新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所:動画編】波が小さい_NAKISURF関連動画_高知市内_(1467文字)

Catch Surf ©ODYSEA Skipper Fish 6’0″

Nakisurf Original Twin fin / Mega Quad

.

波というのは、

創り出せるものではない。

波が出るのを、

やってくるのを待つのもサーフィンだと思う。

南カリフォルニアのパームスプリングス。

キャッチサーフ社があるサンクレメンテからは、

車で2時間ちょい、

およそ180km程度の距離だ。

フリーウエイは速いので、

1時間あれば115kmくらいの距離を走れる。

パームスプリングスは、

昔々に巨人軍が春季キャンプをしていた地でもあるので、

私にとっては親和感が高いところである。

まあ、デザート(砂漠)に街を作り、

人口4万人の温泉やゴルフ・リゾートと想像ください。

そこにウェーブプールがもうすぐ完成する。

カラニ家族や、

ブレアたちがテストライドをした動画があるので、

他のもまとめてYouTubeにポストしておきました。

音にはこだわりました。(笑)

このビンテージ1969年デザインTのなれそめは、

一昨日ここに書きました。

(巻末リンクを参照ください)

明日の正午が受注の締め切りです。

https://www.nakisurfshop.com/SHOP/2020_1969_TEE.html

ビンテージ・アートがTシャツという作品になりました。

ジミTのときと同じく、

友人たちからのオーダーをたくさんいただいた。

あ、トロちゃん、

ホワイトのMね、

おーMさんはやっぱりMっすね。

とかやっていたら、

アニーからもSサイズの注文があり、

さらにはノアも注文をくれた。

新しい読者にはなんのことかわからないだろうが、

私の長男と次女であり、

成人したノアと、

アニーがノースハワイにいる。

友人たちとは、

ありがとうと、

音頭聴いてますかハクシュテビョウシという返信をし、

音頭話に波乗りと話題が拡がり、

大瀧さんつながりで、

ビートルズのBGMを背にパチパチとタイプしつつ、

まるやのターボーくんや聖式カルちゃんと話していた。

この春に乗った波は、

千葉、

湘南、

伊豆、

土佐の波だ。

波のバリエーションとしては豊かだが、

これまでのところ、

これでもかと小波が続いている。

Bonzer 1973 / 6’5″

.

昨年や一昨年のこの時期にもいたが、

もっと波があった気がするけど、

漁師の人も釣り師も

「今年は魚が少ない」と言う。

関連性があるのかはわからないけど。

Tyler Warren’s “2+1″ / 6’5”

Nakisurf Original Twin fin

.

何が理由かはわからないが、

海なので、

人にはわからないことも多くある。

【おいしいもの研究所】

@sky_and_sea_muroto

天下一品のサンドイッチ。

アボカドときゅうりとニンジンのペア・サンド。

味の決め手は、

直火で焦がしたバンズと、

旬の高知野菜でしょうか。

市内に出ることになったので、

大好きなカルディに行って食材を買い足した。

ここから1時間ちょいに都会がある。

カルディ(蔦屋書店)後は、

近所の

『よさこい・ふるさと広場』に行く。

この物産各店で高知産の良品を購入し、

魚を購入し、

帰路に付くと、

昼でも夕方でもない時間だった。

スシローをのぞくと、

店内はガラ空きだったので、

「チャンス」とばかりに入店して

おいしいお寿司をいただいた。

お寿司のうれしさにハクシュテビョウシ。

【巻末リンク:ビンテージ1969年デザインの詳細】

【サーフィン研究所特大号】音楽からの1969年_そしてその時代のサーフ・アート作品_(3050文字)

Happy Surfing & Happy Life!!