千葉一ノ宮にあるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップ「NAKISURF千葉ショールーム & オフィス(ニコリン寨)」。サーフボード入荷情報をはじめ、試乗レポート、セール・イベント情報、千葉周辺波情報などスタッフが毎日発信中!

Nakisurfスタッフブログ

海がもつ力がサーファーに生気を与えるということ

夏バテにはサーフィン!!

ということで今日は、

人間が海から与えられる生気について書きたいと思います。

各分野でも波乗り愛好者は多く、

サーフィンが自分のフィールドに与える良い影響、

海が活力のもとになっていることを伝えています。

 

srblog20140818

「波乗りで生気を養う」

海から与えられる生気は、

カラダだけでなくココロまで活力を養われます。

サンディエゴ出身のある一流アメフト選手の話をひとつ・・・。

体をぶつけ合うアメフト選手にとって、

怪我や疲労はつねに悩みのタネで、

他のスポーツと比べても選手生活は短いものです。

地元サンディエゴのヒーローであるにもかかわらず、

まだスーパーボウル優勝の経験がない彼は、

37歳にして体力の限界を感じ、引退を考えていました。

そんな時期にサーフィンと出会い、

その肉体は再び若さを取り戻し、

たたかう意欲を蘇らせたそうです。

アメフトのように自分から仕掛けるスポーツと違い、

サーフィンは乗るべき波を待たなければいけないもの。

攻撃ではなく、協調することが大切。

「そこには自分と自然だけしか存在しない。

オレはボードに股がり海に出たとき、

自然と接していることを生まれてはじめて実感した。

海から上がると、オレは誰かれとなくハグしたくなる。

自然にそんな気持ちになれるんだ。

とても穏やかで、安らかな気持ちが生まれる」

海で生気を養った彼は、

一度は引退まで考えたにもかかわらず、

チームキャプテンとして臨んだ翌シーズンに、

抜群の団結力を持ったチームを作り上げ、

16戦全勝という快挙でスーパーボウル出場を果たしました。

 

srblog20140818a

サーファーのファンも多い、

大人気アーティストのジェイソン・ムラーズ。

昔はタバコも吸っていたし、ジャンクフードも食べ、

ビールもすごく飲んで、とてもロックンロールな生活を送っていたんだ。

でも、10年前にサーフィンを始めてから、

それまでの生活の仕方がなんだか変に感じて、

もっと自分をいたわるようになった。

そうしたら活力的にも感情的にも身体がどんどん変わりだして、

調子もすごく良くなった。もう昔には戻れないね。

聞いた人みんなが気持ち良くなるような音楽を作りたい。

そう考えるようになったのも、

オーガニックな生活をするようになってからなんだ」

グラミー賞受賞アーティストのジェイソン・ムラーズ、

海上がりに聞く彼の曲は、

まるでまだ波に乗っているかのような気分になり、

ほんとうに気持ちよくなるナンバーが多いです。

特に大ヒット曲の「I’m Yours」は最高ですね!

 

srblog20140818b

こころの病気を患ったあとに、

すべての生活をリセットして海に通うことで、

少しずつ自分を取り戻した友人もいます。

実際に波がない日でも、

「ちょっと浸かるだけでも・・・」と海に入ることで、

カラダやココロがすっきりとリセットされた気分になります。

 

srblog20140818d

なぜ人間は海に癒しを求め、生気を養うことができるのでしょうか? 

もちろんサーフィンが楽しいということもありますが、

それだけじゃない海の力のようなものを感じるときがあります。

「生命は海から誕生した」ということだけでなく、

母なる海がもつ包容力や、

海という自然のなかで過ごす時間、

そのなかで何かを得ているのだと思います。

 

srblog20140818e

おそらくそのワケは、

「自然」と「自分」以外の何ものにも依存しない、

独立した時間を過ごせるからかもしれません。

サーフィンは他の競技スポーツのように、

相手がいなければ成り立たないものではなく、

たった一人でも最高の楽しみを味わうことができます。

逆にいえば、

この感覚はサーフィン以外では味わえないものです。

自然、そして自分と向き合う時、

この時間こそがサーフィンの至高であり、

海が人間に生気を与える瞬間なのだと思います。

 

srblog20140818f

もしサーフィンに少しでも興味がある方がいたら、

ぜひそのトビラを開いてみてください。

きっとそこには「海を楽しむ」ということ以上の、

すばらしい精神性があると思います。

サーフィンを始めるなら、やっぱり夏がオススメですよ♪

まだまだ暑い夏を謳歌しましょう!!

(じゅん)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。