千葉一ノ宮にあるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップ「NAKISURF ナキサーフ」。サーフボード入荷情報をはじめ、試乗レポート、セール・イベント情報、千葉周辺波情報などスタッフが毎日発信中!

Nakisurfスタッフブログ

【EC SURFBOARDS】 即納可能な千葉ストックボードも入荷しています!

EC SURFBOARDSのサーフボードデザイン、シェイパーを務める、ECことエリック・クリステンソン。
カリフォルニア・コスタメサに住まい、サンタアナにシェイプベイを構える。
ここにはブライアン・ミラーもよく訪れ、エリックとサーフボード談議をすることで知られている。

— エリック、あなたが考える究極のサーフボードというのを教えてください。

速く、より速く。それだけでなく、速くなれば、操作性が損なわれるのが常だが、速く、そして操作しやすい。それが私のサーフボードの究極です。
私と兄(クリス・クリステンソン)は同様なアプローチをしているんだ。
それはスキップ・フライの後継だと常に感じている。
なので全てのボード、そして私が好きだったショートボードをラインナップに据えているんだ。
私のサーフ人生で1番感銘を受けたのが、『ザ・サーチ(The Search)』というムービー内で、トム・カレンがスキップのフィッシュでJベイを滑ったラインなんだ。
あれは衝撃と言ってもいい。
当時はVHSテープだったので、そのシーンを少なくとも1000回は見ました。
VHSテープのその箇所がすり減って切れてしまって、もう1本買ったほどなんだよ。
あのまろやかで速いライン、さらにクラシックというのは、当時のサーファーの理想だったんだ。
ナットヤングが、ジョージ・グリーノウのフィンでターンの概念を覆したように、トム・カレンがスキップのフィッシュでサーフィン界に新時代の扉を開けたんだよ。
温故知新というように伝統的なマニューバーを磨き上げるように。
それで、私と兄はたまらなくなって、スキップのところまで行き、そのトム・カレン・フィッシュをオーダーしたのさ。
なぜなら、当時兄(クリス・クリステンソン)は、サンディエゴのシーワールドドライブにサーフボード工場があり、スキップのシェイプベイとは近く、先に兄のフィッシュが完成し、その後で私のボードだというので、
スキップにお願いして、シェイプの一部始終を見せてもらったんだ。
当時の私はまだ駆け出しのシェイパーで、兄のシェイプを見続けて、自分流で、しかも兄を越えようと努力していたときだから当然のことだよ。
スキップは、サーフボードに対して真剣に向きあって、さらにはそのラインを出すのに、ゆっくりと、そして一回一回の動作をゆっくりとやっていたんだ。
これが自分にとって欲しかった答えで、それからは、時間をかけてシェイプすることに歓びすら感じられるようになったんだよ。
それまでは、兄や他の有名シェイパーのように1日に何本も削り、それをプロダクションにしないと、ビジネスは成立しないと信じこんでいた。
けれど、スキップのように自分のペースで、サーフボードに真摯に向きあえばいいのだと、確認したんだ。
自分でもスキップのコピーを作ってみたり、そんなことから私のフィッシュに対しては、より深い思い入れがあるのかもしれないね。
魂を持ってサーフボードに向きあうことをしっかり学ばせていただいたよ。

— NAKISURF、日本のファンに伝えたいことはありますか?

私が真剣に20年間向きあってきたサーフボード。
(エリックは1977年生まれ)
ただ販売するだけではなく、思想はもちろんのこと、サーファーのレベルや要求を受けてシェイプできる事に歓びを感じているよ。
それまでは、乗り手が見えない中での手探りだったけど、NAKISURFチームの考えるサーフボード。
重さや強度、浮力、回転性、フィンのセットアップにいたるまで、細かく設定して、サーファーの体型やレベル、そして要求を汲み取り、そこに向けて究極のサーフボードを完成させることができるのが、本当にうれしいことさ。

“NAKI×ECのインタビューより抜粋”
インタビューの全容はこちらから↓

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/91268

 

 

いよいよ昨日からNAKISURFにて取扱いがスタートした、

EC SURFBOARDS

スタートを記念して、

↓超〜〜〜お得なオーダーキャンペーンも開催中です↓

 

そしてそして、

NAKISURF千葉に即納可能なボードも続々と入荷してまいりました!!!

も・ち・ろ・ん

キャンペーン適応価格でのご案内です!!!

 

【新品ストック】EC SURFBOARDS Freeride Fonzer 6’0″ x 20 7/8″ x 2-1/2″

https://www.nakisurfshop.com/SHOP/20180909_ec_04.html

こんな方にオススメ!

海外トリップ用にリーフの硬い波質に対応したボード
クラシックスタイルが好きだけどアクションも重視する
テイクオフ、ドライブ性、レスポンスなど、トータルバランスの良い一本をお探しの方

こんな波にオススメ!

サイズのあるオープンフェイス波
ポイントブレイク(マッシーからバレルまで)
小波~頭オーバーサイズまでカバー

キーワード

ドライブ性能、カービング、自由な乗り味、独創性、リラックス、クルーズ、大きなマニューバー、レイルトゥレイル

 

ボンザーの決定版

ファインチューンされ続ける宇宙的『コスミック・フォンザー』+ミニ。つまりワイデスト・ポイントを前方に持ってくることでテイクオフの安定性、波を取る容易さ、パドリング力の向上と、グレートサーファーの称号に必要な三つの条件を達成されている。5
フィンボンザーとのコンビネーションと特殊なボトム形状により、類稀なるドライブ感とスケーティング力を達成。最高峰のボードの称号を得ている。
エリック・クリステンソンの表現したHappy Surfingの極限が味わえる一本!!

