千葉一ノ宮にあるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップ「NAKISURF ナキサーフ」。サーフボード入荷情報をはじめ、試乗レポート、セール・イベント情報、千葉周辺波情報などスタッフが毎日発信中!

Nakisurfスタッフブログ

【スタッフ座談会 Vol.3】[番外編特大号] 理想のサーフスタイルを語った後は・・・いざ波乗りへ!スタッフボードミーティング

みなさま、

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしたか。

波乗り三昧でリフレッシュされましたか?

本日は春の座談会、番外編をお届けいたします。

オルタナティブとハイパフォーマンスの違いや、

理想のサーフスタイルに迫った春の座談会。

srblog_20140421staff

【スタッフ座談会 Vol.03】前編

https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/69658

【スタッフ座談会 Vol.03】後編

https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/69877

 

最終回はスタッフのボードミーティング試乗会をお送りします。

srblog_session0506_01

気持ちよい晴天で波乗り日和でしたが、

波は速めでつながり気味のコンディション。

srblog_session0506_02

インサイドのクローズセクションは掘れた波。

こんな日は「速さ」が滑走のキーワードになりますね。

srblog_hagi0506_mst01

“誰よりも早く起きろ”を実践する、

早起き王子のスタッフはぎうだ。

この日イチバンはDOC『ミニシモンズ・サング』の滑走です!!

srblog_hagi0506_mst02

オルタナ系の中でも個性を放つモデル。

「5’2″ x 20-5/8″ x 2-3/8」という高浮力デザイン。

一発目から高トルクのフルレイルボトムターン、

目の覚めるようなドライブ感にグライドの活性が上がります。

srblog_hagi0506_mst03

伸びのあるターンから一気にハイラインへ!

蒼き流星、はたまたハレー彗星か、

尾を引くようなラインが加速性を物語ります。

シングルフィン+ボンザー、フルレイルターンの美しさここに極まれり。

srblog_hagi0506_mst04

インサイドの掘れ上がりでバレル狙い。

ワイドボディの安定感、

レイルを合わせて軽くトリミングするだけで、

滑走ラインを維持するグライド能力も魅力ですね!

(トリミングとは?→ https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/53466 

 

srblog_kenji0506_score01

おっと、ここで登場したのはスタッフおおにし。

NATIONの定番ハイパフォーマンス『スコアボードを手に、

波を見据えてマニューバーとライン取りを確認でしょうか?

まるで打席に入ったイチローのルーティンのようでもあります。

srblog_kenji0506_score02

グッと掘れ上がる波でのレイルワーク、

ハイパフォーマンスボードならではのミドルラインでの安定性。

スコアボードがメンタワイ向きといわれる所以は、

サイズは違えど、こういう掘れた波への対応性にあります。

srblog_kenji0506_score03

速度とターンのバランス、

一体感のあるコントロール性能、

どれをとっても一級品のパフォーマンス。

信頼はバレルやトップアクションのメイク率を上げますね。

srblog_kenji0506_score04

内野ゴロもヒットに変える魔法、

ダンパーの波もマンライに変えるマジックボード。

ースタッフおおにしのインプレッションはコチラー

https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/70224

 

ふむふむ、スコアボードのキーワードは「体感性への挑戦」。

・・・などとキャッチコピーを考えるうちに、

海の中では、はぎうだの『ミニシモンズ・サング』と交換が行なわれたようです!

srblog_kenji0506_mst01 srblog_kenji0506_mst02

ハイパフォーマンスの余韻を残しつつ、

トップターンでは明らかに違うライン取り。

それはミニシモンズ系ボードのドライブ感への陶酔か!?

srblog_kenji0506_mst03

ハイパフォーマンスでもオルタナ系でも、

マンライをマークした充足感のあるセッション。

ちなみに、

こちらはぼく(スタッフじゅん)のミニシモンズサングでして、

インプレッションも書いておりますのでどうぞご覧ください。

ー魔法のジュウタン!Surf Prescriptions『ミニシモンズ・サング』ー

https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/69993

 

ここで四国から届いたお手紙(ブログ)を読ませていただきます。

スクリーンショット(2014-05-03 11.20.45)

「ライトニング・キッカーの最新インプレッションを書きました。

さすがに名匠コールの渾身ハイパフォーマンスモデル、

1本で全コンディションをカバーするマルチプルな性能です!」

とは、スタッフりょうたからでした。

▽さらに詳しくはコチラから

https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/70053

 

実況中継を千葉に戻しますと・・・、

srblog_naka0506_chevy01

アウトではスタッフなかがわがテイクオフ。

むむ!

