新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

クリスチャン・ワックの島タイム_(1238文字)

おはようございます。

真夏の奄美から船木です。

グリーンヒル・ビーチに行き、

誰も見向きもしなかった岩の間ブレイクでサーフ。

「ジャパン、最高デス。

日本語オボエマシタ」

「何を言えるの?」

「ハイ、まずはアサメシマエ、

ハジメマシテ、

オナカイッパイ、

ソウソウソウ、

ハイ、

ダイジョブ、

オネガイシマス、

スイマセン、

イイネ、

カワイー、

サイコー、

ヨネヤ・ウガミンショウラン、

オハヨゴザイマス、

コンバンハ、

コンニチハ、

ニーハオ、

フラッフィー、

ネコ、

マヤ、

イヌ、

ドドゲ、

ワンチャン、

マグロ、

シャケ、

マジッスカー、

アリガッサマリョウタ?、

ビール・クダサイ、

ショーチュークダサイ、

サキクダサイ、

オニギリ、

テッカマキ、

ゴメンナサイ、

ミソシル、

オヤスミナサイ」

ずいぶん日本語を覚えたね。

ショートではほとんど乗れないほどの小さな波だけど、

クリスちゃん X ログボードとなると、

それはすばらしい波乗りタイムとなる。

こんなクラシックなフィンだけど、

ベースが広いからノーズライドには最適なのだそう。

ログボードの世界は深い。

オンショアフラットかと思われたセッションだったが、

このように楽しい波の数々をつかみまくっていたクリスちゃん。

沖のピークで波を待っていた緑くんは、

釣りで潮目、岩場の位置を知り尽くした

「ルアー・リーリング」

のように岩の間を縫ってインサイドまでやってきた。

クリスちゃんは

「ミドリ、スゴイです…」

とびっくり、俺も驚きながらシャッターを押していった。

「グリーンヒル・ビーチは最高よ?」

とこの産湯波クルーズ。

これで今日はおしまい。

イユッツリがイキュット?(釣りに行きましょう)。

島に都会に大活躍のオルカイKAVA。

俺のスニーカーサイズは7.5-8.0で、

足のサイズは24.5-25.5 です。

オルカイのサイズは7です。

どんどん足になじんできました。

俺は、

無線インターネットが使えるダイニングルームにやってきて、

仕事に戻る。

おかあさんのお吸いものをいただく。

かき氷の季節ですね。

コールCOLEのサインを発見。

そしてクリスちゃん来島記念親睦BBQ祭りが、

グリーンヒルさんで催された。

緑くんも宴に遅れながらもやってきて、

「奄美は最高よ?」といつものセリフ。

誕生したてのユウトさんの次男も登場しました。

すてきな芋焼酎。

がんばれがんばれ。

サーフィン島のホープ牧野大智くん(15)と、

そのおじいちゃんのグリーンヒルおとうさん。

クリスちゃんが、大智くんの才能とセンスを大絶賛していて、

「いつでもサンクレメンテに来てください。

フラッフィーと遊んでクダサイ」

「いや、わん(ぼく)は波乗りがしたいのです…」ボソリと大智くんが言うと、

「ソレナラ、ローワーズあります。オージ邸前もイイビーチナミがあります」

という会話をしていたふたり。

ユウセイさんも竜宮と共にやってきて、

クリスちゃんに島の良さと、

焼酎のおいしさを伝えていた。

彼の英語はもはやネイティブ級ですね。

1歳のお誕生日おめでとう?。

すばらしい焼酎。

夜更けに写真の整理をしていました。

今日もすばらしい日に!