新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

ホットロッドの4V(シブイ)ボックス日_(2368文字)

ブライアン・ベント師匠の

『ホットロッド教会』にようこそ!

「やべえよ?。ブライアンさんはさ、

神さまだから俺なんか見透かされちゃって、

付き合ってもらえないかもしれないよ」

「大丈夫です。ブラ師匠は博愛主義ですから、

全く問題ないはずですよ。

でもセンパイは、

自分が神の子だって言っていたじゃないですか?」

「そ、そうだよな。平気だよな」

「ブライアン、こちらがドドゲセンパイです」

「おー!アナタハ!NAKIのブログで見たことあるぜ、

Two Nine-one主義者だろ?」

「あ、291ですね…。あれは今度説明します」

「これがブライアンさんのホットロッドかよ。本気でやばいな」

「記念撮影しましょう!」

パシャリ。

めでたしめでたし。

昨日はこんな車も来ていました。

VW?

それにしてもすごいデザインだ。

ちょうど「母の日」だったので、

「海が空いているだろう」

ということで、ボックスを取りに行ったのだが、

ユナイテッド50のクラブハウスのどこにも見あたらず、

ブラ師匠に電話をすると、

「土曜日にさ、ホットロッドの展示会があったんだよ。

ボックスをそのときに展示したんだ。

家にあるから持って行ってくれないか?」

「もちろん!」

ということで師匠の自宅まで取りにきました。

「これかい?」

「そーです」

「お前本気で言っているのか?これじゃ箪笥(タンス)だべ」

そのフレーズがおもしろいのか、

「これはボードでなく家具だ」

と繰り返すHDセンパイ、

「それでは」

海を目指した。

サンオノフレ到着。

前出した母の日の午後、西風20ノットという強風からか、

ほぼ無人のサンオノフレ岬波が迎えてくれた。

「センパイ、ボックスに乗りますか?」

「俺いいよ」

「え、せっかく取りにいったのに。

ブライアンもHDセンパイが乗るのを楽しみにしていたんですよ」

「わかったわかった乗るよ、乗りゃいいんだろ!」

「良かった」

「最初は肩慣らしでこのキャッチサーフに乗るからな」

「もちろんです」

とパドルアウトとなりました。

西風がブロウアウトしてしまっているので、

波面がデコボコで良くないが、

日曜日だというのにほぼ無人というのがニジュウマル。

朝からサーフしていたサトルさんも参加して、

CATCH SURF

Odysea 7’0″

Odysea 8’0″

Brian Bent

Box 8’0″

でパドルアウト。

「お前、ちゃんと乗ってみせろよな」

「何回か乗っているので、多分乗れると思います」

「あー。ちゃんと乗りやがった!ニクイね」

「交換しましょうよ」

「いやだよ。変なスケッグが付いてるし、

クヌヤロできないのには乗りたくないんだよ」

「さっき乗るって言ったじゃないですか?」

「さっきはさっき、今は今なんだよ」

「えー。お願いしますよ」

「嫌だよ、

俺はそんな家具を乗りにカリフォルニアに来たわけじゃないんだよ。

これじゃ木場の角乗りと変わらないぜ、全く

「男の約束だったんじゃないんですか?」

「わかったよ!わかったわかった、乗りゃいんだろ乗れば」

ということで、

HDセンパイのボックス初試乗となりました。

HDセンパイの一本目は、

なぜか三人でテイクオフしていた。

それにしてもOdyseaのテイクオフの速さは尋常ではない。

その一本目は、

ボックス全てを沈めるというオオワザ、

「サブマリン」。

しかも完全に決めていた。

満点。

陸からの声援が聞こえてくるのがうれしい。

喜ぶ観衆。

でも名誉挽回とばかりに次の波で、

完全なるテイクオフをするHDセンパイ。

手を波の中に入れて方向を変えているのが291(ニクイ)です。

それにしてもすごい人です。

ボックスで当て込むのはむずかしいのだが、

「クヌヤロ」しなかったからか、

またはしたかったが、できなかったからか、

やたらとすばらしいトップアクションとなった。

「脱クヌヤロの夏」と銘コピーが浮かんだ。

一流のボックス乗りとなったHDセンパイ。

これは入水前にコスコで買ったホットドッグ。

やはりというか、

なつかしのドドゲドッグになっていてうれしくなる。

http://blog.nakisurf.com/naki/archives/1907

俺はスライドライト。

そうユナイテッドフィフィティのTシャツになっている

『SLIDE RIGHT』を実践してみた。

スライドするのがボックスの醍醐味。

小さな泡波でも、

こんなに挑戦的で試されるサーフボード、

いやサーフボックスがいままであったのだろうか?

さとるさんのドロップイン。

Your Life is based on the capacity of energy in you,

not outside of you.

センパイのオディシー・クヌヤロ。

波へのアプローチタイミング的なのか、

「ヌ」と「ヤ」のあいだに短い音引きがはいることを発見した。

4V(シブイ)マンライ続出で、

センパイも新境地に達せられたようだ。

このセッションの報告を兼ねてユナイテッド50に行くが、

当のブラ師匠は、

バーガージャンキーのシェイクを求めに出発したところだった。

ただただクラシックな車といでたち。

291

【AVISOのユーザーボイス】

こんにちは、

NEWTOYを購入して3年経ちます。

好調を保てて、とても気に入っています。

さて、クルマ好きな私は、

クルマのエアロパーツとしてもNEWTOYを使用してみました。

これは三重県津市で行われた

『USDMjam』

という北米輸出仕様車のみのマニアックなカーショーです。

AVISO BOARDSもMade in U.S.A. のため、

ショーの規定もクリアーしている所がポイントです。

南房総のCキャビンさんのトマトをここに。

睡り方もすっかりと春色になっていますね。

それではおやすみなさい?!