新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所&ドラグラ・プロダクションズ】ルールとマナー_伊豆ソウル・レリジョン・ツアー_(1332文字)

Izu, Shizuoka, Japan

.

今朝の朝陽が伊豆の海に光る。

昨日も光ったし、

一昨日も光っていた。

さきほどまで鎌倉のお姉さんとチャットしていた。

お姉さんは、

サーフィン研究所で何かをしていて、

午後からは渾身のおでんを作っている美女だ。

このお姉さん、

海女さんよりも潜ることができ、

シェーン・ドリアン師範級の波にも乗れ、

そして、

誰よりもサーフィンの未来のことを考えているお方である。

こうして連絡が来ると、

興奮するほどうれしく、

取るものも取らず、

下賀茂の道の駅にすら行かず、

彼女とチャットしてしまう。

「(インスタグラムの)ストーリーで、

(サーフィンの)ルールと、

マナーをみんなが考える場を作ったら、

面白い結果がわかったの」

「それはすごい。どんな結果でしたか?」

「モラルを選んだ人は自分の意見、理想があったの。

でもルールを選んだ人は一切コメントがなかったわ」

「興味深いです」

「ルールを選んだ人は、ルール、ルールよ。

何も考えないでルールに従っていたので、

何も異見も意見もないのよ。思考停止の結果よね」

「はい。本当にそうですね」

「モラルを選んだ人は愛があるコメントがあったの、

もしかすると、

考えるきっかけを与えたら今の日本のサーフシーンは良くなるわ」

「おお!」

「そんなヒントがあったすばらしい日だったわ」

そんなやりとりがあって、

伊豆のグレイトサーファーからSMSがあった。

なかなかの波情報で、

でも混雑していそうだから、

ぼくたちはきっと行かないと思いますと伝えた。

Andy Nieblas

.

「アンディたちはどう?」

「すばらしいです。

伊豆が大好きとなり、

日本酒の色々まで試しています。

それにしても波の入り方とか、

ワイプアウトからボディサーフへのつなげ方などは圧巻です」

「へー。そうなんだ。

伊豆を楽しんでくれたらそれだけでうれしいよ」

「もうアンビリーバブルを連発しています。

いまだに信じられないと、口癖のように言っています」

「うれしいなぁ。伊豆は良いところだもんね」

「そうです!最高です」

「ありがとう!うれしいよ」

「こちらこそ」

こうやって良いローカリズムは、

熟成していくようにリズムを整えていた。

ミケイラのソウル・トリム。

今回私たちは、

Soul Religion Tourと、

自分たちの伊豆トリップに名付けた。

直訳すると、

「魂の宗教旅」

となるのだが、

そんな単語をきっかけに想像していただけたら、

きっとそんなことだろう。

Catch Surf Skipper Fish 6’6″

Nakisurf Original Twin & Stabilizer

.

私は台風波と同化した。

膝がほとんど治ってきたので、

こうして波壁に張り付ける日が戻ってきた。

Hallie Rohr on

Catch Surf Odysea x Sierra Lerback Pro 8’

.

ヘイリー・ローは、

サンオノフレ・サーフ・カンパニーの手芸ガールだとは、

いつか書いた。

その彼女ともここに来て、

クリスタルクリアな波を共有する日がやってきた。

いつまでも忘れられないすてきな瞬間が、

紡ぎ合うように交差して、

記憶の中に入り込んでいった。

Happy Surfing!!