新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

ろくはらみつの日々_AVISOニュートイ_ドックからの手紙_サーフ・プリスクリプションズのニューモデル_人生最強、最良のボード『エフ・マネー(F-Money)』出生の秘密_第七刷目のSURFSURFSURF Tシャツ、Vネックが開始後すぐに完売してしまいました_(3179文字)

【六波羅蜜(ろくはらみつ)】

分け与える

戒律を守る

耐えること

努力する

瞑想すること

本質を見抜く

の6つの修行。

生きることに大事な訓示がここにあるようです。

こんにちは、

夕陽が美しいノースハワイ。

ひさしぶりにニュートイを持ち出して、

ビーチハウスで滑らせてきた。

波が弱く、

何もできないようなヒョロセクションだったが、

カメラを構えたツナくんを意識し、

ラウンドハウス・カットバックをやってみた。

自称ヱビスビールのライダーなので、

こうして着ては悦に入っているのです。

ああ、ヱビスビールが飲みたいです。

ここまで書いたらドッキーからメールが届いた。

フナキさん、

私が毎年コスタリカに行き、

Surf RX(Surf Prescriptions)のボード制作をしているのはご存じですよね。

あちらでは、

フェデリコ・プルージアをはじめとするコスタリカサーファーたちと、

そして『Allocean』というフランスのディーラーを通して、

コスタリカからヨーロッパはスペインに出荷しているのデス。

前出したフェデリコは、コスタリカのみならず、

中央アメリカ地区でのベストサーファーとして認められている一人で、

長期に渡って私のテストライダーとして協力してもらっています。

去年は彼の”NEW BUDDY”を制作しました。

https://www.nakisurf.com/brand/doc.html#newbuddy

それは、彼にとって生涯ナンバーワンのマジックボードとなったようで、

「今年はその『ニューバディ』を越えるボードを彼に供給する」

というゴールがありました。

そこで、そのボードは、

フェデェリコが気に入っているニューバディと同様なキャラクターとなるように留意しながらも、

さらなる加速性能と、操作性を求めて再設計することにしました。

まずノーズエリアはそのままに、テイル側を少し狭めました。

これによって(波の)ポケット内での高速な切り返しが容易となります。

ボトム形状は、シングルからダブルコンケイブデザインですが、

その溝面積を狭くし、そのかわりに深く、長くしました。

それはフィンエリアを通り、

テイルエンドまで貫くもので、

これは7年前に流行したデザインを踏襲したものなんですよ。

フェデェリコが感じているニューバディデザインの確かさは、

このコンケイブとテイル面積の相性が重要なので、

その表情を残しつつ、

さらにデザイン起案を確認しながら進めていきました。

深いコンケイブのデメリットは、

テイルの抜け、キレが悪いこと。

そこで、

そうならないためにその分だけテイルキック(ロッカー)を付けて、

理論的には完璧なものになりました。

ただ、サーフボードというのは、

曲線と曲線が立体的に複合されたものです。

実際にシェイプしながらその線をつなぎまして、

フォルムとカーブ、

そしてボリューム(体積)に注意しながら、

乗るであろうサーファーを思い浮かべて削りだしていくのです。

波のこの位置でテイルをこのくらい踏み込むだろうか?

パドルはここでして、前足がここ、

レイル側に体重をかけたときは、この部分に圧力がかかるだろう。

そんな想像をしながらボードに微妙なタッチを加えていくのです。

自分の歴史といいますか、過去を振り返りますと、

実に有能なサーファーたちにサーフボードを供給してきました。

ドノヴァン・フランケンレイター

ブラッドリー・ガーラック

ジェイ・ラーソン

CJカヌーハ

イエン・バトリック

ご想像の通り、一筋縄ではいかない彼らと対峙し、

そのフィードバックを基にデザインを確立し、

微調整の日々を繰り返してきました。

そんな中、

「世界中のサーファーたちに誇れるデザインが完成シマシタ!」

と自負できたのがこのニューバディです。

長い年月と、それは数多くのボードをこの世に誕生させ、

ようやくひとつの結果がここに出ました。

さて、そのフェデェリコ用にチューニングしたボードを

私は『エフ・マネー』と呼ぶことにしました。

エフ・マネーの制作が終わり、

フェデェリコたちが太平洋側でサーフして帰ってくると、

「すごい?!この調子の良さはモノスゴイです!

ヘイ、ドック、ニューバディを軽く越えたよ!!」

と最高の評価をしてくれたのデス!

(フェデェリコがテストライダーとなって長い月日が経ちますが、

彼はいつも正直なる感想を伝えてくるので、これはかなりの調子良さなんですよ)

フェデェリコが、

「高速に入ったときのターンが正確で、それはすばらしいセッションでした!」

と言い、それに確かなる感触を得た私は、

オルオーシャン(スペイン、フランス、前出)のオーナーにこのことを伝え、

ヨーロッパのサーファーのためにもこの

『エフ・マネー』のオーダーを開放することにしました。

フェデェリコからの評判を聞きつけたコスタリカは、

ローカルサーファーたちからのオーダーが殺到し、

宣伝もしていないニューモデルにも関わらず、

たった2ヶ月の間に50本のオーダーが入り、

全てしっかりと魂を入れてシェイプしました。

そしてコスタリカ滞在後半となって、

最終シェイプのエフ・マネー、

その51本目がフェデェリコの2本目のものとなりました。

カリフォルニアに帰ってきて少しすると、

フェデェリコからのメールが届きました。

そこに目にしたのは、

「間違いなく人生最強、最良のボードで、すごすぎます!!」

という飛び上がってしまうような内容でした。

本当にすばらしいサーファーが世界中にいて、

私は人生を賭けて彼らのためにデザインを突き詰め、

完成されたモデルをさらに追求していくと、

こんな歓びが待っていたのです。

そして、本日はNAKIを通して、

日本のすばらしいサーファーたちにもこのニューモデルを紹介させてください。

という内容でした。

長くなってしまってごめんなさい。

NAKISURFでは、

ちょうど28日間の即納キャンペーンが始まったので、

https://www.nakisurf.com/blog/staff/archives/16865

このボードもみなさんのためにすぐにシェイプいたしますので、

どうぞボードラインアップにお加えください。

テイルはスワローとスクアッシュを推奨しています。

クイックさですと、スクアッシュが有利でして、

カーブを好まれるようでしたらスワロウを選択してみてください。

愛と平和をみなさんに、

ドック、またはドッキーより

ということでした。

DOCが用意しました

「SURF PRESCRIPTIONSボードを乗っていただきたい」

キャンペーンをどうぞよろしくお願いします。

そして、ショールームチームからは、

ここノースハワイで一枚一枚作ったTシャツが届いたようで、

『第七刷SURF×3Tシャツ+新作ホットウィールTシャツの販売開始!!』

https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/26294

というブログがアップされています。

今朝の10時に発売開始直後からオーダーが入り続け、

Vネックはあっという間に売り切れてしまいました。

千葉ニコリン寨スタッフのヤスによりますと、

「はい、1時間での完売でした!」

とのことです。すいません…。

第八刷目でVネックの追加分を制作しますので、

次回をお待ちくださいね。

SURF

SURF

SURF

という文字が放つ魅力と言いますか、

その輝きを身にまとってくださいね。

今回のスペシャルカラーは、

オレンジとイエローの中間色、サンライズです!

http://shop.nakisurf.com/shop/index.php?main_page=product_info&cPath=3_8&products_id=4881

今回も注目していただき、

そしてご購入くださってありがとうございました!