 

 

【新品ストック】EC SURFBOARDS ecDoesit 5’8″ x 20 5/8″ x 2-3/8″

https://www.nakisurfshop.com/SHOP/20180909_ec_03.html

こんな方にオススメ!

ロングボードから短いボードに移行する方
加速とマニューバー性能、トータルバランスの高いボードをお探しの方
自由でスタイルリッシュなラインを描きたい
小波&混雑用の激早テイクオフボードが欲しい

こんな波にオススメ!

サイズのあるオープンフェイス波
ポイントブレイク(マッシーからバレルまで)
小波~頭オーバーサイズまでカバー

キーワード

高速滑走、ショートボードのようなマニューバー、ダウンザライン、アップス&ダウンズ、ロングライド、グライド、コンケイブデッキ

 

最先端のショートボード

通常のフィッシュにクリステンソンならではのひねりを加え、多くの波に乗るために伝統的なフィッシュの長さよりもさらに4−6インチ(10.16—15.24cm)短くしたモダンフィッシュ。
スパイラルVEE、つまり二次元、三次元を表現した特殊ボトムによって、より簡単に波をキャッチする。
超高感度であり、より高い操作性、そして少し多めの浮力を保ちつつ、独自に定義されたコンケーブデッキが今までとは異なった世界を体験させる。滑らかで鋭く、やたら速いこのボードは、夢波に長く美しいラインを描くだろう。
EC does it!

 

 

【新品ストック】EC SURFBOARDS Evil Twin 5’7″ x 21″ x 2-7/16″

https://www.nakisurfshop.com/SHOP/20180909_ec_02.html

こんな方にオススメ!

フィッシュ愛好家の方に贈るツインキールフィッシュの決定版
南カリフォルニアのカルチャーを体現するグライドパフォーマンス
自由でスタイルリッシュなラインを描きたい
ドライブの効いたサーフィンがしたい方

こんな波にオススメ!

サイズのあるオープンフェイス波
ポイントブレイク(マッシーからバレルまで)
小波~頭オーバーサイズまでカバー
波を選ばない汎用性が頼もしいモデル

キーワード

サンディエゴフィッシュ、高速トリム、ドライブ性能、カービング、ラウンドハウスカットバック、クルーズ、キールフィン、大きなマニューバー、レイルトゥレイル

 

ECのサンディエゴフィッシュ

サンディエゴフィッシュの創始スティーブ・リズと、スキップフライの思想に対し、エリック・クリステンソンが再び生命を吹き込んだイーブル・ツイン。
ECサーフボードのシンボルであり、歴代のサーフボードのラインナップでも輝き続けているモデル。最速を導き出すために、高速でありながらも操作性あふれるパフォーマンスが得られる。このツインボードには、完成という言葉はなく、年月を重ね続け、微調整され、試行錯誤され続けている。フィッシュのフラッグシップというボードデザイン。アウトラインから歴史を感じ、乗り味から現代を知ることができる逸品。
エントリーは些少のVEE、トラクション(後ろ足)にかけては、秘密のスパイスを施していて、「なぜ秘密なの?」と聞いてみると、ボード体積、そしてサーフボードのフィーリングに合わせて、ボトム形状をしつらえるからなんだよ、そう教えてくれた。

 

 

【新品ストック】EC SURFBOARDS ecImmons 5’4″ x 21-1/8″ x 2-1/2″

https://www.nakisurfshop.com/SHOP/20180909_ec_01.html

こんな方にオススメ!

スムーズかつ石鹸のように滑らかなグライドを求める方。
南カリフォルニアのカルチャーを体現するグライドパフォーマンス。
ファスト&ルースが好きな方。

こんな波にオススメ!

小波~頭サイズ、たるい波から面の張った波まで。
掘れた波では速さを活かした滑走で疾駆!!
特にショルダーの張った波でのカットバックはクセになります。
波を選ばない汎用性が頼もしいモデル

キーワード

最速のミニシモンズ、加速性、初速の速さ、ルースな乗り味、常時最速、高レスポンス性

 

衝撃的な滑走と操縦安定性。本格ミニシモンズ

エリック・クリステンソン独特の世界をミニ・シモンズに。このボードはレングスをさらに短く、ノーズやテイルをもっと丸く広くし、ECの試したフィッシュ、または真のフィッシュデザインを元に機能を考え抜いたデザインボードである。
マエストロたちよ、波をスピーディーに切り裂け!!そんな彼の思いが込められている。
標準的なショートボードよりも6-10”(15.24cm-25.4cm)短くするのがEC推奨。

 

 

今回は上記4本のご案内です。

 

また、

こちらのCosmic Fonzer 7’2はデモ用ボードとなりますので、

試乗が可能となります!

NAKIが四国のパワフルブレイクで乗り倒してきたこちらのボード、

(NAKI’sブログはこちらから)

ぜひぜひお試しくださいませ!!!

 

 

それでは、

今後も定期的にEC最新情報をお伝えしていきますので、

どうぞお楽しみに♪

 

 

【NAKISURF千葉】

〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮9355-10

0475-36-3883

shop@nakisurf.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。