新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

トリミングとミドルスの真実_ダルビッシュ戦を初観戦の大谷さん_(1899文字)

201405_SanO_Reno_2853

こんにちは、

GWも佳境ですね。

いかがお過ごしでしょうか。

こちらはGWは関係なく、

さらには撮影仕事が重なってなかなか忙しいです。

昨日はダルビッシュさんのデーゲーム登板だったので、

エンゼルス・スタジアムに行ってきました。

サンクレメンテから30分ちょいの距離です。

彼が117球を投げたところで、

球場を後にして海に向かい、

夕陽無人フォードアーズ波を兒玉さんと見ていました。

201405_SanO_Tony_2283

大谷さんがトリミングを会得しつつあって、

「ショートボードだけやっていたので、

トリミングで乗っていくことが、

ここまで楽しいとは思いませんでした」

そうですそうです。

トリミングもサーフィングの中の重要な滑りです。

みなさんもぜひ。

具体的には、

「何もしないで波を滑る」

ということですが、

なかなかむずかしいのです。

『ターン=失速』

と憶えておくといいでしょう。

波をバターに例えると、

熱いナイフがサーフボード。

「ボードを波にあまり切れ込ませないで乗っていく」

ことができたらトリミング習得です。

IMG_9872

14度と真冬並に下がっていた水温が、

昨日から上がりました。

現在16度。

たった2度ですが、水温の2度の違いは大きい。

さらに2度上がって18度になったら

短時間でしたらウエットスーツが脱げる温度です。

IMG_2906

こちらはサンオノフリー三兄弟のノブさんとマコさん。

ミニノーズライダーに興味津々のご様子でした。

熱中できるものがある50歳代というのはすばらしいですね。

体力もつきますし、健康にも良いのがサーフィング。

応援しております!

ここで閑話休題。

サンクレメンテの南、

サンオノフレの北側に

「トレッスルズ」というブレイクがあります。

ローワーズとか、アッパーズ、

そしてコットンズ岬が有名なので、

ご存じの方も多いでしょう。

ここは玉石の地形で、

それはいい波になることが多いので、

いつも混雑しているブレイクエリアです。

なので、ニコリンサーフとか、

逆真流(逆もまた真なりというサーフ流派)を掲げる私は、

「ほぼボイコット」している状態ですが、

ミドルスだけはたまに行っています。

ここは駐車場から一番遠く、

チャーチから浜を歩いて40分、

トレッスルズの駐車場からも40分という遙かなる距離。

だから空いているというのもあります。

201404_Middles_1322

西うねり、

または北西うねりが入るとこうなります。

波質は弱く、緩く、ミッドレングス、

またはフィッシュ、ロングボード系でしょう。

うねりの角度が決まると、

ローワーズの沖からチャーチまで軽く500mは乗れる長距離ブレイク。

上の写真は、胸くらいですが、

このサイズでゆうに100mライドが可能ですので、

ぜひミドルスにもお越しください。

アッパーズから南に徒歩20分。

ローワーズの南隣の広いブレイクスポットです。

『空いているブレイク推奨推薦委員長』からの情報でした。

201404_Hobie_Alter_0516

ここはダナポイントにあるドヒニー。

ここもタチアガリが多く、

やたらと混んでいます。

サーフィンブーム到来ですね。

駐車場からブレイクが見えないので、

カルチャーを感じるブレイクではないことと、

タチアガリVSサーファーのちょっとした諍いもあるので、

私はあまり行かないというのもあります。

201309_Skip_Frye_0966

でもスキップ・フライが昨年夏に乗った最高の波はここだという事実。

その日は沖のピークが無人だったということで、

日によっては空いていることもあるようです。

racecar

これもミドルス。

“CANVAS Racecar”

ノーズライドはトリムの集大成だと思います。

【おまけーMLBちょっぴり】

R0013417

「人生で初のメジャーリーグ観戦です」

という大谷さんとヤクルトくん。

アメリカにゆるきゃら上陸ですね。

20140504_Tony_13419

トニー大谷さんは元有名遊撃手だったということもあり、

最高にうれしそうな表情でした。

R0013426

試合前、

エンジェルスガールからのプレゼントタイム。

こういうのがいいですね。

あと防護ネットがないのもいい。

R0013530

ダルビッシュさんVSアルバート・プホルス。

すごい世界です。

R0013499

ダルビッシュVS宇宙一の5ツールプレーヤー、マイク・トラウト。

本当にものすごい選手です。

2年連続MVP2位は伊達ではありません。

ダルビッシュさんはアスレチック戦で受けた傷というか、

修正点をどのように調整してきたのかが焦点で、

結果、かなり感動させられたゲームでありました。

もしあなたが野球好きなら、

私の渾身MLB編のリンクを置いておきます。

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/35697

DDG_13531

たまにはプロ集団が、

人生をかけて集中しているのを見に行くのもいいですね。

それではまた明日ここで。

すてきですばらしいGWになりますように!