【マンデーブログ】自然は教えてくれる。大切なのは一歩を踏み込むこと。

未分類

srblog20131125a

朝露にぬれた森を歩いていた。

時おりどこかでカサカサという音がする。

風のない朝、

きっと足早に木々を伝うリスの音だろう。

それは静かな木陰から漏れるように聞こえていた。

.

srblog20131125b

さまざまな濃淡をまとった森の緑色が、

ぼくの体にゆっくりと染み入るように、

こころから清廉な気持ちになっていく。

ふと、

森と海の繋がりについて思いを巡らせてみる。

ぼくらが知る限り、

原始の自然から存在する海、

それは緑深い森にも通じる何かがある。

.

srblog20131125c

それぞれの木々が作り出す森にも、

ひとつの生命といえる大きな力を感じる。

ひとつひとつの波を作り出す海にも、

同じように大きな生命の躍動がある。

そして両者には同じように、

さまざまな動植物を内包するやさしさがある。

リスもクマも、

トビウオもクジラも、

ひとつの生命体を形成するように、

森や海に内包されながら生きている。

.

srblog20131125d

深き森と偉大なる海、

そこには楽しみや躍動があふれている。

一方で人を寄せつけないほどの怖さもある。

 

自然がもつ楽しさと怖さ、

それは天候次第で一瞬にして変化する。

自然というフィールドから離れて、

都市のなかで独自に進化する人間は、

無意識のうちにその変化を読み取る力をなくしてしまった。

その対価として情報力の共有を身につけてきた。

良くも悪くも、

そうすることでぼくらは暮らしやすさを得てきた。

.

srblog20131125

森と海に共通するもの。

そこに一歩足を踏み込めば、

おのずと自然に帰ることができる点だろう。

一歩足を踏み入れて、

ゆっくりと溶けるように精神が中和されていく。

すべての音はシャットダウンされ、

ふたたび耳に入ってくるのは、

こころに響くような調和のとれた音色だけ。

.

srblog20131125e

森から海へ。

サーフボード一本で沖にこぎ出て、

ゆらゆらと浮きながら海の鼓動を感じてみる。

視界のすべてには海が広がっている。

ぼくはその風景に浄化されるように、

ただ海水の動き、水面の音を感じていた。

海にはぼくらが忘れてしまった記憶、

雄大な自然に内包されて生きていたころの、

遠い記憶を呼び覚ます何かがあるのかもしれない。

一歩を踏み出すこと。

その一歩で自然はたくさんのことを教えてくれる。

波乗りは、

そんなステキな側面も持ち合わせている。

深みに入ったぼくの思考をかき消すかのように、

はるか沖からセットの波がやってきた。

ぼくはその波に向けて、

力いっぱい漕ぎ出していった。

(じゅん)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

NAKISURF千葉上総一宮

千葉県長生郡一宮町一宮9355-10
TEL:0475-36-3883

営業時間:10:00~18:30
定休日:金曜日(他、臨時休業日あり)
※平日は外出している時間帯もございますので、ご来店の際にはご連絡ください。

2021年 9月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

定休日

はぎうだ

はぎうだ

スタッフ萩生田のブログページはこちら♪

なかがわ

なかがわ

スタッフ中川のブログページはこちら♪

あすか

あすか

スタッフ高橋のブログページはこちら♪

アーカイブ

TOP