新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

おそろしく掘れます_サビタ2号の燃費上昇運転テクニック_YOUTUBE_掲載誌はまだなのかなあ?

夜明け前からホワイトハウスに行き、

昨日デレックに教わったテイクオフを試す。

陸でさんざん練習したからか、

掘れるテイクオフセクションにて効果を発揮し、

ほんの少しはレベルアップしたようだ。

ヴォアンとツヨシさんが入っていて、

波と波の間は世間話をする。

波の写真の手前をパドルアウトしているのはヴォアンで、

俺は写真を撮ってから沖に出るのでどうしても後発となる。

あいかわらずセット間隔が長いので、

ようやく掴んだ大きめの波に乗りながら

「今日はここまで」と決心し、浜に上がる。

で、ヴォアンとツヨシさんの波乗りをしばらく見て、

ヴォアンが上がってきたところで見学も終了。

見学していると、

ホワイトハウスは美しく良い波で、

「あれも乗れそう、これもいい波」

だと思いがちだが、

実際にはものすごく掘れてパワフルな波です。

ブレイクまで岸から距離があるので、

波の詳細とインパクトの深度がわからないからそう思ってしまうのです。

グアバ畑を探しに少し山に入る。

乗っていったのはカビカの「サビタ2号」。

これはマニュアルシフトなので、

下り坂はニュートラル、信号赤の手前でしっかりとクラッチを切り、

惰性走行を得意技として現在は記録的な燃費率を達成している。

エンジンブレーキが効かないのが問題だが、

田舎道なのでーー他に車もいないからあまり問題はないだろう。

オフィスに戻り、

サーフファースト誌の「ただいま撮影中」連載14回の見開きページを入稿。

YOU TUBEに未投稿だったNAKISURFムービー14編を投稿。

http://www.youtube.com/user/nakisurf

ビデオ録画したリトルリーグ世界選手権の予選D組、2試合目の

「日本対カナダ」戦を早送り再生観戦し、

日本が快勝してにっこり。

以前に作品を「フォトテクニック・デジタル誌」に寄稿したのだが、

いまだに掲載誌が届かず、

担当編集者とやりとりしている。

仕方がないので日本にいる弊社佐保にお願いして当該誌を購入してもらい、

その画像を送ってもらった。

担当編集者は、

グリーンルームフェスティバルまで取材に来てくださったり、

とても気持ちの入った人だったのだが、

どうやら競合のCAPA誌にサーフ写真を掲載したのが気に障ったようである。

サーフ写真を専門で撮る俺にとっては「寝耳に水」な話である。

両誌共に

「夏なので波乗りしている写真を掲載したい」

とのことだったが、

最近サーファーを水中から撮ったのはエルサルバドルにてのドノバンだけなので、

彼の作品のみを送った。

けれど、両誌のドノバン作品を見てもらうとわかるのだが、

撮った日時場所が違うので、

彼の着ているものからサーフボード、そして波まで別物なのです。

サーファーならば、バタフライとクロールくらい違うことは一目瞭然でわかるだろう。

編集者は「夏向けにサーフ写真」が欲しい、

それなら船木に頼もう=彼なら普段からサーファーを撮っているのだろう。

と思われていたのだろうか?

今年の作品に限れば、

ドノバン以外のサーファーのお見せできるような水中ショットは持っていないのだ。

俺は「波の写真を波の中から撮ること」

を生きがいにしているので、

サーファーが映っていない波の写真なら5万枚ほどハードドライブに持っているのですが…。

よく考えると、

この雑誌社と俺は事前にこのサーファー写真掲載についての独占契約を交わしたわけでも、

このエルサルバドル撮影に対する経費もいただいたわけではないので、

この件に関しての編集者(編集長か?)の不満は「料簡が狭い」と思える。

競合誌CAPAの方は、

もう少し初級者に向けたテクニックというか心得という内容だ。

こちらの「フォトテクニック?誌」はカメラ中級者に露出やISO、

そしてホワイトバランス、

ファイル種類の詳細を紹介したのだが、

「競合誌に掲載されてしまった」

と昂ぶっている編集者にはあまりわかってもらえないようだ。

まあこんなことはよくある話で、

俺にとってはあまり新しくないのだが、掲載誌くらいは送ってきて欲しい。

最初に寄稿したときは丁寧な礼文が掲載誌の中に添えられていたのに、

今回は正反対な対応である。

同じ写真、同じ文章なら激昂してしまう意味がよくわかるのだが、

これらは全て違うショットであるからなんとも言い難い…。

掲載誌発売からもうすぐ2ヶ月。

俺はいつになったらこの号を見ることができるのだろうか?


8 thoughts on “おそろしく掘れます_サビタ2号の燃費上昇運転テクニック_YOUTUBE_掲載誌はまだなのかなあ?

  1. kotubo723

    日本×カナダの日ですね!
    星野JAPANが勝ち、ソフトボールも勝ちました。
    カナダには申し訳ないですがうれしい日でした。

    さてフォトテクニック・デジタル誌の担当者を
    大潮、引きいっぱいのキンチャンズにてウニの刑
    にしますか?
    アンドンも大量発生していますよー。

    って私が昨日くらいましたです・・・

  2. TAKASHI

    ハートで生きていると、損得で生きている人間の気持ちが解からないことがありますね

  3. てつ

    こんばんは。

    台風11号のウネリに乗りそびれました・・・

    波乗りの写真を全てひとくくりにしているのですね。その担当者さんは(苦笑)なんとも。。。

  4. ふなき

    オリンピック・野球もカナダ戦でしたね。
    勝ったのですね。
    良かったです。

    担当者さんはとてもいい人なので、彼女が怒りを静めて、もう一度この件を考えてくれるだけでうれしいです。

    キンチャンズのウニは最盛期突入ですね。

  5. ふなき

    海の作品を使っているのだから、もっと大きな気持ちになってくれたらいいのに、と思いました。

  6. satoshi

    両雑誌ともに7月号に載ってるのでしょうか?
    最近、写真も趣味に加わりつつあり、ちょっと
    購入してみたいと思いました。

  7. ふなき

    そうです。
    7月号となります。
    この表紙です。
    写真おもしろくて奥が深いです。
    特に水中ショットは波乗りと似ているので楽しいです。