千葉一ノ宮にあるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップ「NAKISURF ナキサーフ」。サーフボード入荷情報をはじめ、試乗レポート、セール・イベント情報、千葉周辺波情報などスタッフが毎日発信中!

Nakisurfスタッフブログ

サーフボード座談会〜TYLER WARREN Shapes〜

スタッフやす(以下Y)「じゅんさん、今日はTYLER WARREN Shepesについて熱く語りましょう!」

マンデーブログじゅん(以下J)「オッケー、最近タイラーばかり乗ってるから思いついたことをバシバシ話すぜー」

Y「おぉ!期待しちゃいやすぜ。よろしくお願いしヤス」

tylerwarren03

Y「まず、最近タイラーばかり乗っているということで、ボードの第一印象は?」

J「乗った印象は思ったよりもイージー、簡単だった」

Y「というと?」

J「タイラーに限らずオルタナ系のボードってカッコいいけど、難しいイメージがあったんだよね。

でもタイラーのボードは乗ってみて分かったんだけど、かなり乗りやすい!」

Y「僕もファンクション・ハルに乗ってるけど、その意見に激しく同意します」

img-tyler04B

『FUNCTION HULL(ファンクション・ハル)』7’0″ x 21″ x 2 5/8″

https://www.nakisurf.com/brand/tylerwarren/detail-functionhull.html

J「ハル(船底のようなコンベックス)ボトムのボードってそれこそ、とっても難しいんじゃない?」

Y「はい、僕も多少覚悟してましたけど、乗ってみるとハンパなく扱いやすかったんです!」

J「その辺からもタイラーが先人、賢人たちからシェイプを学んでいることと、

その知識をちゃんと自分のフィルターを通してTWシェイプへと昇華させてるのが分かるよね」

Y「ホントですね、才能と努力。天は二物も三物も与えちゃったんでしょう(笑)」

srblog2014_tw_qe02

『Quadratic Egg(クアドラティック・エッグ)』 5’11″ x 19″ x 2-3/8

【スタッフインプレッション】https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/72083

Y「インプレッションでも書いていたクアドラテック・エッグに関して言うとどんな感じですか?」

J「最初に持った感じは、長いなーという印象」

Y「5’11″なのに?」

J「これまでメインボードはバターゾーンの5’4″だったから、7″の違いでミッドレングスのように感じたんだよね」

Y「それは、言い過ぎですね(笑)」

J「(笑)本当に長く感じちゃって5’11″の長さに圧倒されて、乗り味も重そうな感じだった。もちろん乗る前の印象ね」

Y「ふむふむ」

J「でもアラフォー的考えで(笑)、テイクオフが楽なものを考えていたから購入を決めた感じだね」

srblog2014_tw_qe4599

Y「実際に乗ってみた感想は?」

J「びっくりしたんだけど、想像以上にターンがスムーズ!今までのEGG系のイメージを良い意味で壊された感じだな」

Y「おぉ、何がそのスムーズさを感じられる要因ですかね?」

J「もちろんいろんなことがあると思うけど、俺は幅じゃないかと」

Y「!!!」

J「テイルもEGGのイメージになくシャープだし!」

Y「幅!!!ぼくもそこ気になってました」

srblog_talkabout _tyler002

『THIN MINT(シン・ミント)』 5’3″ x 18-3/8″ x 2-1/4″

https://www.nakisurfshop.com/SHOP/THINMINT_1.html

J「タイラーシェイプって、レトロ系にしては全体的に幅が狭めに設定してあるよね。

最初、表記間違ってるんじゃないかと思ったもん」

Y「(笑)実寸して確認してるので表記通りで間違いないですが、本当に狭いですよね。

このシン・ミントなんて長さ5’3″で幅18 3/8″(46.67cm)しかない ですもん。」

J「俺はそこがミソだと思うんだよ」

Y「ここが一般的なレトロ系、オルタナ系とはっきり違うところですね」

J「そう。だって、明らかに他のそういうボードより乗りやすいと思うから!」

Y「なるほど〜」

J「ここまで全体的に幅狭でシェイプしてるってことは、そこにタイラーの考えとか重要なこだわりがあるとしか思えない」

Y「たしかに何かありそう!! あと、タイラーシェイプって長さ、幅、厚みの数値からのイメージと実際に持ったイメージってこれまた違いますよね?」

J「うんうん、このシン・ミントのサイズは体重の軽い人向けって感じがするけど、センターの厚み2 1/4″がレイルまで残っててボリュームがあるから、上級者だったら70kgくらいまで乗れると思うし」

Y「隠れ浮力とでもいいますか、そういうのありそうですね」

J「”隠れた浮力感”と言えば、DREAM FISHでもそれを感じたよ」

P1000300

『DREAM FISH(ドリーム・フィッシュ)』 5’5″ x 19 1/4″ x 2 1/4″

【マンデーブログ】自分のサーフィンに合ったサーフボードと出会う夏

https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/72517

Y「夢のお魚、ドリームフィッシュはどうでしたか?」

J「このサイズで俺の体重(64kg)だと、ちょっとだけ浮力が足りなかったかな」

Y「確かに幅、厚みともフィッシュ系のボードにしてはかなりシャープですよね?」

J「レイルもミディアム〜テーパーに落としてあるから反応がクイックで、レトロフィッシュというよりハイパフォーマンスに近い乗り味だよ」

Y「はい、僕も少し乗らせてもらった時は、今まで乗ったフィッシュ系ボードのどれにも当てはまらないくらい速く、動きも軽快でした」

J「ヤスの体重(57kg)にも合ってたんだろうね」

Y「このボードもやはりというか、幅狭なんですよね。19 1/4″しかない!」

J「そこがポイントかも!テイクオフ直後にハイパフォーマンスボード同様に前足を踏んで加速もできるし、ツインフィンのスピード感もある」

Y「タイラーシェイプを考えるうえで幅というのは本当に特徴的ですね」

201308_Tyler_5389

J「ほんと、海でピューーーって加速するから、まさに水を得た魚。(笑)マジでちょっとずつサイズ違いで5本くらい欲しくなっちゃうボード」

Y「(笑)でも、それくらい調子いいですよね」

J「お客さまにも少しずつタイラーシェイプの良さが伝われば最高に嬉しいことだね」

Y「見た目のカッコ良さはすでに伝わってると思うけど、やっぱり実際に乗れるのか?という疑問をもたれてる方も少なからずいらっしゃいますから」

J「3~4本のタイラーシェイプに乗ってみたうえで言えるのは、シェイパーとしても一流ということ」

Y「はい。乗りづらい、乗れないっていう心配は全く必要ないということをみなさんにお伝えしたいです」

J「同感。次はどのボードに乗ろうかなっ?」

Y「楽しみですね。また、座談会しましょう〜!」

【追記】

201408_TW_Tracker_7923

Tyler Warren’s Tracker 6’4″ For NAKI

https://www.nakisurf.com/blog/naki/archives/57241

29c76263d54a1e58ccd119a55900ebd7

NAKIもタイラーシェイプに驚いている一人。

「ハンパじゃなく調子いい」というのを連呼しておりました!

今後のTYLER WARREN Shapesにご期待ください。

10257139_723622444350168_4028902094287005927_o

.

yasu


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。