新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

5’11” x 18-3/4″ x 2-1/8″ round tail VS AVISO PREMIUM COLE BD-3 Gold label “the Next Gereration”_BD乗りへのアドバイス_AVISOプレミアムゴールドレーベル先行予約が明日までです_サンクレメンテ食事情_カルディ風の北米店がトレーダージョーズと気づいた_(2012文字)

AVISO PREMIUM COLE BD-3 Gold label “the Next Gereration”

こんにちは、

ちょっと投稿が遅れてしまいました。

というのは、

NAKISURFスタッフ全員が、

明後日(2/1)より開始となります

【NAKISURFオンラインストア・リニューアルオープン】

の準備に追われております。

詳しくは、明日のブログで書きますね。

ランチ後に立ち寄った『ピア1インポート』という輸入雑貨&家具屋さんで、

こんなコーヒーテーブルを見つけ、模様が美しいので写真を撮ってみた。

今日は日曜日。

休日もシェイプに勤しむコールと一緒にいました。

これはニューモデルのフィン位置を決定しているところで、

詳しくは後日ここで報告しますね。

昔のブログにスパム報告があったので、

コメント解除をしにいくと、この写真を発見した。

2006年のコスタリカで、

これは弊社メディア部のじゅんが撮った、

カリチェ岬での一枚であります。

じゅんはこの後6年以上に渡る闘病生活となってしまった。

彼の復帰ブログはこちらにあります。

http://blog.nakisurf.com/naki/archives/27581

ボードはCOLE永遠の名作HPSで、

この当時はBD3誕生以前ということもあり、

俺はこんな細身のボードサイズに乗っていたのですね。

自分でびっくり。

5’11” x 18-3/4″ x 2-1/8″ round tail

そして、

この下の写真は6年後、つまり2012年の俺です。

昔は銘秘境ブレイク、

今観光スポットであるロッキーショアをBD3 5’0″ で、

セクション・ビハインドから長いラインを求めてチェイス。

BD3で思い出したが、

実際にBD3ユーザーとお話をすると、

大きくふたつのタイプに分かれることに気づいた。

まずは俺と同じ

【BD最高です!これ以外乗れない身体になってしまいました(^-^)】

というタイプ。

こちらは何のアドバイスもいりませんね。

そして、

【BDはむずかしいです】という方。

発売から3年と少し、

およそ10人に一人くらいの方が、

「むずかしいです」と感じておられる確率であるように感じております。

BD3は決してむずかしいボードではなく、

そう感じられている方の特徴としては、

1.パドリング位置が後ろすぎる

(これだとテイクオフが遅れます。海面からノーズ先端がちょっぴり浮く位置が適正です)

2.テイクオフ後、後ろ足を踏みすぎている

(ターンが敏感になりすぎます。前足も加重することによって、

あのすさまじいまでのBD特性が発揮できます)

加速性能に優れたAVISOの超新作『ゴールドレーベル』。

先行予約の優先特典が明日までとなりました。

https://www.nakisurf.com/blog/staff/archives/18267

NAKISURFを知る方ならご存じでしょうが、

これはお問い合わせをされた日から有効なので、

お気になられたらぜひ質問メールをドーゾ!

shop@nakisurf.com

小波から大波までこの1本。

信じられないほどのハイラインで滑走することができるAVISOプレミアム。

俺にとっては究極の1本です。

話は変わって、サンクレメンテでの生活。

トレーダージョーズにほぼ毎日行き、

商品構成がつかめてきた。

アメリカ産、北米製はもちろんのこと、

ヨーロッパ、アジア、セントラルアメリカや、

南アメリカ産のものがひしめいていて、

それでいて安価。

こういったお菓子のPBにも力を入れていて、

パッケージアートも力が抜けていてじつにいい。

日本だとカルディさんが同じ業種ですね。

もしカルディさんが、

アメリカに進出したらものすごいことになるでしょう。

楽しみであります。

インナウト・バーガーにも行ってきました。

手前がグリルドチーズ(バーガーパテなし)

奥がベジーのプロティンスタイル(バンズの代わりにレタス)

両方ともグリルド・オニオンで、

フレンチフライにはノーソルトで、ケチャップで食べるのが俺流。

ここは裏メニューが公認されていて、

それらを駆使して、自分の味を創り上げるところに妙があり、

そんなことがうれしく、おいしく、

こうしてインナウトに通ってしまう原因だろう。

カルディさんの話が出たら、

NAKISURFファミリーで、ネコ好きのOさんから、

「安くておいしいおいしいスパークリングワインを教えてください」

とメールが来たので、

「カルディさんの

レッドウッド・スパークリング・ブリュットがオイシイです!

しかも900円以下です」

http://item.rakuten.co.jp/kaldi/0081054614252/

と返信しておきました。

せっかくなので、

みなさんにも共有しておきます。

それにしても900円で、

そしてやたらとおいしいスパークリングワインが飲める時代になったんですね。

乾杯?!

(おまけ)

Dセンパイが奄美から送ってきたのがこの画像。

クリーンな海の日ですね。

「291(ニクイ)」と返信しておきました。

それではまた明日!!