:0475-36-3883
shop@nakisurf.com

平日:アポイントメント制にて営業中。スタッフ不在の場合がございますので、ご来店予定の際は事前にご連絡ください。
土日祝祭日:10:00~17:00
店休日:金曜日(隔週の木曜日)

※祝祭日の際は前日がお休みとなります。
※サーフギアのピックアップなどで臨時休業の場合あり。
詳細は営業日カレンダーとインスタグラムをご覧ください。

2024年 2月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
1
2

定休日

なかがわ

なかがわ

スタッフ中川のブログページはこちら♪

あすか

あすか

スタッフ高橋のブログページはこちら♪

アーカイブ

TOP