新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【お盆最終日の渾身号】オムニバス中土佐と赤牛トマトパスタ_【テクニック編】気弱パドリングが引き起こす負の連鎖_浮力の目安_(1629文字)

Catch Surf ®ODYSEA Skipper fish 6’0″

@SR500

.

昨日までさんざんSR500のことを書いたので、

少し食傷気味なので、

少し話題を変えてオムニバス方式のポストとします。

こちらは四国の偉人タマちゃんで、

彼は生姜農家とコーヒー焙煎の合間に、

こうして波に乗る。

ポイ君五大弟子の一人で、

「ウエットスーツとトランクスを戦闘服です。

バレルは下に下に落としてください」

と教わりつつ、

外洋船の甲板で、

鰹の捌き方を直伝された数少ない一人である。

高岡町甲で美馬産寿司を売るのは、

まるでハッピーサーフ心友満福寺住職のようだが、

四国はとにかく食に工夫がある。

工夫ついでに料理をしてみた。

マルナカ須崎店で、

土佐赤牛すじ肉が半額で売っていたので、

数パック買い求めた。

まずはそのまま水から弱火で数十分茹でる。

その茹で汁を全て流して、

肉がひたひたに浸るくらいの水を加え、

また数十分茹でる。

今度は蒸発して目減りした分に清酒を足していく。

ある程度足したら、

火を止めて一度眠る。

翌朝、起床したら火を入れ、

沸騰したらそのまま置いて、

波乗りなどに行く、

ちなみにこの日もSR500。

サーフ後は、

鍋から肉だけを取りだして、

残った油でタマネギを炒め、

ニンニクを加え、

香りが立ったらトマトを4〜6個、

または1〜2缶加え、

煮詰まったら火を止める。

(3〜4人分)

塩分が足りなければ酢を少々、

波味程度の塩分でパスタ、

今回はカルディで買ったスパゲッティーニを茹で、

「すじ肉トマトソース」の鍋にパスタをからめ、

塩分をこの茹で汁で調節します。

(この間火は止めておきます)

仕上げにパルメジャーノチーズをかけるのなら、

さらに塩分を抑えましょう。

辛味は一味唐辛子、

黒胡椒などがあれば最高です。

『赤牛トマトパスタ』の紹介でした。

こちらSR500でのシャチョー。

私たちが移動しようとしているときにやってこられて、

たったひとりですばらしい波の数々を得ていた。

シャチョーは、

中土佐サーファーのひとりで、

サーフィンをおごそかに味わっている一人だ。

サバ手も会得し、

おごらず威張らず、

多数派には属さず、

シャチョーのようなサーファーになりたい。

社会主義共和制式の多数派ではなく、

自由党(Liberal Party)に属する宇賀(うか)くん。

リベラルの象徴としてのキャッチサーフを掲げる一人であります。

聡明で気は優しく、

高名なDJであり、

すばらしいお父さんであり、

勤勉な週末の夜明け前サーファーであります。

タヌ氏が地球にやってきたとき

(巻末リンク)からの知り合いであります。

Catch Surf ®ODYSEA X Barry McGee 7’6″ Plank

.

こちらヨッシー。

SR500で炎天下の中、

カメラを構えていてくれた。

彼女は岩が怖いらしく、

SR500は「安全」とは言えない地形だったので、

緩い波を探して他の湾に行ってみると、

それは美しい波を見つけた。

そこで乗った忘れられない波。

たいていの女の子特有の気弱パドリングと、

この緩い波質に加え、

まるで勇気がないテイクオフだと、

80リッターくらいの浮力がないと波には乗れない。

漕がないからテイクオフは難易度が上がる。

そうすると、

怖いからさらに漕がなくなって、

サーフィンはむずかしいものとなる。

そんな負の連鎖が断ち切れたらいいのに。

ちなみにヨッシーは体重40kg台ですので、

そんな数値を女子や勇気のないサーファーは目安にしてみてください。

Catch Surf ®ODYSEA X Barry McGee 7’0″ QUAD

.

こちらはパドリングはまあまあで、

勇気はかなりあるナッキー。

バリー・マッギーの7フィートクアッドモデルで、

湾の外側にシフトする良い波を得ていた。

それぞれのサーフィン、それぞれの道具。

【巻末リンク:タヌ氏とは?】

【ドラグラ・プロダクションズ】タヌ氏の任務_(2746文字)

Happy Surfing!!