新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

【サーフィン研究所】ROTPキャンペーン最終日_沖縄とタキビ神SP音頭T_(1205文字)

Bonzer 1973 / 6’5″

R.O.T.P.

.

Revelations of the Present

というウエットスーツが誕生した。

「たった今やってきた啓示」

そんな意味だという。

長いのと、

思想を押しつけたくないと、

略してROTPとなったそうです。

ROTPウェットスーツ

このROTPは、

ウエットスーツ業界には衝撃的な内容を含んでいます。

と言うのは、

日本のスーツは、

これまで優れた商品展開を誇っていました。

しかし、

ご存じのように低価格の中国や台湾製のスーツが史上を席巻し、

この価格競争に巻き込まれ、

各社は日産数を上げて薄利多売方式となった。

ただ、

量を作るためには失われるものが多々ある。

まずは素材。

これが価格に一番反映されるものです。

ROTPは、

最高級品だけを使用しています。

このマテリアルの確保は、

なかなかややこしく、

さらには業界内の圧力もあります。

ここでこの優れたベテラン職人さんのお名前を出したいのに、

出ないのはそんなことでもあるのです。

このウエットスーツ接着剤。

原液で使えば、

ワレとハガレを長時間遠ざけます。

けれどほとんどのメーカーは、

作業性を重視するので、

溶剤で薄めて使用しています。

結果、

お湯を浴びるだけで、

接着部に微少なワレが生じ、

それが保温力を奪い、

時間と共にハガレの原因となります。

接着剤を二度塗り、

ドライヤーで温め、

それから指で揉むように接着し、

圧着プレスで、

正確に素材同士をつなぎ合わせます。

こうすれば、

ウエットスーツのままお風呂に入っても問題ないという。

さらに、

圧力がかかるエリア全てにこのテープが圧着されていきます。

「ベテラン職人がひとりで作るウエットスーツ」

欠点は日産数が少ないことと、

材料費が価格に反映されることでした。

そこでNAKISURFは、

このベテラン職人さんから直接販売していただくことと、

NAKISURFスタッフが直接取りにいける距離に工場があるので、

輸送費がかかっておりません。

そんなコンビネーションから、

マニアックな直販価格を達成しました。

コロナ第一波後ということで、

冷えたマーケットと工場を熱くするために、

お得なキャンペーンを実施中でして、本日が最終日です。

ご興味のある方は、

このチャンスをご利用ください。

2020 NEW BRAND【R.O.T.P. Wetsuits】キャンペーン明日5/31(日)までです★

こちらが30秒CM。

私が冒頭に登場していて、

うれしはずかし。

世界一のウエットスーツ、

ROTPのキャンペーンの話題でした。

新型コロナの期間には、

昔の写真を見返すことが多く、

これは沖縄のドラグラ支部長の山本さんだ。

あちらの食べものが恋しいのと、

またあの透明な波に乗り、

そしてミーバイを釣りたい。

【オマケ】

タキビ神が『音頭T』を自作された。

良く見ると、

NAKISURFのオリジナルTにスプレーペイントして、

スペシャルモデルとしていたのに感激しきり。

Happy Surfing and Happy Life Style!!