新品・中古サーフボード販売、カスタムオーダー、ウェットスーツ、サーフィン用品など。NAKISURFは、プロサーファー、フォトグラファー、ルポライターで知られるNAKIこと、船木三秀のコンセプトサーフショップです。

naki's blog

秋の名月_サンオノフレ・サーフカンパニー_メキシコに_魔界皇帝クリスチャン・フレッチャー_(1337文字)

201609_tw_4741

Tyler Warren

満潮になるにつれ、

それは美しい夕陽となり、

闇が降りてくる前に、

陽色をまとった月が浮かんだ。

20161015_full_moon_7052

秋の名月。

美しい月夜に我何想う。

201610_miller_0167

Photo by Brian Miller

ミラーがすばらしい作品を撮っていた。

これは最近見た中でもトップクラスに入ることは間違いがない。

さて、昨日。

サンオノフレ・サーフカンパニーという古来ブランドがあり、

世の中のオルタナティヴサーフ、

そしてハッピーサーファーブームがその人気に火を点けている。

そこで、

『ボード・トレードミート』

つまり売買市をするというので見に行ってきた。

nkp_4806

およそ1950年代から1990年代の逸品も、

そして眠るお宝も、

さらにはガレージの隅にあったボードもしっかりと磨かれて置いていく。

nkp_4807

外は、サンオノフレ・サーフカンパニーの”親友&相棒(Compadre)”。

そんな名前のライダーたちと、

その友人たちが集まって、

メキシコに2泊のロードトリップに出る計画をしている。

nkp_4812

来場者全員にピーツ・コーヒー(4種)と、

クラシックなドーナッツ、ベーグル8種、クリームチーズ、

フルーツ盛、コーヒーリキュール、モデロ・ビール、

オレンジジュース、ボトルウオーターなどが無料で提供され、

名門ブランドの違いを知らしめていた。

nkp_4814

ステッカーもピン(バッジ)も来場者に提供し、

nkp_4816

スケートパークも、

サーファーズジャーナル誌もたっぷりとあり、

カボチャが今の季節を表現している。

ハロウィン

感謝祭

そんな大きなイベントがやってきます。

nkp_4829

さっきも出てきた親友&相棒(コンパドレ)長のアンディ・ニエブレス。

後ろはワイリー・アーチボルド。

ご察しの通り、マット・アーチボルドは彼の叔父で、

とするとフォードは従兄弟。

ワイリーもまたアーチボルド家の若者らしくアクティブ。

nkp_4846

サンオノフレ・サーフカンパニー主宰のジョーイが、

ホワイトオペイク、ほぼミントの1971年製シングルフィンを持ってきた。

シェイパーの記名がなかったが、

古いサーフボードにやたらと詳しいジョーイが、

「Patterson brothers, Robert, Raymond, and Ronaldの誰かだろうね」

そう言って、

ティミーの父たち、

つまり三兄弟の名前を口にすると、

マケイラも「私もそう思う」

そう言ってボードを置いていた。

こうして45年も前のサーフボードが新品同様に現存しているのは、

やはり大きな家、ガレージ文化があるからだろう。

nkp_4859

突然全員がメキシコに行くこととなり、

このアイスコールドのモデロビールは、

アンディ・ニエブレスの車内に内包され、

そして全てこれらはメキシコの夕陽と共に消費されるのであろう。

nkp_4819

そのアンディのバン内部。

この下にはサーフボードや遊び道具がたっぷり。

nkp_4863

こんな出発風景でした。

Have a great trip compadres!!!

013_cf

お待たせしました。

13番はクリスチャン・フレッチャー。

魔界皇帝であります。

世の中には昼も夜もある、

そういうことで、

とすると彼は闇の帝王ということになる。

なるほど、

ナイトサーフィングを好むのは、

そういうことであったようだ。

ちなみにこのカード図版となった作品は私が撮ったもので、

この日も夜だった。