新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

奄美到着_台風26号波!_アマミアン・バックドア_ゆうせいさんのBBQとグリーンヒルさんの郷土夕食_(1663文字)

 

201511_Amami_9463

無事に奄美大島に到着。

同時に台風26号からのうねりが入ってきたという。

ヤラセみたいだが、本当の話であります。

201511_Amami_4653

東京から2時間程度という空の旅は、

サーファーズジャーナル最新号と一緒に。

DSC_4640

ちょうど開いているページのジェイミー・オブライエン特集と、

サンタモニカ旧ピアがローカリズムによって失われたのかも、

そんな記事を興味深く読んでいたカイラ。

ちょうど出発前にサーファーズジャーナル本社に行ったのだが、

日本でも翻訳版が発売されていて、

その翻訳者数が10人を超えているという陣容だという。

逆に言うと、この本には深い記事が掲載されているので、

ただの翻訳だと何も伝わらないということになる。

だからこその厳選した翻訳者たちがうれしく、

余計にサーファーズジャーナル誌が愛おしくなった。

IMG_6415

宿泊先はいつものグリーンヒルさん。

奄美王子の緑くんの弟、

優人くんが空港で私たちを向かえてくれた。

ありがとうありがとう。

201511_amami_9511

「奄美は最高よー」

が口癖の王子緑くんとも合流し、

いざいざと海に向かうと、やはりうねりが入っている。

201511_Kaila_Midori_9518

「この時期、台風が来るのは珍しいねー」(緑くん)

「本当にありがたいよ」

「暑いね、これは今日も夏日ね、奄美は最高よー」(緑くん)

「これは夏だね!暑い」

「まだまだこっちは夏ね」(緑くん)

「エンドレスサマーだ」

そんな会話があり、

201511_Amami_9562

到着したのは、

「アマミアン・バックドア」と呼ばれるリーフブレイク。

「カイラ、ここは岩がボコボコ出てくるから気をつけてね」(緑くん)

その岩群と、

あまりの掘れ方におののいたカイラは隣のビーチブレイクに行き、

201511_Amami_kaila_9428

柔らかい波でハッピーサーフィン。

「カイラ、最高よー」(緑くん)

201511_Amami_Kaila_9486

水温26度。

ということは、

今日のノースハワイと全く温度で、

ウエットスーツはいらない。

IMG_9589

カメラ係をカイラと交代し、

緑くんとパドルアウト。

ハッピーサーフィングの父デューク・カハナモクTを着て、

楽しいサーフィンの意思表明。

IMG_9625

スクエアなボトムターンの緑くん。

なるほどバックドアと言われるだけあって、

まずはボードを波に押しつけ、

その次に吸い込むようにブレイクする癖波だった。

201511_Amami_naki_9650

テイクオフのとき、

「急激に掘れ上がるのでバンザイしてしまう」

というバンザイ・パイプラインの由来を思いだしていた。

201511_naki_9655

Nation Dream Crusher 5’6″

ボードのレイルをノーズまで全て使って、

メイクしていく激波。

山椒みたいに

「小さくてもピリリと辛い」

そんな波。

よく見ると、

ボトムに岩棚による段も出来ていて、

一筋縄ではいかないことが良くわかった。

IMG_9721

ショルダーの切れた波に乗ると、

長く斜面が続くので、それはそれはのマンライ祭。

201511_naki_9836

パーフェクトなマンライセッションを終えた。

サンクレメンテ出発からじつに50時間は経ったが、

到着地でこれだけの波に乗れるとは思わなかった。

ありがとう奄美。

ありがとう波乗り。

奄美にはハッピーサーファーたちが多く、

多くのローカルたちは、

NAKISURFのかかげるハッピーにも賛同してくれています。

IMG_6398

こちらは有名すぎるマングースバスターの重(しげ)さん。

彼もまたCOLEマニアでもあります。

IMG_6401

ミニノーズライダーに乗るのは田中さん。

いろいろと興味深いことを聞きました。

IMG_6407

「海で会える」

そう思っていたキャンネンサーフのゆうせいさんが、

結局見えなかったので電話してみると、

「あれ、いま海でBBQしてるですよ。来ませんか?」

そういうので、その東シナ海側まで行ってみると、

カナダ出身のジョンさんたちと、

それはそれはのハッピータイムをしていた。

これを見たカイラは、

「奄美の文化はハワイと同じね」

そう言っていたけど、同感です。

DSC_4669

グリーンヒルさんに戻り、

おいしい奄美郷土料理をいただきました。

献立は、

豆腐とふだん草と豚の味噌煮込み

塩豚

カンパチ刺身

オジサン(スズキ目ヒメジ科=カタヤス)の天ぷら

魚の味噌汁

そして、

DSC_4674

大好物のもずくの天ぷらでした。

15112403

この台風波、どうなることやら。

それでは今日もすばらしい日となりますように!

Happy Surfing!!