新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【加筆版】Nation Lamborghini_(2018文字)

 

201607_Nation2_0061

Nation Lamborghini。

元々はTOMOボードをライアンに見せて、

「これよりも良いボードを創る自信はある?」

そんな挑発的な質問に対する解答として、

このコンセプトボード、

いやサイエンスボードNATIONランボルギーニが完成した。

201607_Lamborghini_4715

トライフィンから伸びるカーボンファイバー。

そしてしなる樹脂ストリンガーを融合させて、

必要なだけしならせ、必要なだけの硬度が表現された。

201607_Lamborghini_4719

まずはコールが提案したミニボードの究極デザインBD3、

ファイヤーブレードが下地にある。

誕生までの秘話というか、ここに詳しいことを書かねばなるまい。

80本近くの近代サーフボードを収集し、

現在はセミリタイヤして、

中米のポイントブレイクの前に住むデビッド・カーソン。

近代グラフィックデザイナーの神とも言われている。

David-Carson

TOMOが彼の元を訪れ、そのボードルームで、

COLEダブルウイングバットマンのミニボードに釘付けになって、

あのTOMOボードが完成したと、

デビッド・カーソンはコールへのeメールで述べていた。

そしてそれが世界的な流行になり、

それに対してサーフボード博士であるライアン・イングルが、

核となるパートに例のマジックボード数値を反映して、

最後はハンドシェイプして誕生したのがこのモデル。

201607_Lamborghini_4712

『サイエンスボード』
デザインの全てに敬意を払い、

そして内容を究極まで高めたサーフボード。

じつはすでに乗っていて、

そのすばらしさに魅了されたのでこう書いているのもある。

完成時にうれしくてみんなに見せに行った写真をここに。

IMG_4645

まずはキャッチサーフに行って、

このサイズのバナーをNAKISURF用に見つけた。

IMG_4647

来週NAKISURFに届くので、

これをショールームに飾ります。

IMG_4648

で、

これら仕事中はフロントにあるカウチで出番を待つランボルギーニ。

 

IMG_4650\

そのバナーの流れでカラニ・ロブと世界を旅する2クークスの一人、

タイラー・ストナランドに見せます。

IMG_4652

感動しきりで、

「すぐにライアンにオーダーする」

そんなことになった。

IMG_4657

こちらはネイト・バンダガスト。

彼もまたサーフボードがわかるので、

持った瞬間に直感的に驚いたのが、こちらはうれしかった。

IMG_4663

ブライアン・マクナリティ、

ネイト・イヨマン、

マイク・ロズネス、

そしてこのAJ。

サンクレメンテの誇る正統派グーフィーフッターを感動させるランボルギーニ。

IMG_4665

レッツパーティに行き、

主宰のスティーブが「ファー!」と、

ハービー・フレッチャーばりの声を上げ、

IMG_4670

そのまま彼の愛車と一緒に撮るが、

メルセデスではなく、

ランボルギーニでないと合わないな、

そう言って高笑いしていた。(笑)

IMG_4671

このボードに貼るデッキパッドを手に入れたり、

スイムフィンやらシングルフィンビーター、バナーにステッカー、

そしてバリー・マギーのキャッチサーフをミッチ・アブシャーにお渡しするということで、

NAKIバンに積んでいったらこんなぐしゃぐしゃになったのはいつものこと。

IMG_4676

フォードアーズに行き、

これを見て震えるブライアン・ミラー。

IMG_4682

ヘクターはシェイパーでもあるので、

この細かい曲線と、

尊敬するライアンシェイプに大喜び。

IMG_4687

彼曰く、

このボードは全てのフォルムに理由があって、

そして確信があるのだ、そう言っていた。

IMG_4691

アジェンダというトレードショーの最終日は、

私の上司ジョエル・マナラスタスと、

かつ如来(禅師でもよろし)たちとでBBQ。

IMG_4692

食べ放題のお店なんだけど、

「軽いです」

そんな表現のお店です。

IMG_4693

こうして味が付いていないお肉を、

薄切りだったり、色々BBQみたいに自分で焼いて食べるスタイル。

焼肉と言えばそうなんだけど、

ちょっぴり違うのがアメリカ流です。

大人気で、ほぼいつ行っても1時間待ちになります。

でも毎週行ってしまう私たちでありました。(笑)

IMG_4757

入水したランボルギーニ。

これはベンジ・カドーザに見せているところ。

調子が良くて、

ついつい見せびらかしてしまいます。

IMG_4858

Z1サーフスーツの最終型。

手足が長く見えるカットの利点は動きやすいことでもあります。

関節部にステッチが少ないので、それは柔らかく感じます。

ネックエントリーなんですけど、

たるみを一切排除して、

さらには腹部のカッティングにもこだわったので、

下腹部廻りがたぷつきづらいのです。

201607_naki_miller_7703

Photo by Brian Miller

この日、1番良い波に乗れる幸運。

調子が良くても運がないボードもある。

しかし、これは幸運の持ち主で、

これを見たJJウエッセルズ曰く、

「まさかあんな良い波がやって来るなんて。

しかもまさかの沖にいて、

それをスルスルっと乗っていくサーファーがNAKIだった…」

上がってきたら走って近寄ってきてそう言ってくれたのがうれしかった。

IMG_4897

すごいサーフボードが現れました。

元々はコンセプトボードだったのだが、

完全に生涯マジックボード認定とした日。

2016_Nation_Lamborghini2

こんな広告デザインも完成しました。

どうぞよろしくお願いします。


Tagged on: ,