この走り出しの速さはNATION『シェビー』ですね。

好きなボード持ち寄りのセッションは、

さすがに優良ボードの祭典となっております。

srblog_naka0506_chevy02

オルタナ系なのにハイパフォーマンスも得意という、

一挙両得型のモデルがこの『シェビー』。

厚めの波でもクイックなスナップが印象的です。

srblog_naka0506_chevy03

波のカール上でもしっかり安定、

オルタナデザインの浮力が生む恩恵がここにもあります。

ースタッフなかがわのインプレッションはコチラー

https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/69829

ピンポンパンポ〜ン♪

ここでカリフォルニアから速報が入りました!!

201404_ChevyDLX_1329

NAKISURF通信によりますと、

シェビーをポイントノーズデザインにして、

ハイパフォーマンス寄りにした『シェビー・デラックス』が完成。

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/53717

シェビーの亜種モデル、今後の情報に乞うご期待。

 

話題をボードミーティングに戻しますと、

srblog_yasu0506_losdos01

ここでスタッフやすが登場。

最近のメインボードとなっているNATION『ロスドス』、

ディープスワロウテイルのカッコいいフォルム!!

srblog_yasu0506_losdos02

オルタナティブサーフィンが信条のやす、

膝をしっかり曲げてのリラクゼーションスタイル。

フィッシュボードに似た形状だけに、

伸びのあるカービングサーフィンが魅力のモデルです。

srblog_yasu0506_losdos03

「レトロツイン+ディープスワロウ」特有のトリムライド。

ボードがもっとも加速するボード中央のトリムポジション。

トップスピードでヤスとロスドスが憑依した瞬間。

こんな小波でもダウン・ザ・ラインの加速を保ち、

悟りのニューロンが繋がるようなレイル・トゥ・レイルの魅惑。

srblog_yasu0506_losdos04

あとは進みたいラインに乗せるだけ。

ダウンフォースの安定感とイージーな取り回し。

新たなるツインフィン時代の到来を予感する『ロスドス』。

ーNATION『ロスドス』スタッフやすインプレッションー

https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/70187

 

 

srblog_ishi0506_champagne01

シャンパンゴールドに輝く浜辺を、

さっそうと海に向かうのはNAKISURFファミリーのIさん。

お〜、オロシタテのNATION『シャンパンです!

前足付近に入っているボランクロスがカッコいいですね♪

srblog_ishi0506_champagne02

「良いボードは良い波を呼び込む」

波乗りの辞書にあるコトワザを体現するIさん、

きれいにブレイクするミドル付近の波をゲット!

まさに未来のハイパフォーマンスボード『シャンパン』を、

こころゆくまで走らせていました。

「繊細なレイルワークと反応の良さ、

速度、ターン、ドライブ、何をとっても秀逸なバランス、

さすがマジックボードデータを結集して生まれたモデルだ・・・」

この日、写真を撮っていて、

ぼくもシャンパンをオーダーしたくなりました(スタッフじゅん)

 

いよいよセッション終盤、

海の中ではヤスとナカガワがボード交換したようです。

srblog_naka0506_losdos01

srblog_naka0506_losdos02

インサイドの波に狙いを定めたナカガワ、

掘れた波への対応も証明するように、

ロスドス』でクローズセクションを攻めていますね!

NATIONの良さはカスタムにあります。

「ワイドスカッシュ」→「ディープスワロウ」など、

そのニュアンスをオーダー時に伝えていただければ、

気鋭の天才シェイパー、ライアン・イングルが完璧なフォルムを完成、

まさに新しいカタチのブランドがNATIONサーフボードなのです。

 

srblog_yasu0506_session

春の座談会スペシャル、スタッフボードミーティング。

ハイパフォーマンスもオルタナティブも、

楽しさいっぱいのモデルが続々と登場しています。

それぞれがお好きなボードで、

自分のスタイルで自由に波に乗る。

そんな楽しいサーフィンを続けられたらシアワセですよね♪

みなさんも夏に向けて、

最高のサーフボードとすばらしい波乗り生活をお過ごしください!!

今日ご紹介した全てのサーフボードがキャンペーン特価で販売中!!

topbanner07

https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/69125

======================================

[期間] 4月8日(火)〜5月18日(日)

[内容] カスタムオーダー料無料、5,000円ディスカウント

*ストック、プレシェイプ、カスタムオーダー、すべてに適用となります。
(※アウトレットボード、中古ボード、コンサイメントボードは除く)
*納期管理可能の「通常オーダー」仕上げのみ対象となります。(ブランド直送は対象外)
カスタムオーダーの仕上がりについて
*福箱ディスカウントチケット併用可能。

[対象ボード]

□オルタナティブ系モデル対象モデル
RACECAR、CHEVY、LOS DOS、Mini Simmons Thang

□ハイパフォーマンス系モデル対象モデル
The Pink Champagne On Ice、LIGHTNING KICKER、X10、SCORE BOARD

======================================

(じゅん)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。