新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

サンクレメンテ王子邸前_キャッチサーフ_エアグライドのゴショーカイ_(1272文字)

サンクレメンテ市、

南岸にある王子邸前。

ここは住宅地内にあるため、いつもほぼ無人であります。

無人好きの俺の大好きなブレイクなんです。

今朝のサンクレメンテ・コミュニティ新聞。

ロボが送ってきてくれた今朝の王子邸前波。

朝は業務をしていたので、

少し遅れて行くと、朝寝坊の王子と一緒になった。

おニュー(死語ですね)のNATIONとアパッチ亮太。

ここで波を見て、右に行こうか、

左に行こうかを迷っていると、

コール一家のスティーブ・ケスラーが現れたので、

3ショットでパシャリしました。

COLE一家の番頭ロボは、

スリングショットでこんなエアをビシリ決めていて、

俺と亮太で、

「291(ニクイ)よなあの動きは」

という同じ感想を持った。

ピア側はこんなに掘れていて、

この人はこんなワンフットを見せていた。

これは二度とできないマボロシ技ですね(^ ^)

ブレイクには勇人さんもメキシコ大地と柳瀬と来ていて、

NAKISURFファミリーの大集合とあいなった。

勇人さんは、

もうすでに3時間近くのセッションをしていたのだそうで、

ノーブーツでやたらと寒い俺は、

9本きっかりで一度海から上がった。

みんな上がってきてサーフ談義。

ハワイの高校を卒業している勇人さんの英語力に驚くニック王子。

http://www.avisosurf.com/blog/?p=6844

王子のブログはこちらです。

「ここがキャッチサーフですか?!」

と驚く亮太。

「現在のサーフ界では一番躍進中の会社だよ」

「もっとこぢんまりしているのかと思っていました」

「年間一万本以上のボードを製作販売する会社だよ」

「そうなんですね?」

とその大きなオフィスを拝見させていただき、

1月のフロリダ『サーフエクスポ』まではマル秘の新製品を拝見させていただき、

さらにはひっそりと発売されていた

『エアロスミス』じゃなかった、

『エアグライド』のデモボードを発見した。

このボードはBD3と同じく5’0″。

コンセプトは、

『モーリーブギー』

を発明したトムモーリー考案のボディボードテイルが再現されていること。

短くておもちゃみたいだけど、なぜかちゃんと乗れること。

オバQみたいでかわいいこと。

http://youtu.be/YSpqbVvlX4E

モノスゴライドが続出中で、

俺もデモを明日お借りして乗ってきますね。

主宰のジョージ・アルゼンテと一緒にパシャリしました。

彼は新製品創りのカリスマでもあります。

ジョージから

「NAKISURFのお客さまとフレンズにさしあげてクダサイ」

ということで、ステッカー各種多数をプレゼントされました。

これは亮太が14日に帰国する際に千葉ニコリン寨に持って帰ります。

どうぞお楽しみに?!

その亮太の昨夜。

カペッリーニをトマトソースに和えたものを作ったのだが、

300g強をペロリと食べ、

アパッチ族の特徴である

「食が太い」ということを証明していた。

気づくと、すでに金曜日なんですね。

早いなぁ。

それではすばらしい週末をお迎えください!

明日はどんな波になるのでしょうか?