新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

カルディとハガレ_千葉帰還_4482kmの旅_(1458文字)

永い旅が終わろうとしている。

直近では四国のサーフ巡礼。

その前はバリ、そしてカウアイ、

日本を挟んでカリフォルニア。

Catch Surf ®ODYSEA x DFW

Barry McGee Plank 7’6″
Greenogh Hatchet Fin

.

湘南サバリバ(藤沢8ホテル)

でのいろいろを終えて都内に向かう。

戸塚で、

行きたかったラーメン屋さんが開店していたのだが、

反対側車線だったのと、

約束の時刻がオンタイムだったのでそれはまた今度の機会となった。

お近くの方は私の代わりにぜひ。

横浜新道、第三京浜と通過し、

途中の港北インターがジャンクションとなり、

首都高速と連結していて、

将来的には横浜環状北西線(2021年)も接続するという。

で、

サザエさんの桜新町に到着し、

1時間300円という良心的な駐車枠があり、

その前で花沢さん親子が迎えてくれた。

そういえば、

花沢さんは不動産屋さんでしたね。

東京の超名店ハガレで、

大切なミーティングがあり、

この時間なのでランチミーティングとなった。

またこのお店に来られてうれしい。

ハガレ

心から大好きなお店です。

下北沢、渋谷、大森、西荻窪にもあって、

ここで5軒目。

カルディコーヒーファームが経営していて、

私はこのカルディが提供する豊かな食と、

世界的思想に敬意を示している一人だが、

こうして来店すると、

その敬意が毎回さらに深まるのがたまらない。

フレッシュチーズ盛り合わせに感涙。

左からモッツアレラ、ブラータ、トレッチャ。

日本ではなかなかこうして揃わないのにすごい。

マルゲリータピザ。

まるで美味しんぼの山岡士郎が作ったようなスバラシ味。

こちらも感激する味だった

モッツァレラミートソース。

すばらしいランチミーティングとなりました。

そしてハガレの1、2Fにあるカルディで、

たくさんの食材を買い込みました。

だって、車が目の前ですから。

おどろいたのが、

アボカドの冷凍があったこと。

四国の食材も多く、

芋ケンピとか、ミレービスケット、

たんかん等の食材に目を細める私でありました。

首都高速渋谷線経由、

レインボーブリッジを通過し、

アクアライン、茂原と抜け、

NAKISURF千葉に到着すると、

弊社ハギウダとナカガワが、

エリック・クリステンソンのボンザーをじっくりと見ていたのが印象的だった。

あれだけ乗って無傷。

フィンもそのままで、

なんだかまだ四国にいるような気となった。

CATCHSURF&NAKISURFバンでの走行距離が4482km。

北海道最北端「宗谷岬」から

鹿児島最南端「佐多岬」まで

直線距離で約1888kmなので、

軽く往復した計算となる。

オイル交換しなくては。

古いバンだけど、

故障もせずに本当にありがとう。

日産すごい!

ナカガワからいただいた宇都宮餃子と

京都の銘品黒胡椒(ラッコ旦那より贈答された)と、

京都の山田精油謹製のごま油と、

バリで買った黒酢でおいしくいただきました。

四国のヤスくんとほうばいの学くん、

そしてマコトくんにお願いされていたミニマルフィン二種。

このサイズと色を伝えようと写真を撮った。

肋骨と膝が治ったらまたサーフするぞ。

(いまだに歩行困難。でもボディサーフしました)

みんなでスシローに行きました。

まぐろラッコがリーダーぽい。

こちらはラッコ法王やラッコ旦那がいて、

ツナもタキビシ(関係ないけど)もいますよ、

そう「お客さまの声」に書きたくなった。

ただいま、千葉。

もうすぐカリフォルニアに向かいます。

Happy Surfing!!