新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

ブライアン・ベントのボックスとユナイテッドフィフティ_プレイング・マンティス誕生!_COLE Praying Mantis_NAKISURFアパレルシリーズ【バーンアウト・フリース】_奇才デール・コベティッチ_(2132文字)

ブライアン・ベントの新作8フィートボックス。

船木友人分を筆頭に、

NAKISURF用

(これはフィッシュフライで試乗できます)

そしてこの船木ボードの三本が現在存在している。

http://blog.nakisurf.com/naki/archives/33362

HDセンパイが乗られたのもこの個体ですね。

短くなって軽くなり、

取り回しが良くなったが、

歴史的な乗り味はそのまま。

なんとも中毒性があるというか、

珍味的な波乗り箱。

この1930年モデルで太古から変わらぬ波に乗るのは、

ある意味タイムトラベルサーフということでしょうか。

円タク、ライスカレー、牛めし、

横濱、チャップリン来日という時代ですね。

じつに不思議です。

古い車を走らせても道路が違うから、

全く同様にはならないだろう。

だがサーフボードならば、

その時代そのものの乗り味が味わえるという不思議。

自由にならない自由なる乗りもの。

そんな難しさが珍味という所以かもしれない。

ようやくユナイテッド50にブランクス(素材)が届いた。

USA製にこだわった結果、

完成までにものすごく時間がかかりましたが、

すばらしいものがやってきてブライアンはニンマリ。

ぞうきん代わりのTシャツ。

ブライアンが持つだけでアートに見えるのはなぜだろうか?

これは俺が着たくて、現在乾燥中です。

NAKISURF用にプリントしたユナイテッド50用のシッピングボックス。

こうしてキャンディーがついているのがユナイテッド50風。

コール工場に行くと、

長い時間、何度もシェイプをし直して渾身の一本が完成しました。

じつに4ヶ月間のシェイプルームでの航海を終えたところ。

その名は、

「プレイング・マンティス」

Praying Mantis

COLEの昆虫シリーズの最新版。

そしてコール2012のフラグシップの完成となった。

毎日のようにこの(子)を見てきたからこそ、

その誕生には感動があります。

グラスホッパー、

ルースキャノンをベースに前足とエントリーロッカー、

そしてアウトラインにこだわった逸品です。

詳細はまたここと、

スタッフブログでご紹介していきますね。

HDセンパイとチャボ木村さん。

ヤマハSR500とホンダCL450。

スーパーライドを終えて帰還し、

ほっと安堵したところ。

NAKISURFアパレル話です。

初夏フリースが完成しました。

https://www.nakisurf.com/blog/showroom/archives/37668

.

サンクレメンテでも大人気で、

現在USA用を増産しております。

ロボにもフリースが渡り、

Seea(シーア)のアマンダにも渡すことができました。

他にもキャッチサーフのみんな、

ゲットサーフからたくさんオーダーをいただいているので、

慌てて作り、これからusa用に作ります。

さらにこれらは、

来月オープンするNAKISURFサンクレメンテ店でも購入できるので、

どうぞお楽しみに。

薄手のフード、

そしてジッパータイプで羽織れるので、

南カリフォルニアの気候に合うのです。

暖かく、そして涼しく、

ネイティブ・インディアンの息吹をプリントしました。

バーンアウトというビンテージ加工が、

アルタネティブ(日本語だとオルタネティブでしょうか)アパレルで施されました。

詳しくは彼らのサイトを。

http://www.alternativeapparel.com/store/Men/Hoodies/Product-Details/05295B6-BY.htm

CANVAS/NATIONの辣腕シェイパー、ライアン・イングル。

誰かが1960年代のボードを持ち込んで、

それをみんなでチェックしている図。

伝説のサーファー&シェイパー、グレッグ・マンガルが登場。

こう見えても昔トッププロ。

今でもそれはすばらしいサーフをするグレイトサーファー。

新島での、

そしてケイティンチームチャレンジでの彼の勇姿をおぼえている方は、

すばらしいサーフ時代を生きた方でしょう。

50歳以上のサーファーなら知る伝説。

俺の水中カメラハウジングを長年製作しているデール・コベティッチ。

今日は新しいEOS7Dの納品日でした。

彼はフォトグラファーとしても奇才天才なんです。

Photo by Dale Kobetich

彼の絶妙なるセッティングを聞く。

絞るだけ絞るのが彼流なのだそうで、

俺はせいぜい二段しか絞らないので、

目から鱗がはらり。

これで俺の作品に変化がやってくるはず。

すごい人です。

NAKISURFでも年間で5?10台程度のハウジングを彼に依頼しております。

水中カメラハウジングで何かご質問がありましたら

NAKISURF掲示板か、

shop@nakisurf.com

までお願いします。

サンプルで、

白いTシャツにハーフサンダーバードを刷ってみた。

これからのアパレルラインを思案しています。

Canvas San Ono Free 7’6″

After sunset.

陽が沈んでから3本だけ波に乗った。

無人でパワフルな海を滑る快感。

スピリチュアルとソウルの黄金混合比。

それではグリーンルーム・フェスティバルに向けて出発します。

どうぞよろしくお願いします。