新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】ボンザー1973里帰り_バリー・マッギー最終版_タキビ神とニーチェ、そしてシュルレアリスムとジミ・ヘンドリックスの酒蔵館_(1773文字)

Bonzer 1973 / 6’3″

.

 

ボンザー1973は、

それまでの1972年モデルを強調したような、

極端にコンケイブが深いデザインとなった。

深くなったおかげで、

水流は増し、

小波への対応を果たした。

水流が増したので、

アクセルレーションというか、

トラクションが現れた。

「波にテイルが食い付く」というあれだ。

センターフィンに起因しているという直感があった。

「センターフィンを切り出して調整させてください」

渡された際の前田博士の言葉を思いだした。

そこで早速、

東浪見(とらみ)にあるサーフボード研究所『Evolve』に行き、

博士にフィンをカットしていただくこととなった。

ちなみにサーフボードが、

こうして誕生主のところに戻ることを

『里帰り』と言う。

本当はもっとカットする案だったが、

「切ってしまったら戻せないので、

段階を踏みましょう」

博士の当然の説得によりこのシェイプになった。

かなり美しいフォルムのフィンが現れ、

ボンザー1973ごとリフレッシュされた。

ヘア・カリフォルニアの気分のようである。

MNR7フィートがあり、

ここはグロス&ポリッシュをまとう待合室ですと聞こえてきた。

ならばそろそろ完成の頃であります。

「水流はこうしてわかります」

水の流れを見ていると、

美空ひばりさんの歌が浮かぶのは、

私のDNAが何かに呼応しているからだろうか。

スタッフ・ブログでご存じでしょうが、

NAKISURFオリジナルのバリー・マッギー最終版が到着しました。

かなりの数があったが、

これらは全てご注文者さんへ直送、

または受け取りを待つ状態となった。

キャッチサーフ社初の2+1、

そしてグラフィックを動かすデザインが完全表現されています!

【ビッグニュース!】最後のバリー・マッギーが2+1となってNAKISURFへ!(受注生産のため明日22時までです)_(1007文字)

ケイスケもそのひとりで、

新品バリマギはひさしぶりと、

思わずさすってしまうほどうれしかったようです。

じつは私にとっても放心するほど感動的で、

「もったいなくて乗れない」

ひさしぶりのそんな気分です。

ニーチェは、

「夢と陶酔」

というメタファーで

「造形芸術と音楽」の本質を表した。

彼の死後120年が経ち、

宗教や国家は、

民族や個人を隔て、

それぞれの原理をエゴイズムまで押し上げた。

黄経0度、

月齢 25.2、

小潮から長潮になる瞬間、

タキビシヤスが神格化した。

そしてタキビ神は、

すべてを平和と生への愛に回帰させた。

タキビ神の秘儀は、

全体主義もドラグラ人も平等に整えてみせた。

タキビ神はいっさいの差別を霧散させ、

全ての争いを終わらせ、

この世界に平和をもたらすという。

この歓びは人類にとって、

創世時代のDNAを呼び覚ますことが、

あのタキビナイトにおいて発露したのだ。

精神装置のリセット。

タキビ神祝祭(タキビ・ナイト)後の私たちはまるで、

アンビバレント(ambivalent)な民衆の悲劇を

芸術だと称揚したニーチェのようだ。

彼の言葉群と、

現代の事象が交錯するように交わった。

ニーチェが大好きなシギーGは、

「美は痙攣的なものです。

でなければ存在しないからです」

「それはアンドレ・ブルトンではないの?」

「鋭いです。シュルレアリスムです」

「ふーん」

「意外な並列性です」

「すごいね。若いのにシュルレアリスムの意味はわかるの?」

「もちろんです。DJタンテイさんから聞きました」

「どう言っていたの?」

「まずはシュルは、フランス語で超という接頭語です。

それにレアリスム=写実主義という組み合せの単語です」

「ほう、超現実主義だ」

「けれど、日本語が持つ意味より実際は不条理です」

「へー」

「けれど、これが抽象表現主義(Abstract expressionism)

に続くわけですから当時は必要とされたのでしょうね」

「シギーは芸術員みたいだね」

「自分なんか、まだまだです」

こちらはリアルタイムでニーチェを愛したきんちゃんは、

名店の酒蔵館まで行き、

日本酒マニアの山梨さんと京都蔵巡りをされていた。

ドラグラ旦那も登場していますね。

きんちゃんはdictionary時代のTシャツ。

16年前に私が壁に描いたジミヘンのフロントプリント。

ニーチェの名言をひねって、

きんちゃんからこんな言葉をいただいた。

「京都酒蔵館が現在に影響を与えるように、
ジローも現在に影響を与える」

すごい!

良い夜でしたね。

Happy Surfing!!